<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

23・09・17 京王沿線Walking21

e0031605_11211722.jpg
仙谷山寿福禅寺

 今回は「小沢城址を訪ねて」と題して、京王よみうりランド駅をスタート。穴沢天神社→小沢城址→寿福寺→農業技術支援センター→もみじヶ丘公園→平尾近隣公園→黒川営農団地、そしてゴールは若葉台駅の13km。

 多摩丘陵の先端に位置する所に小沢城址がある。丘の麓を三沢川が流れていて、将に(まさに)要害の地だ。そして鎌倉道・矢野口の渡しという交通の要衝を抑えていた。平安時代末期に築城されたが、戦国時代以降は廃城となり放置された。

 多摩区菅仙谷(すげせんごく)にある寿福寺は、小沢城が築城された四百年も前の飛鳥時代初期に聖徳太子が598年に建立したと伝えられている。
 寺には無学祖元(むがく そげん、1226~1286、北条時宗の招きに応じて来日したのは1279年)に師事した国一禅師(1232~1321)の坐像(寄木造、室町時代製作)が所蔵されているというが、一般公開されていない。墓地の入口では閻魔大王が睨みをきかせている。


『江戸名所図絵』にも取り上げられた「仙谷十景」は、寿福寺を中心とした景観で、その昔の仙谷は文字どおり山あり谷ありで仙人が住むような郷であったという。源義経と弁慶が奥州平泉に逃れる途中、この地に隠れていたようで、寺には、義経と弁慶の鐙(あぶみ)二具と袈裟(けさ)が残されている。

 それにしても暑かったニャ~。でも大丈夫。バッグの中には氷がギッシリ敷き詰められていて、ボクは快適ニャ。その重たいバッグを担いで大丈夫でなさそうなのはパパ。パパ、しっかりして!
[PR]

by chibi-papa | 2011-09-17 23:59 | チビのお出かけ  

23・09・16 御嶽神社例大祭 

e0031605_20221674.jpg
渋谷の宮益御嶽神社(みやます みたけじんじゃ)

 祭りのための電源コードが引いてあって、ボクはまるで鳥居に縛り付けられているように見える。この鳥居を潜ると提灯の辺りからコンクリートの石段になっていて、ビルの3階くらいの高さまで伸びている。その奥に社殿がある。草創は室町幕府が滅亡した頃というから、今から440年ほど前ということになる。

 境内に句碑がある。
『 眼にかかる 時や殊更 五月不二 』 (芭蕉)


・・・雨が降り続く梅雨(五月)には富士山を望む機会が少ない。そんな中、五月富士(さつきふじ)にお目にかかり、格別の思いで仰ぎ見る。
[PR]

by chibi-papa | 2011-09-16 20:22 | チビのお出かけ  

23・09・11 氷川神社例祭

e0031605_19591335.jpg
渋谷氷川神社 脇参道

 境内4,000坪の渋谷最古の氷川神社は鎮守の杜(もり)の中にある。境内全域が渋谷区の保存樹林に指定されている。創始は古く、第12代・景行天皇(けいこう てんのう)の御代というから千九百年も昔なのだろうか。景行天皇の皇子の日本武尊(やまと たけるノみこと)が東征の折に創始したとある。
 今日はお祭り、神霊が神留る(かんずまる)場所に屋台が立ち並ぶ。

e0031605_200887.jpg
お神楽に聴き入る

 天照大神(あまてらす おおみかみ)が天岩戸(あまノいわと)に引き篭ってしまった(岩戸隠れ)ので、アメノウズメが神懸りして舞ったという神話が、神楽の起源になっている。神楽は宮中の御神楽(みかぐら)と一般にお神楽と言われている民間の里神楽(さとかぐら)に分けられる。
 里神楽には巫女が舞う巫女神楽や、娯楽芸能として子供にも人気のある石見神楽(出雲流神楽)、それにここでやっているような江戸里神楽などがある。

 
[PR]

by chibi-papa | 2011-09-11 20:00 | チビのお出かけ  

サンフランシスコ講和会議23・09・04

■ 下丸子に行こう!
□ ワ~イ!きっと、まる子ちゃん 家に行くんだニャ。

♪ 踊るポンポコリン
[作詞] さくら ももこ [作曲] 織田 哲郎 (1990年4月)

何でもかんでも みんな 踊りを 踊っているよ
お鍋の中から ボワっと インチキおじさん 登場
いつだって 忘れない エジソンは 偉い人
そんなの 常識 タッタタラリラ
ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラ ピーヒャラ おへそがちらり
タッタタラリラ
ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラ ピーヒャラ 踊るポンポコリン
ピーヒャラピー お腹がへったよ~
ピーヒャラ ピーヒャラ パッパパラパ
ピーヒャラ ピーヒャラ 踊るポンポコリン
ピーヒャラピー お腹がへったよ~


e0031605_1646153.jpg
備前池田屋敷

□ ちびまる子ちゃんの家って旧家なんだニャ~。
■ 丸子は丸子でもここは東急多摩川線の下丸子で、東横線のは新丸子。あんたはチビで、ポンポコリンはちびまる子ちゃん。
□ このお屋敷は何ですか?武家屋敷じゃないですか。
■ 丸ノ内にあった備前池田分家の屋敷門をここ蓮光院に移築したんだ。希少な文化財なんだよ。

e0031605_22505830.jpg

























□ 備前と言ったら岡山ですニャ。備前池田分家と言うと~。
■ 鴨方藩(かもがたはん、2万5千石)か生坂藩(いくさかはん、1万5千石)のどちらかだと思うんだが・・・
□ この屋敷門の何がそんなに希少ニャの?
■ 大きな大名の屋敷門は意外に残っているけど、1~5万石の小さな大名の屋敷門ってあまり残っていないんだよ。屋敷門は家格に応じていたからここのは希少な文化財なんだ。
□ 構造は1重の入母屋造りで、棣瓦葺、片番所出格子附、片潜門。規模はと言うと桁行(たけゆき)8間の梁行(はりゆき)3間ありますニャ~。これが小大名格の屋敷門か~。な~るほど。

□ ところで、下丸子に来たのはこの屋敷門を見るためだけだったニョ?
■ いやいや、今からちょうど60年前の今日、戦争状態を終結させるためサンフランシスコで講和会議が開催されてね、4日後の9月8日に各国が署名したんだ。そして条約は翌年1952年(昭和27年)4月28日に効力発生してね、それを記念して桜が多摩川堤に植樹されたんだ。名付けて講和桜・・・
□ 分かった!「講和桜之碑」が多摩川の土手にあるニャ~。
■ ピンポン!
□ ♪ 踊るポンポコリン を歌いながら行こうよ。 ♪ ピーヒャラ ピーヒャラ・・・ 

 下丸子公園があり高層マンションが立ち並ぶこの辺りに三菱重工業の丸子工場があって、戦時中は戦車を製造していたという。
 ♪ ピーヒャラ ピーヒャラ 踊るポンポコリン ピーヒャラピー お腹がへったよ~ で、土手に着いてお弁当を広げる。
 
e0031605_16475381.jpg
講和桜の枯木で作られた椅子

  平成16年からの多摩川スーパー堤防の工事でこれらの桜は切り倒される運命にあったが、近隣住民の強い要望で移植という形で保存された。新しく植樹された「二十一世紀桜」と呼ばれる若い桜と共存して、スーパー堤防沿いに美しい桜並木を作っている(写真左は多摩川、右はキャノン本社)

e0031605_16472037.jpg
講和桜之碑

 写真を撮ろうと思ったら、急に雨が・・・退避するも直ぐに止んだ。まだお尻の辺りが濡れているが、ハイ、ポーズ!この後もう一度、雨に見舞われた。

e0031605_16483094.jpg
ガス橋

e0031605_16491236.jpg
上平間八幡大神

 大型台風12号の影響で晴れているのに突然雨が降って来る。雨が降ってきたらここに一時退避するニャ。

e0031605_16494918.jpg
二ヶ領用水(にかりょう ようすい)と中原平和公園
[PR]

by chibi-papa | 2011-09-04 16:49 | チビのお出かけ