<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

平成20年(2008) INDEX

・01月01日 時候のご挨拶 謹賀新年(桜田門)
・01月03日 チビのお出かけ 136 富士塚登拝(音羽富士)
・01月04日 チビのお出かけ 137 赤レンガパーク
・01月12日 チビのお出かけ 138 お台場でタイムスリップ
・01月14日 チビの愛唱歌 ♪ 34 寒い朝 (井ノ頭公園)
・01月27日 チビのお出かけ 139 目ん玉光る閻魔大王
・02月02日 チビのお出かけ 140 川越・中院と東照宮
・02月11日 チビのお出かけ 141 下高井戸の塚山遺跡
・02月11日 チビのお出かけ 142 浜田山と人見街道
・02月22日 チビの独り言 17 猫の日に思う
・03月01日 チビのお出かけ 143 世田谷代官屋敷
・03月15日 チビのお出かけ 144 京王沿線Walking5
・03月23日 チビのお出かけ 145 羅漢寺川跡(目黒)
・03月30日 チビのお出かけ 146 舎人ライナー開業
・04月05日 チビのお出かけ 147 清澄庭園
・04月06日 チビのお出かけ 148 日野Walking
・04月12日 その他 大学院研修(1)青山学院正門
・04月13日 チビのお出かけ 149 大岡川のチビちゃん
・04月20日 チビのお出かけ 150 小説にみる本郷界隈
・05月03日 チビのお出かけ 151 レイクタウン~草加公園
・05月04日 チビのお出かけ 152 横浜北部・師岡
・05月05日 チビのお出かけ 153 駒場野公園
・05月11日 その他 大学院研修(2)間島記念館
・05月18日 チビのお出かけ 154 渋谷・鹿児島おはら祭り
・05月25日 チビのお出かけ 155 木場、仙台堀川公園
・06月08日 チビのお出かけ 156 小名木川貨物線
・06月15日 チビのお出かけ 157 副都心線開業
・06月30日 その他 大学院研修(3) ベリーホール
・07月06日 チビのお出かけ 158 岡本公園・七夕まつり
・07月09日 チビのお出かけ 159 浅草ほおずき市
・07月12日 チビのお出かけ 160 新宿牛込地区
・07月13日 チビのお出かけ 161 哲学堂公園のヘクサゴン
・07月20日 チビのお出かけ 162 朝顔市とサミット
・07月26日 チビのお出かけ 163 渋江陣屋跡
・07月31日 その他 大学院研修(4) 青山学院の創設者
・08月02日 チビのお出かけ 164 2つの白髭神社+1
・08月02日 時候のご挨拶 暑中見舞い (隅田川)
・08月13日 チビの愛唱歌 ♪ 35  (和泉浦海岸)
・08月15日 チビのお出かけ 165 63回目の終戦記念日
・08月17日 時候のご挨拶 残暑見舞い(目黒川船入場)
・08月23日 チビの愛唱歌 ♪ 36 白虎隊 (東京大学)
・08月30日 チビのお出かけ 166 C62蒸気機関車
・09月07日 チビのお出かけ 167 龍ノ口の元使塚(常立寺)
・09月13日 チビのお出かけ 168 地下鉄の父・早川徳次
・09月21日 チビのお出かけ 169 武蔵国衙跡(府中)
・09月23日 チビの愛唱歌 ♪ 37 東京だよおっ母さん
・10月01日 その他 大学院研修(5) 青山学院16号館
・10月05日 チビの愛唱歌 ♪ 38 桜井の決別 (皇居外苑)
・10月11日 チビのお出かけ 170 マリンタワーと氷川丸
・10月12日 チビのお出かけ 171 お台場でサイクリング
・10月26日 チビのお出かけ 172 松陰神社・幕末維新祭り
・10月01日 その他 大学院研修(6) 青山祭
・11月02日 チビのお出かけ 173 湯島天神菊まつり
・11月03日 チビのお出かけ 174 東京時代まつり(浅草)
・11月23日 チビのお出かけ 175 都電・荒川線
・12月07日 チビのお出かけ 176 国分寺崖線と国分寺跡
・12月21日 チビのお出かけ 177 クリスマスツリー
・12月31日 チビの愛唱歌 ♪ 39 思い出のアルバム 
[PR]

by chibi-papa | 2008-12-31 23:59 | 全索引  

♪39 思い出のアルバム 20・12・31

e0031605_15155468.jpg
毛布に包(くる)まってこの一年の思い出に浸る。 

思い出のアルバム
〔作詞〕 増子とし 〔作曲〕 本多鉄麿

♪ 冬のことです 思い出してごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
寒い雪の日 暖かい部屋で
楽しい話 聞きました


寒い朝も心ひとつで暖かくなるね。

1月1日 謹賀新年 皇居・桜田門からあけましておめでとう。
1月3日 富士塚登山(音羽富士) 護国神社の音羽富士に登ったね。
1月4日 赤レンガパーク 大桟橋埠頭に飛鳥Ⅱが停泊していたね。
1月21日 お台場でタイムスリップ 一丁目商店街に0系新幹線があった。
1月14日 ♪寒い朝 井ノ頭公園での寒い朝。
1月27日 目ん玉光る閻魔大王 おゝコワ。
2月2日 川越・中院と東照宮 天海上人の影が見え隠れするね。
2月11日 下高井戸の塚山遺跡 竪穴住居が復元されていたね。
2月11日 浜田山と人見街道 飛鳥時代の人見街道とルートが違うね。
2月22日 猫の日に思う 「我輩は猫である」を読みながら考えた。

♪ 春のことです 思い出してごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
ポカポカお庭で 仲良く遊んだ
きれいな花も 咲いていた


花びらが散ったあと、桜蕊降る(さくらしべふる)中を歩いたね。

3月1日 吉田松陰と井伊直孝 「読書尚友は君子の事なり」(松陰)。 
3月15日 京王沿線Walking5 久我山~永福町、9キロを完歩したね。
3月23日 羅漢寺川跡 羅漢川の源流を辿ったね。
3月30日 舎人ライナー開業 毛長川沿いの桜並木が綺麗だったね。
4月5日 清澄庭園 出世不動尊の桜が満開だったね。
4月6日 日野Walking 多摩動物園を覗いたらオランウータンがいたね。
4月13日 大岡川のチビちゃん 桜蕊降る大岡川沿いを歩いたね。
4月20日 小説にみる本郷界隈 根津神社、三四郎の池、不忍池と文豪。
5月3日 レイクタウン~草加公園 桜蕊を踏みしめながら歩く八条用水。
5月4日 横浜北部・師岡 師岡町周辺の地名の由来で知る古。
5月5日 駒場野公園 雑木林は人手を必要としているんだね。
5月18日 渋谷・鹿児島おはら祭り 示顕流剣法の迫力は凄かったね。
5月25日 木場、仙台掘親水公園 赤いポピーと青い矢車菊が綺麗。

♪ 夏のことです 思い出してごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
麦藁帽子で みんな裸んぼ
お船も見たよ 砂山も


エメラルドグリーンの海でのんびり日光浴したね。

6月8日 小名木川貨物線 江東区から工場がなくなり貨物駅も廃止。
6月15日 副都心線開業 池袋・新宿・渋谷の三大副都心を縦断。
7月6日 岡本公園・七夕まつり 国分寺崖線が走る岡本公園。
7月9日 浅草ほうずき市 大分県佐伯市は鬼灯(ほおずき)の産地。
7月12日 新宿牛込地区 夏目漱石とツーショット。
7月13日 哲学堂公園のヘクサゴン 六賢台は六角形。
7月20日 朝顔市とサミット サミットのため延期された朝顔市。
7月26日 渋江陣屋跡 渋江陣屋の痕跡なし。誰もしらない。
8月2日 2つの白髭神社+1 白髭神社が3つもあった。
8月2日 暑中見舞い 満潮の隅田川の水面から書中お見舞い。
8月13日 ♪海 和泉浦海岸で日光浴。
8月15日 63回目の終戦記念日 8月15日に見る近衛師団司令部。
8月17日 残暑見舞い 目黒船入場から残暑お見舞い。
8月23日 ♪白虎隊 白虎隊士が東大総長になった。
8月30日 C62蒸気機関車 電化に押されて消えていったSL。

♪ 秋のことです 思い出してごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
どんぐり山の ハイキング ラララ
赤い葉っぱも 飛んでいた


サイクリング サイクリング ヤッホー ヤッホー お台場を走ったね。

9月7日 龍ノ口の元使塚 龍ノ口で処刑された元の使者の塚。
9月13日 地下鉄の父・早川徳次 最初の地下鉄は浅草・上野間。
9月21日 武蔵国衙跡(府中) 国衙(こくが)は国の役所で、府中にあった。
9月23日 ♪東京だよおっ母さん 二重橋から靖国神社、浅草寺へ。
10月5日 ♪桜井の決別 楠木正成は忠君愛国の象徴だった。
10月11日 マリンタワーと氷川丸 来年に向けマリンタワーもお化粧直し。
10月12日 お台場でサイクリング 洞爺丸事故と青函連絡船「羊蹄丸」。
10月26日 松陰神社・幕末維新祭り 松陰が生まれた杉家の家法とは。
11月2日 湯島天神菊まつり 菊人形のテーマは大河ドラマ「篤姫」。
11月3日 東京時代まつり なぜ家康は江戸入りとなったのか。
11月23日 都電・荒川線 昔は王電と言って、王子・赤羽間も走っていた。

♪ 冬のことです 思い出してごらん
あんなことこんなこと あったでしょう
樅の木飾って メリークリスマス
サンタのおじさん 笑ってた


ボクが笑ったら、パパも笑ったね。

12月7日 国分寺崖線と国分寺跡 分倍河原ノ合戦で国分寺は焼失。
12月21日 クリスマスツリー 恵比寿ガーデンプレイスとオペラシティにて。


今年 チビが詠んだ歌

1月27日
閻魔様 悪業消しに 又来るね
(閻魔大王に懺悔文を奉じて、悪業を消す)

2月11日
散り散りと 逆臣の子 道武が 下る街道 武蔵国へと
(菅原道真は失脚して大宰府に左遷された。その際、家族はバラバラにされた。逆臣の子として三男・道武(みちたけ)は武蔵国に流罪となった。まだ少年だった道武はどのような思いで人見街道を歩いたのであろうか)

3月1日
吾君子 ボロは着てでも 読書する 心は錦 徳を備える
(吉田松陰先生の『読書尚友は君子の事なり』の言葉に感銘したチビが、ボロ市通りで詠む)

3月30日
新里の 娘の魂 甦り 毛長の土手に 咲く桜かな
(毛長川(けなががわ)にまつわる民話を古老から伺った。新里村(にっさとむら)の娘が身を投げた。毛長川の土手沿いには桜並木が延々とその娘の魂が宿っているかのように咲く桜。それとも娘さんの化身か)

4月5日
桜見て 竜頭の上で 巻き戻し
(出世観音の梵鐘はなぜか地べたに置かれている。梵鐘の上部には鐘楼の梁に掛けるための竜頭(リューズ)が付いている。「花には人間のような駆け引きがないからいい ただ咲いて ただ散ってゆくからいい ただになれない人間のわたし」は相田みつをの言葉)

浮かれ過ぎ たまにはここで 竜頭巻く
(調子に乗りすぎて頭のネジが緩んだら、ここに来てネジを巻き戻そう)

満々と 湛えし池に 名石に 春に誘われ 鯉と戯る
(清澄庭園にて)

4月13日
笑い終え 桜蕊降る 大岡川
(桜咲いているのは桜が笑っていること。咲き終わったら萼(がく)と一緒に蕊(しべ)が落ちてくる。桜は咲いている時だけでないよ。桜蕊降る中を歩くのも風流だね)

5月18日
篤姫や 薩摩生まれの けしんめに 激動超えて 渋谷でとずる
(一所懸命を鹿児島弁でけしんめという。全てやりとげて明治維新後は渋谷区千駄ヶ谷の徳川宗家邸で暮らした。そこで47歳の生涯をとじた)

縁あると 渋谷音頭に おはら節 轡十字が 街中をゆく
(日露戦争・日本海海戦で活躍した鹿児島出身の東郷元帥の祖先の地が渋谷。それが縁で渋谷でおはら祭が行なわれている。轡十字(くつわじゅうじ)は薩摩藩の旗)

5月25日
飾り馬 胸に鈴付け お洒落して 古墳に並び 今に伝えん
(古墳の馬型埴輪は良く見ると実にお洒落だね。鬣(たてがみ)を整えられ、鞍には鐙(あぶみ)、頬革、面繁(おもがい)、胸繁、そして革帯の交差部には杏葉で固定されている。さらに胸には鈴をつけている)

6月15日
表面の 字面追うとは 浅はかな 吾も心す 信ずる心
(最澄に決別を告げる書簡の一節に「文は是れ糟粕、文は是れ瓦礫なり。糟粕瓦礫を受くれば、則ち粋実至実を失う」とある。ボクも字面の奥をl心で感じとるようにしなくては)

7月6日
竹林に 時が止まりて 茅の苔 祈り込めた 短冊揺れる
(苔生した茅葺き屋根に短冊の竹笹が見え隠れする)

 短冊に書いたチビの願い
 「 明日からは サミット始まり 世界中 固唾飲み込み 期待する 」

崖線の 湧水集め 丸子川
(岡本公園には国分寺崖線(がいせん)が走っている。崖線からの湧水、隣りの岡本静嘉堂緑地からの湧水も丸子川に集まる。シオカラトンボも集まる)

7月26日
陣屋どこ? 向日葵が咲く 渋江かな
(渋江陣屋を捜せども痕跡すら見つからない。住民に聞いても分からない。お店でも消防署でも分からない。ただ公園の向日葵が微笑み掛ける)

風呂の日に 盥い代わり ポリバケツ
(一茶の句に「盥から盥に移るちんぷんかん」を受けて、26日は風呂の日とばかりにポリバケツを出して行水するチビ。一茶が言っている盥(たらい)の意味を理解しないまま)

捜しても 歩き疲れて チンプンカン
(渋江陣屋をいくら捜せど見当たらない。チビは一茶のちんぷんかんをチンプンカンに受け取っている)

人生は とどのつまりが チンプンカン 分かる気がする でも謎だらけ
(人生はちんぷんかんと分かってしまえば、これほど強いことはない)

8月23日
朝敵の 汚名晴らして 総長に 白虎が見せた 意地と武士道
(東京帝国大学総長の山川健次郎は、白虎隊年少組で会津城に籠城して官軍と戦った。胸像は東大・安田講堂の裏手にある)

9月13日
簡単な 仕組みで無事故 打子かな
(アジア初の地下鉄は昭和2年の浅草・上野間2、2km。今の銀座線。開業当初から安全第一を考えて、打子式ATSを装備。その仕組みはいたってシンプル。銀座駅に早川徳次(のりつぐ)の胸像がある)

10月26日
熱き伽羅 松陰の志(死)世界開扉に 吾も継ぎたや 』
(今、明治維新に相当する大激震が起きようとしている。こんな時、吉田松陰の熱い思いを継がないわけにはいかない。チビは立ち上がる)

11月3日
家康が 転封の地に 見た江戸は 広大な絵図 白鷺(はくろ)の如し 』
(家康は小田原征伐の恩賞といわれ秀吉から遠い関東に追いやられたてしまった。しかし、家康から見るとそこは縦横無尽の絵が描ける地だった。「白鷺(しらさぎ)の舞」のように大きく翼を広げ)

12月7日
崖線の 湧水集め ゆく野川
(国分寺崖線・真姿ノ池湧水群からの湧き水が野川に集まる。夏には蛍が飛び交うという)

古に ありし宝塔 黙して語らん 今は七重に 公孫樹高し
(七重ノ塔が建っていた場所に公孫樹(いちょう)の大木が立っていて、古を語りかけてくる)


今年、チビとお出かけしてブログに収めたのは51ヶ所。そこで、チビが詠った歌は24首。皆さ~ん。今年一年ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

このままで 目を覚ましたら お正月 (チビ)

(チビの日記!!チビの愛唱歌 ♪39 )
[PR]

by chibi-papa | 2008-12-31 14:58 | チビの愛唱歌  

(177) 20・12・21 クリスマスツリー

e0031605_22533731.jpg
恵比寿ガーデンプレイスのツリー

 今日は冬至。この日に柚子湯(ゆずゆ)に入り小豆粥(あずきがゆ)や南瓜(かぼちゃ)を食べると風邪を引かない(引っ張り込まない)と言われている。

チ ビ今日が一年の間で昼が最も短くて、夜が最も長くなる日なんだニャ~。

パ パ秋分から立冬そして冬至。これから少しずつ昼が長くなっていって立春、そして春分と暦は巡るんだ。

チ ビ立春までの間にも楽しみが一杯あるニャ~。まずクリスマスでしょ。パパからのプレゼントは何かニャ~。それに大晦日、お正月そしてお年玉。富士塚登山。閻魔大王に懺悔して、やがて梅が咲き、桜が咲く。二十四節気では小寒(黄経285度、1月5日頃)→大寒(黄経300度、1月20日頃)→立春(黄経315度、2月4日頃)。立春になってもまだまだ寒いよね。雨水(黄経330度、2月19日頃)→啓蟄(黄経345度、3月6日頃)。そして春分(黄経360度=0度、3月21日頃)を迎えるんだニャ~!

パ パ春分は太陽黄道(こうどう)の黄経が0度になった時で、昼と夜の長さが同じになるんだね。これも地球の軸が23、4度傾いているからなんだ。

チ ビところでさ~。風邪(かぜ)って、風邪(ふうじゃ)という邪気によって引き起こされるから風邪(かぜ)っていうけど、風邪(cold)とインフルエンザ(flu)はどう違うのかニャ~? 

パ パ風邪は普通感冒といって喉や鼻に症状が現れるけど、インフルエンザは冬に流行するから流行性感冒(流感)といって、急に40度近くの高熱が出て関節痛などの全身症状が強く現れる。風邪もインフルエンザも感染症だけれども、インフルエンザは法律で五類感染症に定められているんだ。

チ ビ何でインフルエンザ(influenza)というのかニャ~?

パ パ感染症がウイルスによって起きるという概念がなかったころ、汚れた空気が体の中に流れ込んできて発症するとして、英語でいうとことのインフルエンス(influence 感化、影響)に因んで名付けられたんだ。それを幕末の蘭学者が流行性感冒と訳したのさ。(享和2年(1802)にアンポン風邪(薩摩風邪)が流行った)

チ ビ鳥が感染するインフルエンザ(avian influenza、bird flu 鳥インフルエンザ)が豚を介して突然変異してヒトに感染して、さらにヒトからヒトへ感染するようになったら大変だニャ~!
 ところでさ~鳥とヒトとの間に何で豚が入ってくるのかニャ~。


パ パ豚は鳥と人間のどちらのウイルスにも感染する動物で、豚が同時に両方のウイルスに感染すると、それらの遺伝子を掛け合わせて人から人へ感染する新型インフルエンザができるのさ。そうした新型インフルエンザが世界中に爆発的に拡散した状態をパンデミックというんだ。

チ ビ ; パ ン デ ミ ッ ク ?

e0031605_22535687.jpg
東京オペラシティのツリー

パ パそう、Pandemic(感染爆発)。今から90年前(大正7年~大正8年)にスペイン風邪がパンデミックしたのさ。なんと4千万人が亡くなったんだ。第一次世界大戦どころでなくなっちゃって戦争終結が早まったくらいなんだ。
 わが国でも被害が大きくて2300万人も感染したんだ。当時の人口が5700万人だから3分の1以上の人が感染したんだ。そして48万人が亡くなてね・・・
 今は交通手段が当時より発達しているから、ひとたび強毒性の新型インフルエンザが流行ったら世界中がパニックになっちゃう。
 

チ ビパパの話ったら風邪とインフルエンザがごちゃ混ぜになっているよ。

パ パスペイン風邪と言っているけどインフルエンザなんだ。わが国では風邪とインフルエンザの違いが曖昧だろう。ついでに、スペインと付いているのは、スペイン王室での流行が大きく報道されたらなんで、発端はアメリカだったんだ(第一次世界大戦ではスペインは中立国だったので、報道管制は敷かれておらず大きく報じられたため)

チ ビ大変だニャ~。来年は本格的な金融恐慌・産業恐慌・生活恐慌、さらにパンデミックの危険性が迫っているのか~。

パ パだから今からそれに備えて食糧とかマスクとかを備蓄しておこうね。マスクは不織布のを一人当たり25枚は必要らしい。

チ ビパパお願い!ボク専用のマスクも用意してね。ほら、4年前、花粉症対策でマスクを作ってくれたじゃない。

パ パパンデミック(phase 6)がいつ起きてもおかしくない状況にある(既にphase 3、5のPandemicAlert期に入っている)んだ。だから、パンデミック発生前夜であると認識して自衛策を講じよう!パンデミックは予言などではなく、予告なのだから。

チ ビ最後に、普通のインフルエンザと新型インフルエンザはどう違うの?

パ パ普通のインフルエンザウイルスは気道から肺までなのに対して、強毒性の新型インフルエンザウイルスはいろんな臓器に入り込むんだ。だから多臓器不全になってしまう。当然死ぬ確率も高くなる。パンデミックになったら数ヶ月間は籠城を覚悟しないといけない。

チ ビまるで籠城戦だね。

パ パでも、デマには気をつけようね。意外と思うかもしれないけど、政府はいろいろな思惑から情報を流すので気をつけないとね!(政府は国民が判断できるような情報を流さない傾向がある)


チビのマスク姿は平成17年3月31日の チビの独り言 2 を見てね。

東洋経済新報社 『企業のための新型インフルエンザ対策マニュアル』 和田耕治著 : H5N1の強毒性の鳥インフルエンザを想定した「企業における危機管理体制の作り方」が載っている。

万一感染したときのために、アセトアミノフェンが入った解熱剤も用意して置いた方が良い。『タミフル』を備蓄する場合は保険の対象外。

SARS(Severe Acute Respiratory Syndrome サーズ) ; 重症急性呼吸器症候群で新コロナウイルスによる新型肺炎のことで、新型インフルエンザとは異なる。

(チビの日記!!チビのお出かけ 177 )
[PR]

by chibi-papa | 2008-12-21 22:54 | チビのお出かけ  

国分寺崖線と国分寺跡(176)20・12・07

e0031605_224657.jpg
殿ヶ谷戸庭園(とのがやと ていえん)

 JR国分寺駅のすぐ近くに殿ヶ谷戸庭園がある。
 大正4年(1915)国分寺村殿ヶ谷戸の傾斜地に、江口定條が国分寺崖線の崖地と崖下から湧出する地下水を巧みに利用した別荘を建てた。その後、昭和4年(1929)三菱財閥岩崎家の別邸となり、昭和49年には東京都が買収して昭和54年(1979)から公園として公開されている。

 
殿ヶ谷戸 : このあたり一帯は1867年まで尾張徳川家の鷹狩り場(御鷹場)に指定されていたことから尾張の殿様の「殿」?と、丘陵地が侵食されて形成された谷状の地形である「谷戸」から成っている。

江口 定條(ていじょう、さだえ)は、三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が設立した三菱商業学校で学んだ。そして、三菱合資に入り大正9年(1920)総理事となった。その後、昭和6年(1931)満州事変の不拡大を期待されて満鉄副総裁に就任した。が・・・

満鉄 ; 南満州鉄道㈱のことで、日露戦争の翌年の明治39年(1906)に設立され、昭和20年(1945)まで旧満州に存在した半官半民の特殊会社。
初代総裁は後藤新平。江口定條は、12代総裁・内田康哉(こうさい)の下で副総裁に就任した。

満鉄の路線 : 本線はあじあ号が走っていた大連・新京間700km。支線として京浜線、奉山線、安奉線などがあった。
京浜線は新・ハルピン(哈爾間240km、奉山線は天・海関間420km、安奉線は天・東間260kmで、鴨緑江(おうりょくこう)を渡って朝鮮の京義線と接続し、釜山まで繋がっていた。釜山・新京間を急行ひかり、急行のぞみが走っていた。
京義線は長い間 38度線で分断されていたが、南北の対話が進み再連結となり昨年12月に運行が開始された。しかし事態は一転、北朝鮮側の強硬姿勢で先月28日をもって運行中断となった。
北朝鮮は集団指導体制に移った模様。そして9月ごろ金正日の影武者?が脳卒中で倒れた。(講談社現代新書「金正日の正体」重村智計著に、総書記は既に5年前に亡くなっていたという情報が載っている)。軍優先の「先軍政治」はどのようになるのか?

三菱商業学校 : 岩崎弥太郎は明治8年、船舶運航技術に熟練した船員を育成することを目的に三菱商船学校(東京商船学校→東京商船大学→平成15年、東京水産大学と統合して東京海洋大学になった)を設立。
一方、実業に役立つ人材を育成することを目的に明治11年(1878)、福沢諭吉の門下生を校長や教官に迎え神田錦町に三菱商業学校を設立(福沢諭吉が簿記の解説書を出版した5年後のことであった)。予備科3年、本科2年。簿記、算術、漢学、英語などの他、英語による経済学、歴史、地理、数学の授業を行った。さらに1年間のインターンシップもあった。
岩崎弥太郎の長男・久弥を一期生として入学させるという、相当な熱の入れ方だったが、6年後の明治17年廃校となった。

国分寺崖線(がいせん) : 今から7万年~3万年前にかけて多摩川が武蔵野台地を侵食してできた河岸段丘(かがんだんきゅう)で、武蔵村山市緑ヶ丘から大田区嶺町まで30km続いている。世田谷区の岡本公園や等々力渓谷も国分寺崖線の一部。
・河岸段丘は、平成18年12月3日の チビのお出かけ 89 を見てね。
・岡本公園は、平成20年7月6日の チビのお出かけ 158 を見てね。
・等々力渓谷は、平成18年8月19日の チビのお出かけ 68 を見てね。

e0031605_2242797.jpg
武蔵国分寺公園・西元地区

 国分寺崖線の雑木林が今でも残る武蔵国分寺公園は、公園の中央を東西に走る多喜窪通りによって、北側の泉地区と南側の西元地区に分かれている。
 かつて雑木林は人の生活とは切り離せないもので、薪や木炭といった燃料のほか、田畑の肥料にする柴や落ち葉、食料となる山菜などの恵を受けてきた。
 青木、アズマ根笹、赤松、エゴノキ、ガマズミ(蒲染)、欅、小楢(こなら)、蛇ノ髭(じゃのひげ)、白樫、ヤブラン(藪蘭)、山桜・・・それに紅葉が色を添えている。

 この下に名水百選に選ばれた真姿ノ池(ますがたのいけ)湧水群がある。


崖線の 湧水集め ゆく野川 (チビ)

野川 : 国分寺市にある日立中央研究所内(春と秋の年2日だけ一般公開している。この秋は11月16日であった。残念!)の湧水を源流として、国分寺崖線に沿って流れる。「お鷹ノ道」沿いの小川など崖線下からの湧水を合わせ、二子玉川で多摩川に合流している。全長20km。

e0031605_2252981.jpg
武蔵国分寺跡

 741年(奈良時代)、第45代・聖武天皇(しょうむ てんのう)は仏教により国を安定させる(鎮護国家)べく、全国68ヶ国すべてに国分寺を建立することの詔(みことのり)を発した。
 武蔵ノ国では古代官道の東山道(とうざんどう)武蔵路(府中街道)を挟んで国分寺と国分尼寺が建てられた。国衙(こくが、武蔵ノ国の役所)の3kmほど手前で、湧き水の豊富な国分寺崖線を背にして南面するこの地に、金堂や七重ノ塔などが建っていた。今でもその面影が穏やかな初冬の風に薫ってくる。


古に ありし宝塔 黙して語らん 今は七重に 公孫樹高し (チビ)

e0031605_225228.jpg
七重ノ塔

 七重ノ塔は続日本後紀によると、835年に雷火で焼失。その十年後に男衾郡(おぶすまぐん、埼玉県寄居町付近)の長官が再建を願い出たことを許可したとある。
 鎌倉時代から室町時代に移る1333年、分倍河原ノ合戦で再び焼失したという。現在、このあたりは史跡公園の整備に向けて、土地の公有化が進められている。


武蔵国衙跡や東山道は平成20年9月21日の チビのお出かけ 169 を見てね。

続日本後紀(しょく にほんこうき) : 平安時代の869年に編纂された歴史書。第54代・仁明天皇(にんみょう てんのう)在位の833年から850年まで、18年間の動静が詳述されている。

分倍河原ノ合戦(ぶばいがわらのかっせん) :第96代・後醍醐天皇の呼びかけに応じて新田義貞(にった よしさだ)は 5月8日 上州新田郷(群馬県太田市)で鎌倉幕府打倒の兵を挙げた。幕府軍を11日に小手指(所沢市) 、12日には久米川(東村山市)で撃破。幕府軍は多摩川で新田軍を食い止めるべく分倍河原(府中市)まで撤退し防備を固めた。新田軍は15日攻撃を開始したが逆襲にあい、狭山まで一旦退却した。その際に国分寺が焼失したといわれている。
翌16日、体勢を立て直した新田軍は分倍河原を撃破、分倍河原の対岸の関戸の防衛線も突破。鎌倉街道を敗走する幕府軍。この壊滅的な打撃に幕府軍は完全に守勢に転じることになった。そこで、要塞堅固を誇る鎌倉に立て籠もり7つの切通し全てを封鎖して、待ち構える幕府軍。21日、新田軍は稲村ヶ崎から鎌倉に突入。5月22日、14代執権・北条高時は自刃し、ここに鎌倉幕府は滅亡した(それは新田義貞が挙兵してからわずか2週間後の事であった)
京王線およびJR南武線の分倍河原駅前のロータリーには、馬に跨(またが)った新田義貞の銅像が建っている。

史跡武蔵国分寺跡(僧寺地区)の整備は平成15年度から20ヵ年計画(平成35年度完了予定)で進められている。整備の促進を図るため、2週間後の12月21日に市民への説明会がおこなわれるという。
なお、国分尼寺跡の方は平成15年に整備終了している。

(チビの日記!!チビのお出かけ 176 )
[PR]

by chibi-papa | 2008-12-07 22:05 | チビのお出かけ