平成22年 残暑見舞

e0031605_13404425.jpg
杉並区役所の壁面

   残暑お見舞い申し上げます

       平成22年8月8日  チビ

 昨日が立秋で暦の上では暑さの頂点だったから、今日からは暑中見舞いでなくもう残暑見舞いなんだニャ~。

藤原敏行は、
秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ 驚かれぬる 』 と詠んだけれど、秋といっても秋の一日目なので、目には彩かに見えないどころか、秋風の音は少しも聞こえない。
 杉並区役所では南側壁面にヘチマ(糸瓜)による「緑のカーテン」を設けている。ヘチマはグングン蔓を伸ばしているが、ゴーヤの蔓はあまり伸びていない。

 折しも、阿佐谷七夕祭りがおこなわれている。月遅れの8月7日を中日として5日間開催され、今年で57回目だという。とても賑やかだ。
[PR]

by chibi-papa | 2010-08-08 23:59 | チビの時候のご挨拶  

<< 戦災資料センター22・08・14  22・07・04 洗足池の千束八幡 >>