<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

京王線沿線Walking14 (218) 22・01・16

e0031605_16251065.jpg
鑓水公園(やりみず こうえん)

 今回は、北野駅→北野天満神社→梅胴寺→打越弁財天→北野台中央公園→大塚山公園→絹の道資料館→養蚕農家・小泉家屋敷→鑓水公園→小山内裏公園→多摩境駅の12キロメートル、冬の八王子郊外をウォーキング。

 鑓とは槍(やり)のことで、この辺りでは山肌から湧き出る水を汲むため、竹を槍状に切ったものを刺して使ったことから鑓水という。一寒村(いち かんそん)だった鑓水村は幕末から明治にかけて忽然(こつぜん)と歴史に登場し栄華を極め、そして急速に衰退していった。
 明治維新の9年前の安政6年(1859)横浜開港に伴い八王子と横浜を結ぶ絹の交易ルート 『絹の道』 がクローズアップ。鑓水の商人は八王子で仕入れた生糸を多摩丘陵を人馬で越えて横浜まで運び、そこで売り捌いて巨万の富を得た。生糸は八王子産はもとより信州(長野県)、甲州(山梨県)、上州(群馬県)方面からも八王子に集積され、横浜港から輸出されていった。
 大活躍の鑓水商人であったが、明治政府による鉄道網、道路網の整備により 『絹の道』 は急に歴史の彼方に消え去ってしまった。
 多摩ニュータウン開発からやや取り残された感のある鑓水地区も整備されてきた。


e0031605_16253831.jpg
小山内裏公園(おやまだいり こうえん)・大田切池

 小山内裏公園は多摩川の支流・大田川の源流にあたり、大田切池は「大田川が切れる所」という意味を持っている。凍りついた池の中の枯杉木立(かれすぎこだち)が、印象的な景観を形作っている。

内裏(だいり)とは御所(ごしょ、皇居)のことで、そのむかし御所に所縁(ゆかり)のあった人々が移り住んだという伝承からこの辺りは内裏といわれている
[PR]

by chibi-papa | 2010-01-16 16:25 | チビのお出かけ  

後ろには閻魔様(217) 22・01・11

e0031605_18353560.jpg
浄智寺・鐘楼門

 鐘つき堂を兼ねた山門、鐘楼門(しょうろうもん)

e0031605_1835337.jpg
円応寺・閻魔堂

 本来、仏教においては死後の世界を説いているわけではありませんが、「死」という事実は仏教の出発点でもあることから、死への恐怖を解決し、充実した人生を送るために閻魔大王ら十王が存在するものと考えている。

 今年もチビとパパは閻魔大王に懺悔文を唱えに来ました。

 パパの懺悔文
 「我れ昔、造るところの諸々の悪業(あくごう)は、みな果てしなき貪瞋痴(とんじんち、煩悩)による。身口意(しんくい)によって生ずるところのもの、全て我れ今みな懺悔し奉る。」

チビの懺悔文(ざんげもん)
 「ボクは知らず知らずのうちに悪業をおこなっているかもしれない。それはボクの中に三毒(貪、瞋、痴)があるからなんだ。三業(身、口、意)によって生ずる悪業の全てを閻魔大王の御前にて懺悔し、善業に努め、パパの許で有意義な猫の一生を送っていくことをここにお誓いいたします。」

閻魔様 悪業消しに また来ます (チビ)

閻魔大王については、平成18年11月12日(86)、平成20年1月27日(139)、平成21年1月31日(181)も見てニャ。

e0031605_1835581.jpg
鶴岡八幡宮・舞殿

 神前で厳粛な成人式が執り行われている。

♪ 鎌倉 [作詞] 芳賀矢一 [作曲] 不詳  (文部省唱歌)
(五)
若宮堂の 舞の袖
賤の苧環 繰り返し
返せし人を 忍びつつ


(しず) : 身分の低い者が着た衣服の布。この賤に白拍子(しらびょうし)の静御前(しずかごぜん、義経の愛妾)の静を掛けている。
苧環(おだまき、小田巻) : 糸を繰る道具。「繰り返す」の枕詞。

 時は文治2年(1186)4月8日、満開の鶴岡八幡宮。謡曲「しんむじょう」を舞い終わった静御前は 「これは静と申す白拍子にて候」 と名乗り、再び舞い始める・・・

「吉野山 峰の白雪 踏み分けて 入りにし人の 跡ぞ恋しき」

・・・さらに続けて・・・

「静や賤 賤の苧環 繰り返し 昔を今に 為す良しもがな」

もがな : 文末にあって、強い願望を表す。

吉野山で雪を踏み分けて行かれた義経さまの足跡が、愛おしくてたまらない。義経さまが私を「静、静」と繰り返し呼んでくださったあの頃に、今一度戻れる術(すべ)があれば良いのに。と、虜囚の身でありながら頼朝の前で歌い舞った。

最後のフレーズの本歌には二通りある。
・ 伊勢物語
「古の 賤の苧環 繰り返し 昔を今に なすよしもがな」
・ 古今集
「古の 賤の苧環 賤しきも 良きも栄は ありしものなり」

 実は鎌倉幕府をそして源頼朝を呪う歌であった。頼朝が激怒!それを制する北条政子。果たして静御前の命運はいかに・・・  

e0031605_18362225.jpg
小町通りにて

 「招き猫」の上に獅子舞猫。
[PR]

by chibi-papa | 2010-01-11 19:54 | チビのお出かけ  

(216) 21・01・05 東浪見の浅間神社

e0031605_16205899.jpg
浅間神社の鳥居

 案内板には浅間神社の文字が、それ以外は殆ど風化していて読めない。浅間神社(せんげん じんじゃ)と言えば富士山。登ってみよう!

 浅間神社は富士山の神霊である浅間大神を祀ることから、富士山信仰と結びついている。浅間神社の本宮は冨士山本宮浅間大社で、その奥宮は富士山の頂上にある。

e0031605_16215583.jpg
日の丸棚引く浅間神社

 頂上にはお社と冨士登山記念碑が建っている。記念碑の裏を見ると「大正9年7月26日登山同行16人」とあり、氏名が刻まれている。
 未明から風が強い。片方の国旗の竿球(かんきゅう)が飛ばされて落ちていた。

 頂上からの東浪見(とらみ)海岸は雄大だ。太平洋がずうっと広がっている。ここでもチビの口癖が出た。
『 心は太平洋ぜよ!』
いぜん龍馬かぶれになったまま。


 横井小楠(しょうなん、1809~1869)が明治2年の今日、暗殺された。享年59。龍馬はこの27歳年上の小楠にいろいろ教えを請うていた。龍馬が口にした 『 日本をいま一度洗濯いたし申し候 』 という言葉や、新国家体制の基本方針・ 船中八策(せんちゅうはっさく)も元は横井小楠からきている。
[PR]

by chibi-papa | 2010-01-05 16:21 | チビのお出かけ  

(215) 21・01・04 心は太平洋ぜよ!

e0031605_10391092.jpg
日在浦海岸南端(右は大原漁港)

チ ビ ; 棕櫚(しゅろ)の木だ!ワァ~!宮崎だ~!

パ パ ; ここは宮崎・日南海岸じゃないの。房総半島の日在浦海岸(ひありうら かいがん)だよ。

e0031605_16163685.jpg
日在浦海岸

チ ビ ; 龍馬はここから未来が見えたんだニャ。

パ パ ; ここは日向(ひゅうが)の宮崎でもないし、南国土佐でもないちゅうの。ここは千葉の外房と言ったでしょ。

チ ビ ; 小さい小さい。心は太平洋ぜよ! 

e0031605_16181098.jpg
漁船もお正月の大原漁港

 外房のちょうど中間点に位置するいすみ市大原の大原漁港はイセエビの水揚げ高日本一。意外だニャ~。伊勢というから三重県が日本一だと思ったけど、千葉県の次なんだって。イセエビは千葉だったのか~。 

いよいよNHK大河ドラマ 『 龍馬伝 』 がスタートした。坂本龍馬33年(満年齢31)の生涯を三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の視点から描くという。第一回目は 『 上士(じょうし)と下士(かし)(正しくは上士と郷士)

龍馬の読みは昭和40年頃までは、一般的に 『りゅうま』 と読んでいたと思う。テレビの影響なんでしょうか、いつの間にか 『りょうま』 が主流になっている。

坂本龍馬は明治改元の9ヶ月前に暗殺されたが、もし生き延びていたら財閥を創業したのは龍馬だったかも。

 土佐藩には厳しい階級制度があり、同じ土佐藩士といっても位の低い郷士(ごうし)は上士から屈辱的な差別を受け対立関係にあった。その懐柔策として、郷士でも功績によっては上士扱いとする制度(白札、しろふだ)が設けられていた。しかし、幕末には郷士の多くが尊王攘夷運動に身を投じていった。坂本龍馬もその一人であった。

 郷士 : 山内一豊が土佐入府時、それまで土佐を支配していた長宗我部(ちょうそかべ)の家臣を郷士として受入れ、もともとの山内家臣を上士とした。そして上士と郷士の間には差別を設けた(関ヶ原の戦いで山内一豊は東軍、長宗我部は西軍)
広い意味での郷士は白札、地下浪人を含む。

土佐藩の身分制度
  ・上 士・・・後藤象二郎、板垣退助
  ・下 士 ・白 札・・・武市半平太(たけち はんぺいた)
        ・郷 士・・・坂本龍馬
        ・徒 士(かち)
        ・足 軽
        ・庄 屋・・・中岡慎太郎
  ・地下浪人・・・岩崎弥太郎(後に郷士)

地下浪人(じげろうにん) : 失業した郷士(郷士の株を売って浪人になった場合)の呼称で、苗字帯刀は許されていた。

 昨年の大河ドラマ「天地人」は脚色のし過ぎで史実と違う箇所が散見されたが、今年の「龍馬伝」には期待したい。
[PR]

by chibi-papa | 2010-01-04 23:00 | チビのお出かけ  

富士塚登拝(十条冨士)(214) 22・01・03

e0031605_17171172.jpg
十条冨士頂上から石段を見下ろす

 1月3日は恒例の富士塚登拝。今年は北区中十条2丁目にある冨士神社の十条冨士を登拝(とうはい)した。江戸時代後期に古墳を利用して、そこに溶岩を配して富士塚を築造したようだ。高さは5メートル、石段を登ると冨士浅間神社の石祠(せきし、いしのほこら)がある。その前で獅子舞を奉納した。
 石段の左右には登山路の跡があり、中腹には富士山の五合目近くの小御岳(こみたけ)神社と思われる石祠がある。

 この富士塚は十条地域の人々が江戸時代以来、冨士信仰に基づく祭儀を行ってきた場。冨士神社といっても、本殿などは見当たらない。

e0031605_17173962.jpg
電気機関車の車軸の歯車に乗る

 日本鉄道株式会社が現在の東北本線(上野止まり)と東海道本線(新橋止まり)を連絡するために板橋、新宿、渋谷を経由した山の手に敷設したのが赤羽・品川間(品川線)で、明治18年(1885)に開業した。それから25年後の明治43年(1910)11月に十条駅が開業した(現在は埼京線の駅)

 開業70周年の昭和55年(1980)、電気機関車の動軸をモニュメントとした十条駅開業記念碑が北口にある。[ EF58 70 ]の最初のEは電気機関車(Electoric Locomotive)を表し、次のアルファベットは動軸数でFだから動軸数は6軸(Bは2軸、Dは4軸、Hは8軸)。流線型車体で塗装は明るい緑。そこで「ゴハチの青大将」と呼ばれた。電気機関車は電動機から出力された動力を歯車によって車輪に伝え、さらにロッド(連結棒)でもう一つの車輪に伝えられる(蒸気機関車は蒸気を動力とし直接ロッドで車輪に伝える)。チビはその歯車に乗ってプラットホームの方を見たりキョロキョロ。

 今年は2010年。ということは今年の11月で十条駅開業100周年を迎えるんだニャ。

 最短距離は上野・新橋間。しかし既にそのあたりは住宅密集地であったので蒸気機関車を通すのを断念。林と草原が広がる山の手側を通すことにした。

 池袋駅の開業は意外に遅く明治36年(1903)。豊島線(田端・池袋間)開業にあたって、それまでの池袋信号所を駅に変更し、品川線と統合して山手線とした。しかし山手線が現在のように環状運転になったのは大正14年(1925)のことだった。
[PR]

by chibi-papa | 2010-01-03 17:17 | チビのお出かけ  

平成22年元旦 謹賀新年

e0031605_21382569.jpg
紋付袴姿で新年のご挨拶

 みなさ~ん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますね。
[PR]

by chibi-papa | 2010-01-01 00:01 | チビの時候のご挨拶