<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

護良親王の最期23・07・23

e0031605_2325534.jpg
神妙な面持ちのチビ、鎌倉宮にて

 幽閉中の護良親王が足利尊氏の弟に殺害されたのは、今から676年前の今日だった。

 1331年、後醍醐天皇は元弘ノ変(げんこうノへん、2度目の鎌倉幕府討幕運動)を起こすも捕えられ、隠岐島へ配流となった(日野俊基は斬罪)。こうして倒幕運動は鎮圧されたかに見えた。
 
 そうした中、護良親王は還俗(げんぞく、出家した者がもとの俗人に戻ること)して吉野で挙兵し倒幕の令旨(りょうじ、親王の命令書)を発した。楠木正成は千早城で挙兵。2年にわたり倒幕運動を展開した。足利尊氏は幕府方であったが、途中で幕府へ反旗を翻し、六波羅探題を攻め落とし京都を制圧した。しかし、護良親王は討幕の功労者足利尊氏とは相容れず、尊氏を牽制する。
 建武ノ新政(けんむノしんせい、1333年)で、護良親王は征夷大将軍に、足利尊氏は鎮守府将軍(ちんじゅふしょうぐん)となった。


最初の鎌倉幕府倒幕運動は正中ノ変(しょうちゅうノへん、1324年)という。

建武ノ新政 : 念願の鎌倉幕府滅亡を果たし、150年ぶりに政権を取り戻し、後醍醐天皇は京都に戻って天皇自らが政治を行う。まず幕府滅亡の翌年、元号を「建武」と改める。しかし所領の再確認などで武士たちは後醍醐天皇に失望し、新たなるリーダーに足利尊氏を求めだした。そうはさせじとする護良親王。

e0031605_23252627.jpg
幽閉されていた土牢

 1334年、足利尊氏は後醍醐天皇に護良親王が皇位簒奪(こうい さんだつ、皇位を奪い取ること)を企てていると囁く。天皇の意を受けた者が護良親王を捕らえ、足利方に身柄を預けてしまう。護良親王は鎌倉へ送られ、鎌倉将軍府(建武ノ新政における関東統治機関)では足利直義(尊氏の弟)の監視下に置かれ土牢に幽閉される。

 翌年、北条時行(ときつら、14代執権だった北条高時の次男)の中先代ノ乱(なかせんだいノらん)が起き、鎌倉を奪還すべく侵攻して来た。このまま親王を生かしておいては危険だと判断した足利直義は、幽閉中の護良親王を手の者に殺害させて、鎌倉から退却したのであった。


♪ 鎌 倉
[作詞]芳賀矢一 [作曲]不詳 (文部省唱歌) 
六、
鎌倉宮に 詣でては
尽きせぬ親王(みこ)の み怨みに
悲憤の涙 湧きぬべし


 チビちゃん、あんた泣いてのね。

e0031605_23254334.jpg
鎌倉駅前の不二家のペコちゃん

□ あっ、ペコちゃん。あのねぇ~、護良親王が殺害された日だというので、親王の冥福を祈るため鎌倉宮に行ってきたんだけど、誰もいなかったよ。

■ 猫なのに馬か鹿なの?7月23日は旧暦。だから新暦の8月12日に近い20日に鎌倉宮最大の祭典が行われるのよ。

□ あ~、そうだったの。どうも変だと思ったんニャ。ペコちゃんありがとう!でも、ボクは正真正銘の猫であって、馬でもないし鹿でもないニョ~。

■ あらご免なさい(と言って、舌を出すペコちゃんであった)。8月20日にまた鎌倉に来なさいよ。
[PR]

by chibi-papa | 2011-07-23 23:25 | チビのお出かけ  

二天門の敷居23・07・17

e0031605_15333083.jpg
二天門から見た五重塔

 浅草寺の東に位置する二天門には、武装した持国天(じこくてん)と増長天(ぞうちょうてん)がいて、仏法を犯す邪鬼を踏みつけた姿で仏教を守護している。

 向って右(吽)の持国天は左手に独鈷(どっこ)を掲げ、右手を腰に当てている。向って左(阿吽の阿)の増長天は反対に右手を挙げて三鈷(さんこ)を持ち、左手を腰に当てている。 どちらも寄木造(よせぎづくり)で目には玉眼が入れられ、なかなか力感溢れる造作である。


持国天と増長天は広目天(こうもくてん)と毘沙門天(多聞天)と共に四天王に数えられ、それぞれ須弥山(しゅみせん、古代インドの世界観に於いてその中心に聳える山)の東、南、西、北を守護する神。

金剛杵(こんごうしょ) : 両端が尖った短い棒状のもので、密教で用いる法具。一般に独鈷といわれるが、両端が三つに分かれているのは特に三鈷という。元は古代インドの武器。

 二天門から五重塔と本堂(観音堂)が見える。五重塔と本堂は昭和20年の東京大空襲で焼失したが、五重塔は昭和48年に、本堂は昭和33年に再建された。
 この二天門は戦災からも免れ、浅草神社と共に重要文化財に指定されている。


現存している木造の建築物
・1618年建立(築393年)・・・六角堂
・1649年建立(築362年)・・・浅草神社、薬師堂、二天門
・1777年建立(築234年)・・・伝法院
(二天門の目の真ん前に「日本堤消防署二天門出張所」があるから安心。でも油断は禁物。)

e0031605_153426100.jpg
二天門から見た本堂

 最後の太政大臣・三条実美(さんじょう さねとみ)筆「二天門」の扁額(へんがく)が掲げられている。

 本堂は今年の1月に屋根の葺き替え工事が終わったが、二天門は去年の2月に改修工事が終わっている。 改修後の門は、① 軒下がオレンジ系の朱色になった。② 敷居を復活させ、それを跨ぐ木製のスロープを付けた。そのため門扉は閉められなくなった。③ 「二天門」の扁額が変わったような気がする。 ④「二天門」と書かれた大きな提灯は取り外されたままになっている。


三条実美 : 幕末・明治前期の公家・政治家。急進的攘夷派の指導者として長州藩と提携。明治維新後は新政府の議定(ぎじょう)・太政大臣・内大臣などを歴任した。

二天門の敷居は35センチある。雷門の方は今は削り取られてフラットになっているが、本来、山門の敷居はお寺に邪鬼が入るのを防ぐ結界(けっかい)となっている。しかし躓(つまず)いて怪我をしたり、敷居の上に足をつける人がいる(敷居に乗ってはいけない!)ので、このようにスロープを付けたりフラットにしたりしている。
放射線量の閾値(しきいち)と言ったときの閾は敷居に同じ。低線量に至るまで直線的に存在し続け、閾値はない。即ちどんなに微量な被曝であっても人体へのリスクはあるというのが、BEIR(ベイル、電離放射線の生物学的影響に関する委員会)での結論である。

e0031605_1534062.jpg
二天門前に置かれている空の手水鉢

□ あれ~、手水鉢には「金龍山随身門」と刻まれているニャ~。
■ 浅草寺の山号は金龍山(きんりゅうざん)だから、それはいいとして、なぜ二天門の前に随身門と刻まれた手水鉢があるかというと、二天門は元々は随身門と言っていたんだ。かつて日光東照宮祈願所(浅草東照宮)があって、その将軍の御成門として1618年に造立されたんだ。

□ 怖れ多くも将軍専用の門だったんだ~。知らなかったニャ~。
■ 随身とはボディーガードの意で随身像として豊岩間戸命(とよいわまどノみこと)と櫛岩間戸命(くしいわまどノみこと)の二神が安置されていたのさ。その浅草東照宮は1631年と1642年の火災で焼失してしまってね、随身門も焼失してしまったが随身門は1649年に再建されたんだ。だが、その元になっていた浅草東照宮は再建されずご神体は江戸城内に移されその後、上野に東照宮が建てられたというわけさ。

豊岩間戸命(阿)、櫛岩間戸命(吽) : この二神は古事記に「御門の神」とあり、外からの邪霊の侵入を防ぐ神。
 
□ 随身門と東照宮は別れ離れになってしまったんだニャ~。それで随身門が二天門になった切っ掛けは?
■ 明治元年(1868)に明治新政府によって神仏分離令が出されね、それで明治17年にそれまであった随身像は浅草神社に移されたんだ。

□ そうか~。随身像から持国天と増長天の二天像になったので二天門と改称されたんだニャ~。
■ より正確に言うとだね、まず鎌倉八幡宮(鶴岡八幡宮)から多聞天と持国天が奉納されたんだが、その修復中、昭和20年の戦災で多聞天と持国天が焼失してしまったんだ。そこで昭和32年に上野寛永寺から持国天と増長天が移され今日に至っているんだ。

(チビの日記!!チビのお出かけ)
[PR]

by chibi-papa | 2011-07-17 23:00 | チビのお出かけ  

今戸神社の招き猫23・07・17

e0031605_154067.jpg
招き猫その1、看板猫

 浅草寺の二天門より北東750m(徒歩15分)の所に今戸神社(いまど じんじゃ)がある。その鳥居前に招き猫発祥の地の看板が立っている。

 今から千年もの昔、勅命により源義家(八幡太郎義家)とその父が、陸奥国(むつノくに)の安倍貞任(さだとう)を討伐(奥州征伐、前九年ノ役、1051年~1062年)すべく、京都の石清水八幡を勧請して戦勝を祈願したのが、現在の今戸神社である。


勧請(かんじょう) : 神仏の分身・分霊を他の地に移して祀ること。

 その後、八幡太郎義家が出羽国(でわノくに)の藤原清衡(きよひら)を助けて清原氏を滅ぼす(後三年ノ役、1083年~1087年)にあたっても、ここで戦勝を祈願している。その甲斐あって勝ち戦を治めた八幡太郎義家は神徳に報いて社殿を修復している。
 戦乱の兵火に遭ったり、近年では関東大震災(大正12年)・東京大空襲(昭和20年)と何度も被災しながらも、その都度再建されてきた。


e0031605_15424497.jpg
招き猫その2、撫で猫

 社殿脇の可愛らしい 『撫で猫』 を両手でナデナデするチビ。

e0031605_1523971.jpg
招き猫その3、良縁を招く猫
 
 社殿にも招き猫。それも大きな二体。左が雄猫で、右が雌猫で良縁を招くという。そんなわけで、今や女性の間で「婚活神社」として注目を浴びている。

 焼き物として使うこの土地の粘土が良質だったことから今戸焼が栄え、その起源は安土桃山時代にまで遡る。江戸時代には、商売繁盛や招福を願って飾られる今戸焼の招き猫は、浅草界隈の名物のひとつとして知られていた。


招き猫発祥の地の謂れは、昔々、付近に住んでいた老婆が貧しさ故に愛猫を手放したが、夢枕にその猫が現れて「自分の姿を焼き物にしたら福徳を授かる」と言ったという。招き猫は、この地で今戸焼で焼いたのが始まりといわれている。

世田谷区の豪徳寺も招き猫発祥の地とされている。

e0031605_15234240.jpg
沖田総司終焉の地

 境内には幕末に新撰組で活躍した沖田総司(おきた そうじ)終焉の地(しゅうえんノち)の碑がある。と言うのも結核を患っていた沖田総司を診ていた医師・松本良順(新撰組隊士の診療をおこなっていた)が当時の今戸神社に仮住まいしていたことからきている。

沖田総司(おきた そうじ、1842?~1868) : 白河藩士の子として生まれるが、脱藩する。新撰組・一番隊隊長。天然理心流塾頭。
池田屋事件では近藤勇らと斬り込むもその最中に喀血。甲陽鎮撫隊に参加するも途中で病状悪化により落伍。近藤勇斬首から2ヶ月後に亡くなった。享年24、25、27と定かでない。

♪ あゝ新撰組
[作詞]横井 弘 [作曲]中野忠晴 [唄]三橋美智也
三、
菊の香りに 葵が枯れる (菊は朝廷、葵は徳川幕府の意)
枯れて散る散る 風の中
変わる時勢に 背中を向けて
新撰組よ どこへ行く


松本良順(りょうじゅん、1832年~1907年・明治40年) : 佐倉藩出身の幕臣・医師で、将軍侍医として徳川家茂の死を看取った。明治になって初代陸軍軍医総監、貴族院勅撰議員、男爵。
順天堂大学の基礎を作ったのは父・佐藤泰然。外務大臣の林董(はやし ただす)は実弟。

結核の沖田が松本良順により渋谷区千駄ヶ谷の植木職人に匿(かくま)われ、そこで亡くなったとする有力説がある。その植木職人の曾孫に女優の江波杏子(昇り竜のお銀)がいる。

死因別死亡率からすると結核は今やそう恐い病気とはいえない。現在の三大疾病はと言うと①癌、②心疾患(心筋梗塞など)、③脳血管疾患(脳梗塞など)だ。今後さらに癌が断トツになるのではないだろうか。いや癌だけでない、被曝はあらゆる病気を引き起こす。
福島第一原発事故では既にチェルノブイリ原発事故の3分の1に相当する放射性廃棄物(死の灰)が空中や海に出てしまっていて、現在も止まらず出し続けている。それなのに、未だ避難できないでいる人たちが多過ぎる。
また地震・津波による瓦礫に含まれるアスベストで、住民やボランティアが被曝している可能性が高い。20年後に中皮腫になる危険性がある。アスベストはガイガーカウンターでは分からない。素人がアスベスト用マスクをしても防ぎきれるものではない。

(チビの日記!!チビのお出かけ)
[PR]

by chibi-papa | 2011-07-17 15:40 | チビのお出かけ