<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

伊能忠敬24・07・22

e0031605_1442468.jpg
源空寺に眠る伊能忠敬

 源空寺(げんくうじ、東上野6-19-2)の源空は法然上人の諱(いみな)で、徳川家康から源空寺の号を与えられた。1636年、第3代・家光は神君家康公と第2代・秀忠の供養のために寺に銅鐘を寄進している。第4代・家綱が治世の1657年に起きた明暦ノ大火(振袖火事)によって、湯島からここに移転してきた。
 伊能忠敬(いのう ただたか)が1818年に亡くなった(享年73)とき、遺骸は遺言により高橋至時(たかはし よしとき)の墓と並べて葬られた(髪と爪は佐原の伊能家菩提寺・観福寺に)


法然上人(ほうねん しょうにん、1212~1133) : 平安時代末期から鎌倉時代初期の僧で、浄土宗の開祖。「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えれば、死後は平等に往生できると説いた。

 伊能忠敬(幼名は三治郎)は1745年、小関村(こぜきむら、現:九十九里町片貝)の名主・小関家に生まるも、6歳の時に母を失う。婿だった父は子がありながら離縁となり兄と姉を連れて、父の実家(名主・神保家)の小堤村(おんずみむら、現:横芝光町、小関村とは15km離れている)に帰る。10歳になった時に父が迎えに来る。そして17歳で佐原の伊能家に婿入りすることとなった。
 酒造業(造酒高1200石)を営んでいる伊能家では、子持ちの4歳年上のミチが待っていた。伊能忠敬は造酒高を1400石台に増産するとともに多角化経営によって、隠居する49歳までの32年間に家産を20倍くらいにした(家産3万両、およそ45億円に)。凄腕の商人であった。

 伊能家の一門には隠居後、佐原村の古記録を集め史料 『部冊帳』 (ぶさつちょう)を編纂した者とか、隠居後に出府(しゅっぷ、江戸に出ること)して賀茂真淵(かもノまぶち、1697~1769)門下の国学者として名を成した者がいる。これら先輩の影響を受け、伊能忠敬は息子に家督を譲ると出府して、天文・暦学を学ぶため幕府天文方・高橋至時に弟子入りするという道を選んだ。ここから伊能忠敬の第二の人生が始まるのである。それも思いがけない方向に進展するのである。

e0031605_1482691.jpg
伊能忠敬の雅号は東河

 伊能忠敬が38歳の時、21年間連れ添ったミチが亡くなった。その後、45歳の時にお信を迎えた。お信の父は仙台藩の江戸詰めの上級藩医で、幕閣の一人と強い繋がりがあった。そんな関係で、寛政ノ改暦のため天文方に新たに召し出された高橋至時と娘婿の伊能忠敬を結びつけたのであった。かくして50歳にして江戸に出て高橋至時の弟子となる。高橋至時と巡り会ったことは実に幸運であった。その第二の人生の滑り出しを見届けるかのように、お信は亡くなった。

 忠敬は富岡八幡宮の近くの自宅(深川・黒江町、現:門前仲町1丁目)に天体観測所を設け、ここから浅草の蔵前(現:浅草橋3丁目)にある天文方(暦局)の高橋至時の許に通って天文・暦学を学んだ。
 勉強しているうちに、暦学者の間で地球の大きさが話題になっていることを知った。自宅の黒江町は北緯35度40分半、暦局の北緯は35度42分、その差は1分半であることは分かっていたので、あとは黒江町と暦局の南北の距離を測れば緯度1分の長さが計算できる。そうすれば地球の円周が分かるはずだと考えた。歩測によって求めた測量図が今でも伊能家に残っている。それによると、28町(1町=109m、28町=3.052km)

 師匠の高橋至時に測量図を見せながら、緯度1度の値は122km(3.052km×60分÷1.5分=122km)。よって地球の大きさは360倍した43,920km(正解は4万km)であると開陳したのだろう。これに対し師匠からは、自宅と暦局の間を測って地球の大きさを決めるのは、いくらなんでも大雑把すぎる。もっと長い距離、たとえば蝦夷地あたりまで測れば妥当な値が得られるかもしれない。といわれ、それじゃ蝦夷地までの距離と緯度を測ってきます。自費で行きます。ということになった。

 早速、お信の父が幕府要路への工作にあたった(この時、すでに娘・お信は亡くなっていたが)。そしてやっと測量許可の書付(かきつけ)を手に入れることができた。その書付には、
1.身分は元百姓で浪人(知行所から苗字帯刀を許されているから)
2.測量試みとして認める(あくまでも測量の試行である)
3.手当は1日7匁5分(図らずも180日分で22両2分の補助金がつくことになった)
この書付の他に、人馬については、旗本から宿駅に対し便宜を図るようにとの紹介状も渡された。実際は緯度1度の長さを測ることを目的としていたが、建て前はあくまでも蝦夷地までの地図の作成。幕府との折衝に時間がかかったが、ともかく決まった。
 出発は1800年6月11日早朝、内弟子3名と下僕2名を連れて富岡八幡宮に参拝。伊能忠敬55歳、蝦夷地(北海道根室付近)へ向かう。


e0031605_148483.jpg
高橋至時の雅号は東岡

 高橋至時(1764~1804)は大坂城代を補佐する城番(定番)の同心の子として生まれ、14歳で父の後を継いで大坂城番同心となったが、天文・暦学を当代随一の麻田剛立(1734~1799、あさだ ごうりゅう)に学んだ。門下第一の俊才といわれた高橋至時は、寛政ノ改暦(1798)のために、師匠の麻田剛立に代わって幕府から召し出され、天文方に抜擢された。

大坂城代 : 大坂城を預かり、西国大名の監視および城の警護等にあたった。城代を補佐していたのが城番で、京橋城番と玉造城番がそれぞれの虎口警備にあたっていた。

麻田剛立 : 豊後国杵築藩(現:大分県杵築市)の藩医。独学で天文学を学んだ。1763年の日食を予言した。オランダから輸入した反射望遠鏡で月面観測図を記す。ケプラーの第3法則を我が国に伝わる前に独創していた。月のアサダクレーター(直径12kmの笑窪)は、麻田剛立に因んで命名された。

 高橋至時が31歳の時、19歳年上の伊能忠敬が弟子入りしてきた(1795)。高橋至時は理論家であり指導者で、観測方法の確立に努めたり、測定器を開発した。その理論と指導を忠実に実践したのが伊能忠敬であった。実際、伊能忠敬はおそろしいばかりの熱心さで蝦夷地往復3,200kmの道程を180日かかって歩測し、測量し、恒星の緯度を測った。それを江戸から見守っていた高橋至時・・・。高橋至時あっての伊能忠敬であった。

 高橋至時は 『ラランデ暦書管見』 11冊の翻訳をやり遂げたが、その時の無理が祟って1804年、39歳の若さでこの世を去った。長男・景保(かげやす)が父・至時の跡を継いで幕府天文方となった。伊能忠敬の死後、その測量に基づいて 『大日本沿海輿地全図』 (輿地=よち、大地のこと)を完成させた。

 楽隠居も良いかもしれないが、第二の人生の生き方として、伊能忠敬の生き方を参考にしてみるのもいいだろう。

参照 『伊能忠敬の歩いた日本』 渡辺一郎著 ちくま新書 1999年
[PR]

by chibi-papa | 2012-07-22 23:55 | チビのお出かけ  

電池の屋井先蔵24・07・22

e0031605_17571047.jpg
神吉町会館

 江戸時代、幡随院門前(ばんずいいんもんまえ)と呼ばれていた浅草神吉町は明治2年に成立。郡区町村編制法によって明治11年、浅草区と下谷区が設置された際、浅草区の所属となった。昭和18年に浅草区と下谷区の境界が変更になった際にはその一部が下谷区に編入されて、下谷神吉町と呼ばれるようになった。
 戦後の昭和22年、浅草区と下谷区が合併して台東区となり、昭和40年の新住居表示により東上野となり現在に至っている。神吉町の名はここ神吉町会館(かみよしちょう かいかん)として残っている。


 幡随院門前→浅草神吉町→浅草区 (浅草)神吉町→下谷区 (下谷)神吉町→台東区東上野 

 明治43年(1910)、(浅草)神吉町に乾電池工場を建設。本格的量産にとりかかり、現在の乾電池のスタイルを確立した。乾電池を発明した屋井先蔵(やい さきぞう)は 「乾電池王」 とまで謳われるようになった。しかし屋井先蔵を偲ぶものは何も見つけることができなかった。

e0031605_17575030.jpg
会館内

 屋井先蔵は明治維新の4年前の1864年、越後は長岡藩士の家に生まる。5歳で父が他界したため叔父に引き取られる。13歳で東京日本橋の時計店の丁稚になるも、病気のため帰郷。地元の時計店で年季奉公を勤め上げた後、永久機関を発明しようと再び東京に出る。永久機関は不可能だと諭され方向転換。
 明治22年(1889)電気時計を完成。そして明治25年、ついに乾電池を完成させた。その翌年(明治26年)、シカゴ万博に乾電池を使用した地震計を出品。明治27年(1894)からの日清戦争では、携帯型通信機の電源として屋井乾電池が使われた。従来の液体型の電池では極寒の満州では氷結してしまう。号外には「乃木希典少将、満州海城を攻略す」に続いて、「厳冬の戦地で大活躍!世界一の“屋井乾電池”厳寒の地でも氷結せず」の活字が躍った。翌日の紙面でさらに詳しく報道され、特集が組まれた。


 ・明治18年浅草七軒町の裏長屋で試作開始(明治25年、屋井乾電池合資会社の看板を掲げ製造を開始)→・西黒門町(少し広い場所に移転)→・明治43年神田錦町(本社屋)浅草神吉町で量産体制に入る→・大正2年下谷日暮里(大正12年の関東大震災で工場が焼失、再建するも又もや火災により焼失)→・川崎並木町(斬新な大工場を建設、昭和2年 胃癌により死去、享年63)→・後継者に恵まれず、いつしか乾電池工業会の名簿から消える。

 発明家になるんだと、親戚一同の反対を押し切って上京を決意。三国峠を越え、残雪の残る山肌を振り返った時、それが白い躑躅(ツツジ)のように見えたという。故郷のことを忘れることのないよう、都内の自宅に白い躑躅を植え生涯愛でたという。
 先人未踏の道を情熱で切り開き、幾多の困難を夢見る力で乗り越えた発明家・屋井先蔵。せめて神吉町内会のどこかに、白いツツジで囲んだ案内板が設けられていたらと思う。


参照 「乾電池王」屋井先蔵の生涯 『白いツツジ』 上山明博著 PHP研究所出版 2009年
[PR]

by chibi-papa | 2012-07-22 23:00 | チビのお出かけ