<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

リボンちゃん22・09・20 

e0031605_10165447.jpg
恵比寿ガーデンプレイス内のシャトーレストラン・ジョエルロブション

 恵比寿ガーデンプレイスでは、16日から今日(敬老の日)まで「恵比寿麦酒祭」が行われている。
 ヱビスビール(YEBISU BEER)の積み出し駅として明治36年(1903)に開業した恵比寿駅。タワー地下1階では、その頃の山手線(明治44年から大正3年に製造された「ナデ6110形式電車」)がAR技術で蘇り、まるですぐ横をチョコレート色(正式には「ぶどう色2号」)の木製車両(3両編成)が走っているようだったニャ~。

AR技術 : 拡張現実感(Augmented Reality)技術のこと。CG(Computer Graphics)と現実の映像を重ね合わせる技術。

e0031605_10172464.jpg
リボンシトロンのリボンちゃん

 リボンちゃんに負けないように法被から可愛いお洋服に着替えて、ハイ・ポーズ!犬のシトロンが寄って来る。楽しいニャ~!
 お茶目なチビ。

 リボンシトロンはサッポロ飲料が販売するレモン風味の炭酸飲料。リボンは炭酸飲料に付けたブランド名で、シトロン(citron)を漢字で書くと枸櫞(くえん)で、柑橘類(かんきつるい)の一種。
 歴史は古く、明治42年(1909)「シトロン」として発売されたという、超ロングセラーの商品。大正4年(1915)に「リボンシトロン」となり、昭和32年(1957)にマスコットキャラクターとして大きなリボン(ribbon)を付けたリボンちゃんが登場。5年ほど商品からリボンちゃんの姿が消えたが、平成17年(2005)から再びキャラクターとして登場。そして、今まで顔には色が付けられていなかったが、昨年、色が付けられイメージが変わってしまった。

枸櫞酸 : クエン酸。有機酸で、水に溶け易い結晶で、爽やかな酸味がある。

 昨日は「目黒SANまつり」に行って秋刀魚を食べたんだよ~ん。美味しかったニャ~。パパったらカメラを持ってくるのを忘れたのが残念。
[PR]

by chibi-papa | 2010-09-20 23:00 | チビのお出かけ  

22・09・05 化け猫

e0031605_10262924.jpg
アメヤ横丁で化け猫を発見!

 アッ!化け猫がいる~。ボクが退治してやる!エイ!

 ニャンコは可愛いペットのはずなのに、猫が妖怪に変化(へんげ)して化け猫になるという迷信はどうして生まれたのだろう?たぶん、時々野性的な面を見せることがあるからなんだろうか。それにワンコと違って猫は飼い主に忠実でないし。それに夜行性で眼が光るからなのかニャ~。
 眼が光るのは、眼に入って来るわずかな光を反射作用で増幅しているからなんだ。だから暗い所でも見えるようになっているんだ。暗い所で眼が光り、足音も立てず忍び寄り、鋭い爪を持っていてしかもすばしっこい。それが人間にとって不気味なんだろう。


 江戸時代の百科事典には、化け猫は行灯(あんどん)の油を舐めるとある。鰯の油などの魚油だと、脂肪分を補うため舐めたのだろうが、二本足で立ち上がって油を舐める姿が障子に大きく映ったら怖いだろうニャ。その極めつけが「鍋島藩の化け猫騒動」だ。

 それに尾が長い猫や13年以上飼われた猫が化けるといって嫌われた。アッ!ボクはしっぽが長く、しかも歳も14。パパ~!ボクは絶対に化けないから嫌わないで~!爪も切ります。言うことを聞きますからお願いニャ~!   
[PR]

by chibi-papa | 2010-09-05 23:00 | チビのお出かけ