<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

都電・荒川線(175) 20・11・23

e0031605_22423351.jpg
三ノ輪橋停留所で下車

 庚申塚停留所から都電・荒川線に乗る。車内はすし詰め(packed like sardines)。まるで缶詰の鰯のよう!王子駅前停留所で座れた、と思ったらお年寄りが。席を譲る。 

チ  ビぜいぶん混んでますね。

お年寄り荒川遊園地前でだいぶ降りますよ。

チ  ビところで、昔は王子電気軌道と言ったんですってね。

お年寄りそう、そう。王電とか王子電車と言ってたわ。飛鳥山への遊覧客目当てに敷設されたの。
 それに赤羽までも線が延びていたのよ。そのころが懐かしいわ。赤羽といってもね国鉄の駅とは離れていたの。今でいうと、地下鉄・南北線の赤羽岩淵駅あたりが王電・赤羽だったのよ。


都電荒川線 : 昭和39(1964)年の東京オリンピックを機に始まった首都大改造は、都電を消し去っていった。が、唯一残った路線が荒川線。
三ノ輪橋~赤羽の都電27系統と、荒川車庫~早稲田の都電32系統の2系統は殆ど(9割)が専用軌道だったため代替バスが導入できないので、存続となった。今も一日4~5万人を乗せ、12.2kmを一時間かけてのんびりと走っている。長閑。

都電と荒川線の歴史
・M44年:東京市が東京鉄道(路面電車会社)を買収。王子電気軌道(荒川線の前身)が飛鳥山~大塚 開業。
・S17年:戦時体制で東京市は王子電気軌道を含む市内の路面交通事業を統合。
・S18年:都制施行に伴い、市電気局は都交通局に。
・S34年:道路交通法改正で、自動車の軌道内乗り入れ実施。
・S42年:路面電車廃止の方針。
・S48年:都議会で都知事は27、32系統を残す方向と答弁。
・S49年:27、32系統を一本化し「荒川線」と命名。
・S53年:ワンマン運転開始。
・H12年:「荒川一中前」停留所を新設
・H19年:レトロ車両9000形を導入。三ノ輪橋停留所をレトロ調に整備。荒川車庫内に「都電思い出広場」を整備。

三ノ輪橋・早稲田間の敷設
明治44年(1911) : 飛鳥山~大塚 開業
大正02年(1913) : 三ノ輪橋~栄町 開業
大正04年(1915) : 王子~飛鳥山 開業
大正14年(1925) : 栄町~王子、大塚~鬼子母神前 開業
昭和03年(1928) : 鬼子母神前~面影橋 開業
昭和07年(1932) : 面影橋~早稲田 開業

王子・赤羽間の敷設
大正15年(1926) : 王子柳田~神谷橋 開業
昭和02年(1927) : 神谷橋~赤羽 開業
昭和07年(1932) : 王子柳田~王子駅前 開業

王子駅前・赤羽間の停留所
・王子駅前
・王子ニ(王子柳田)
・王子三
・王子四
・神谷橋 → 南北線・王子神谷駅
・宮堀
・北町
・志茂町一 → 南北線・志茂駅
・志茂町三
・岩淵一
・赤羽 → 岩淵一と赤羽の間に、南北線・赤羽岩淵駅

京成電鉄は昭和3年(1928)白髭線(しらひげせん、向島・白髭間)を開業し、白髭橋を渡って三ノ輪橋で王子電気軌道と連結する計画を立てたが、昭和8年に青砥・上野間を開業できたことに伴い、その計画は取り止めとなった。白髭線自体も昭和11年に廃線とした。

お年寄りそれにね、王子電気軌道という会社は電力事業の方が主力で、王電は副業みたいだったのよ。

チ ビ電力事業は東京電力だけだったんじゃないんでんすか?

お年寄り当時の鉄道会社は殆ど電力事業もやっていたわ。京成電鉄もね。それが、戦争が始まって国家統制になって統合されたのよ。
それはそうと、王子区という区があったのよ。知っている?
私、次の町屋駅前で降りるわね。


チ  ビ京成電車にお乗り換えですか。

お年寄り北村園にお茶を買いに来たの。

東京の電力事業会社 営業収支トップ3
・第1位:東京電燈㈱ (東京電力㈱の前身)
・第2位:東京市電気局 (東京都交通局の前身)
・第3位:王子電気軌道㈱

昭和22年、王子区と滝野川区が合併して北区となった。

 昭和17年(1942)戦時体制による電力統制と交通統制で、電力事業は関東配電に、鉄道事業は東京市に事業譲渡して、王子電気軌道は清算。そして電車は市電となり、翌年には都制の施行により都電となる。
 時は移りモータリゼーションには勝てず、北本通りの路面を走っていた王子駅前~赤羽は昭和47年(1972)に廃止された。しかし殆どが専用軌道だった三ノ輪橋~早稲田だけは都電・荒川線として今でも活躍している。というより、今、路面電車とかライトレール
(LRT、Light Rail Transit) が見直されている。

早稲田~新庚申塚については、平成18年4月15日の チビのお出かけ 43 を見てね。
都電6000形の静態保存は、平成18年5月4日の チビのお出かけ 48 を見てね。

 終点の三ノ輪橋で下車。昭和2年(1927)に建てられた王電ビルヂィング(旧:王子電気軌道本社社屋)が今でも立っている。

 21、22、23の三日間、一葉記念館(台東区竜泉3-18-4)では「一葉祭」がおこなわれている。今日11月23日は樋口一葉の命日(一葉が亡くなってから112年経つ)


e0031605_2371999.jpg
樋口一葉旧居 跡の碑

 一葉記念館の近くに一葉の旧居 跡がある。明治26年7月 本郷菊坂町より下谷竜泉寺町に移り住み雑貨店を開いた。この吉原界隈を背景にして 「たけくらべ」 の題材を得た。

 一葉はこのあたりを
鶉なく 声もきこえて 花すすき まねく野末の 夕べさびしも
(一葉)
と詠んでいる。鶉(うずら)が鳴いて、ススキが揺れているような野の果てだと言っている。この辺りに鶉がいたのか?
 これは今から八百年前の藤原俊成が、鶉の鳴き声を和歌にl盛り込んで、荒涼とした秋の野辺を表現しているのを、一葉が本歌取りしただけであって、この辺りに鶉がいたかどうかを詮索しても意味がない。
夕されば 野辺の秋風 身にしみて 鶉鳴くなり 深草の里
(藤原俊成)
 小説のみで生計を立てる決意をして雑貨店を明治27年5月に引き払い、現在の文京区西片に転居して行った。依然として苦しい生活が続く。夕方から朝方まで人力車が絶えない竜泉寺町は、一葉にとって荒涼とした秋の野辺のように映ったのであろうか。  

 一葉の短い生涯は常に金策に追われていた。その一葉がこともあろうに平成16年(2004)から五千円札の肖像になった。一葉も苦笑いしていることだろう。

我こそは だるま大師に 成りにけれ とぶらはんにも あしなしにして (一葉)
 知人が亡くなったので弔いに行きたいが、貧しすぎて香典に包む御足(お金)がない。達磨さんみたいな私。


樋口一葉(ひぐち いちよう) : 明治時代の小説家。日清戦争終結の翌年の明治29年(1896)肺結核により死去。享年24。
一葉は明治5年、現在の千代田区 内幸町に生まれた。17歳の時 父親が他界して女戸主として母親と妹を養うため生活苦との闘いが始まった。小説を書いて生計を立て直そうとするが、女性が小説を書いて原稿料を手にすることは困難な時代であった。それでも小説家への志をあきらめることなく 「大つごもり」 「たけくらべ」 「にごりえ」 「十三夜」 などの名作を遺した。殊に 「たけくらべ」 は母親と妹の三人で竜泉寺町に住み、雑貨店を営みながら生活したその体験を素材にして書かれた。

藤原俊成(ふじわら しゅんぜい) : 平安時代末期から鎌倉時代初期の歌人。後白河院の命により 「千載和歌集」 (せんざいわかしゅう、1188年)を撰進(せんしん)した。

千円札の肖像については平成20年7月12日の チビのお出かけ 160 を見てね。

(チビの日記!!チビのお出かけ 175 )
[PR]

by chibi-papa | 2008-11-23 00:00 | チビのお出かけ  

東京時代まつり(174) 20・11・03 

e0031605_23242065.jpg
鎌倉武士が行く

 京都時代祭は平安時代から明治維新の時代列だが、こちら東京時代祭は江戸時代(1590~1867、277年間)から東京に移るまでを中心に、30もの時代列が浅草の街を練り歩く(プラスで鎌倉時代も)。この時代祭りは、浅草の秋の風物詩。 

e0031605_23243823.jpg
江戸城築城・お石曳き

 徳川家康が江戸入りしたのが1590年の旧暦8月1日(八朔、はっさく、朔は一日のこと)。江戸時代、この日は 「お打ち入り」 の祝賀の日として、諸大名や旗本は白帷子(しろかたびら)を着て江戸城に登城し、祝詞(のりと、祝辞)を述べたという。ところで、なぜ家康は江戸入りとなったのか。

 家康は三河国の生まれ。三河国、遠江国、駿河国、甲斐国、信濃国の五ヶ国を領有していたが、小田原征伐の論功行賞(手柄に応じて恩賞を与えること)として、それまで小田原北条氏(鎌倉時代の執権・北条氏と区別して後北条氏ともいう)の領地だった伊豆国と関東圏が与えられた。豊臣秀吉としては煙たい家康を、恩賞と言いつつ領地替えで遠くに追いやった。


小田原北条氏 : 室町幕府の御家人・伊勢氏の一族である早雲が駿河国の戦国大名・今川氏の内紛の際に現在の沼津市に足場を築いた。関東独立国を目指すため、鎌倉幕府の執権・北条氏の影響力を利用しようと、氏を伊勢から北条に改めた。その後、小田原城に本拠をに移した。(小田原)北条氏は5代続いた。

 「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」(機が熟すまで辛抱強く待っていよう)の家康は、「天下を取りたい」などと本心を(おくび)にも出さず、この転封を甘んじて受けた。

三人を比較して 「織田が搗(つ)き、羽柴(豊臣)が捏(こ)ねし天下餅、座って食うは徳川家康」 などという。
ホトトギス(時鳥、不如帰)に譬えては、
信長の性格・・「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」
秀吉の性格・・「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス」
家康の性格・・「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」
と三人の性格を詠い分けしている。

 関八州(かんはっしゅう、武蔵国、相模国、上野国、上総国、下総国、安房国、下野国、常陸国)の安房には里見氏、下野には宇都宮氏、那須氏、常陸に佐竹氏などの戦国大名が群雄割拠していた。 

 本拠地を江戸城にすることを指図されたとはいえ、家康は難攻不落の名城・小田原城や 鎌倉幕府があった要塞堅固(ようさいけんご)な鎌倉を飛び越えて、駿河の駿府から江戸に居を移した。当時の江戸城は小田原北条氏の一支城にすぎず、そこは老朽化した城でしかなかった。 

 秀吉としては思惑どおり事が運んだと安堵したが・・・・その江戸が大発展するとは予想だにしなかったに違いない。家康には先見の明があったとしか言いようがない。

 まず、江戸城の修築工事が始められ、石垣となる石は東伊豆から切り出された。「お石曳き」 しているのは御徒町中学校の皆さんで~す。
  
e0031605_23373872.jpg
元禄花見踊り

 徳川家康は井ノ頭池を水源とする神田上水を開削して飲料水を確保し、道三堀や小名木川などを開削して物資を江戸城に運び込めるようにし、江戸城・西ノ丸、三ノ丸、吹上、北ノ丸の築造工事。日比谷入江の埋め立て。また、江戸を水害から守るため利根川東遷を号令した。そして遺言で、鬼門に東照宮を配置し、家康自らが神となって江戸を悪霊から護っている。

 第4代将軍・家綱は玉川上水を完成させ、こうして第5代将軍・綱吉の元禄には百万人規模の大都市に発展していった。
 花見は上野。第8代将軍・吉宗は庶民の行楽のために飛鳥山、墨田堤、御殿山(品川)、小金井堤にも桜を植えて花見の名所にした。花見にお弁当を持参する風習も一般的になっていた。踊っているのは、台東区華道茶道文化協会の皆さんで~す。


徳川宗家(将軍家)
 初  代 徳川 家康(いえやす)
 第 2代 徳川 秀忠(ひでただ)チビのお出かけ 78 を見てね
 第 3代 徳川 家光(いえみつ)チビのお出かけ 73 を見てね
 第 4代 徳川 家綱(いえつな)
 第 5代 徳川 綱吉(つなよし)
 第 6代 徳川 家宣(いえのぶ)チビのお出かけ 150 を見てね
 第 7代 徳川 家継(いえつぐ)
 第 8代 徳川 吉宗(よしむね) 紀州家
 第 9代 徳川 家重(いえしげ)
 第10代 徳川 家治(いえはる)
 第11代 徳川 家斉(いえなり) 一橋家
 第12代 徳川 家慶(いえよし)
 第13代 徳川 家定(いえさだ)
 第14代 徳川 家茂(いえもち) 紀州家
 第15代 徳川 慶喜(よしのぶ) 水戸家

 戦国時代、多くの武将が夢見た上洛。上洛して朝廷に認めてもらってそこから天下に号令を発しようと考える中で、家康は朝廷に媚びることなく、手練手管の限りを尽くしての権謀術数をめぐらす朝廷に巻き込まれないよう、京都から遠く離れた場所を選んで幕府を開いた。それも広大な関東平野に・・・

玉川上水は平成19年4月1日の チビの日記 103 を見てね。

e0031605_23252984.jpg
天下のご意見番・大久保彦左衛門

 大久保彦左衛門は三河国に生まれた戦国時代の武将。関ヶ原ノ戦い及び大阪ノ陣では、家康直臣の旗本として槍奉行を務めた。家康の死後も秀忠の上洛に従い、家光の代になっては旗奉行となって晩年まで武士としての生き方を貫いた。

「天下のご意見番」と呼ばれた所以(ゆえん)は、家康が臨終のときに 「彦左衛門の我儘(わがまま)無礼を許す。今後 将軍に心得違いがあるときは、彦左衛門に意見させよ」 と遺言したとある 。

 余生を送りながら常陸国・鹿嶋で大久保家の子孫に向けて 「三河物語」 を書き残した。門外不出の家訓書であったが、次々に写本され世間に広まっていった。 

「三河物語」 の上巻と中巻で徳川の世になるまでの数々の戦いの記録が、下巻では太平の世になってからの彦左衛門の率直な苦言などが記されている。

 大きなタライ(盥)に乗っての登城の場面を、直系の大久保榮司さんが務めています。

旗本以下の駕篭(かご)による登城禁止令が出されたが、 「かつて武功をあげた年寄りに対して駕篭を禁止するとは無礼千万。盥は駕篭にあらず」 と突っぱねた。これは講談でのお話。
 
e0031605_23255081.jpg
白鷺(シラサギ)が来る

 江戸の地名の 「江」 は日比谷入江の江、「戸」 は入口を意味し、 「日比谷入江の船着場」 = 江戸湊 からきている。この辺りには入江が多く、日比谷入江は桜田の台地に迫っていた。その台地に居館を構えた江戸氏は、平安時代後期に秩父地方から出た秩父党の一族であった。
 鎌倉時代は幕府の御家人となったが、室町時代に次第に衰えて本拠地を日比谷桜田から現在の世田谷区喜多見に移した。

 代わって江戸の地に入ったのは太田道灌(おおた どうかん 1432~1486)で、江戸氏の居館跡に江戸城を築いた。それは室町時代中期の1457年、今から五百五十年前のことであった。太田道灌の死後、扇谷上杉氏の衰亡と共に江戸城は小田原北条氏の支城となった。
 その後のことはご存知のとおり小田原征伐で小田原北条氏が亡びると、徳川家康が江戸城の修築に取り掛かり、徳川幕府は15代続いた。

 幕末、国内が騒乱状態となり1年半に亘る戊辰戦争が勃発。その原因は第121代・孝明天皇にあったといわれている。そして、大室寅之祐(おおむろ とらのすけ)(表の)明治天皇となって江戸城に入り、皇城(皇居)とされ、(表向き)大正、昭和、平成と4代続いている。


戊辰戦争(市川・船橋戦争)は平成19年10月14日の チビのお出かけ 129 を見てね。
戊辰戦争(会津戦争)は平成20年8月23日の チビの愛唱歌 ♪36 を見てね。
天皇家は神武天皇家(初代神武天皇~第25代)、継体天皇家(第26代継体天皇~第121代)、大室天皇家(第122代明治天皇~第125代今上天皇)と通算2千7百年続いている。
正確には、大室天皇家は大正天皇までで、昭和天皇は睦仁親王(裏の明治天皇)の子で、平成天皇は天皇家の系列外。そこで、孝明天皇→睦仁親王→昭和天皇の本来の北朝ラインに戻すべく、一昨年お生まれになった悠仁親王(ひさひとしんのう)に繋げることにした。

 チ ビアッ!サギ集団がこっちに来る~!

 パ パ あれは白鷺。サギはサギでも詐欺じゃないの。

e0031605_2326388.jpg
そして舞う

 パ パほら良く見てご覧。白い鷺の頭を模(かたど)った冠を被(かぶ)って、白の上衣に水色の伊賀袴を着けているね。
 
 チ ビ翼を広げて優雅な舞だニャ~。羽根は何枚あるかというと、・・・中心の1枚の左右に17枚ずつで、全部で35枚あるニャ。

 パ パさすがチビは目が良いね。浅草寺の「白鷺の舞」は浅草寺絵巻の祭礼行列に描かれた鷺舞が基になっているんだよ。


 チ ビ鷺でなくて詐欺の話なんだけどさ、アメリカって詐欺師の集団だニャ~。

 パ パ何で?

 
チ ビだってさ~、アメリカはとうに自国での産業を諦めて金融に走った。そしてドンドン輸入して、その貿易赤字は国債(アメリカ財務省証券)を他国に売ってそれで穴埋めしたり、日本から金を巻き上げて回していたのさ・・・さらに投資銀行を先頭に立てて、射幸心を煽った博打のようなデリバティブ(金融派生商品)を考え出した。デリバティブの発行残高は6京円(京は億の1万倍)以上あると言われている。投資銀行は悪知恵の塊のようだ!

 
 パ パそれで今年9月の投資銀行・リーマンブラザーズの破綻でアメリカ経済の底が抜けたということか。

 チ ビそうだよ。アメリカがドンドン輸入するもんだから、日中韓は資源国から原料を輸入してドンドン輸出したさ。そして手にしたのは気がついたら紙切れ。これって国際金融システムを利用した国ぐるみの詐欺だよね。


 パ パそれが金融恐慌だけに留まらず、産業恐慌へと広がっていきそうだね。その件で、今月の15日に二十ヶ国による緊急首脳会議・G20がおこなわれるよ。
 
 チ ビ今から生活防衛しないと・・・まず、ボクの食糧の確保ダァ~!!

 ところで、明治維新によって江戸城を明け渡した後の徳川家はどうなったかというと、御三卿の一つ田安家の徳川家達が徳川宗家16代目を継ぎ、駿府藩主(静岡藩主)、公爵、貴族院議長として徳川の名を残した。現在の当主は徳川恆孝(横浜港振興協会会長、日本郵船顧問)

徳川宗家
 第16代 徳川 家達(いえさと) 田安家
 第17代 徳川 家正(いえまさ)
 第18代 徳川 恆孝(つねなり)

家康が 転封の地に 見た江戸は 広大な絵図 白鷺(はくろ)の如し (チビ)

(チビの日記!!チビのお出かけ 174 )
[PR]

by chibi-papa | 2008-11-03 23:28 | チビのお出かけ  

(173) 20・11・02 湯島天神の菊

e0031605_16285321.jpg
大きな菊の懸崖(けんがい)

 菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を祓い(はらい)長命を願う風習が我が国に伝わり、平安時代には宮中行事となった。菊の意匠が皇室の紋章(16弁八重)とされている菊は、我が国の国花である。

菊正宗(兵庫・灘)、菊水(新潟・新発田)といった菊を冠した酒造メーカーがあるのも菊酒に由来があるようだ。因みに正宗→せいしゅう→せいしゅ→清酒で言葉遊び。
16弁一重の菊花紋章(きっかもんしょう)は旅券(パスポート)の意匠になっている。

 湯島天神の菊人形は毎年 NHKの大河ドラマを題材にしている。今年は「篤姫」(あつひめ)。第30回菊まつりは今月23日まで。

 大河ドラマはいよいよ佳境に入ってきた。前回は第14代将軍・徳川家茂(いえもち)が亡くなり、続いて第121代・孝明天皇まで崩御されるという内容だった。NHKの大河ドラマは歴史の真相を抉り(えぐり)出すものではないので、二人の死については何の疑問も向けられていない。しかし真相はどうも二人とも暗殺されたようだ。
 孝明天皇の死因は天然痘とされているが実は伊藤博文によって暗殺され(孝明天皇弑逆事件、しぎゃく じけん)睦仁(むつひと)親王が即位して明治天皇となる。そして明治天皇にすり替わったのが伊藤博文の子分・大室寅之祐(おおむろ とらのすけ、南朝の末裔?)なる者だったといわれている。
 背後にイギリスのロスチャイルドが見え隠れする。


徳川家茂 1866年8月29日死去 享年20 死因:脚気ないしリウマチといわれている
孝明天皇 1867年1月30日死去 享年35 死因:天然痘といわれている
大室寅之祐は神事・十種神寶御法(とくさかむたからノごほう)を相伝して明治天皇になったようなので皇位継承を容認できなくはないが、大正天皇以降(1912年)神事が途絶えている。相伝された者が百年間いないと復活できなくなってしまうといわれている。ということは2012年まであと4年ほど。日本の一大事、世界の一大事が刻々と迫っている。
日本をそして世界を救うため、どうか今上天皇(きんじょうてんのう、平成天皇のこと)は今すぐにでも十種神寶御法を相伝していただきたい。

(チビの日記!!チビのお出かけ 173 )
[PR]

by chibi-papa | 2008-11-02 16:36 | チビのお出かけ  

大学院研修(6)

e0031605_9114298.jpg
青山祭その1

 昨日、歯医者からの帰り道、学院の前を通ったら学生がやけに多かったのは、今日明日の青山祭の準備だったんだな。正門から図書館までもぎっしり。ワイワイガヤガヤ盛り上がっている。皆さん良く食べる、食べる。私もつられて暫し見学することに。

 歯医者といえば、青山の歯医者さんにもう20年ばかり通っている。3ヶ月毎の定期検診でブラッシングのチェックと歯垢の除去を受ける。ブラッシングのチェックでは毎回、手厳しく指導される。
 8020運動というのがあるが、院長にいわせると、『80歳で20本以上の歯を残しましょう』 の標語自体がおかしいと言う。例えば、手足20本の指を80歳で14本以上残しましょうと言っているようなもので、事故に遭わない限り20本の指が残っていて当たり前。歯は親知らず以外の28本全て残っていて当たり前のはず。では何故、80歳の残存歯数が8本
(平成11年調査)なのかというと、虫歯とか歯周病が原因なのだから、ちゃんと予防と手当てをすれば歯は一本も欠けることはない。
 今までは、歯が痛くなったら歯医者に行って。数年後また痛くなったら歯医者に行くの繰り返し。そのうち神経を抜かれ、抜歯され、次第に口の中は金属とかの異物だらけに。1にも2にも正しいブラッシング、正しいブラッシング。手厳しいブラッシングの指導を毎回受けながら・・・


e0031605_912538.jpg
青山祭その2

 いつまでも見とれていてはいけない。喧騒を離れて急ぎ足で研修室へ。

 休み時間、虚数が特集となっている科学雑誌(Newton 2008年12月号)を持ってきた者がいて、虚数の話で盛り上がった。 


 家に帰って、教えてもらったばかりの虚数をチビに講釈する。


パ パ虚数って2乗(自乗)すると-1になる数字で、これを虚数 i と定義して、i ^2=-1 と表記するんだ。

チ ビ虚というからには実があるわけね。

パ パそう、実数は real number、虚数は imaginary number の訳語なんだ。実数って分かるだろう。

チ ビうん。数ぐらい知ってるさ。1、2、3、・・・・

パ パそれは自然数(natural number)と言うんだ。実数はもちろん自然数を含むけど、飛び石のような自然数と違って連続的なんだ。そして、マイナス方向にも伸びた概念なんだよ。

チ ビインド人がゼロを発見したんだってね。インド人は頭がいいからね。今、インド式計算は大流行しているもんね。

パ パチビは良く知っているね。7世紀ごろインドの書物にゼロのことが書かれているから、ゼロの発見は今から1300年から1400年前のことなんだね。これでマイナス、ゼロ、プラスの一直線上の数としての実数の概念が分かったと思うけど、この実数と同じ連続性を持ちながら別の方向に数の概念を拡張したのが虚数なんだ。そして、実数と虚数の組み合わせが複素数。これで数の概念が2次元に拡張されたのさ。

チ ビちょっと待って。話を戻して悪いけど、マイナスの概念が良く分からないんだニャ~。猫缶は1個、2個、3個・・・と数えることができる。0個は猫缶をみんな食べてしまって無い状態だろう。でも猫缶が-1個、-2個、-3個・・・なんて、マイナスの指ってないから指折り数えることができないよ。食べられない猫缶って、いったいニャンなのさ。意味ないじゃん!

パ パそう言わないで。7世紀ごろのインドでは正の数を「財産」、負の数を「借金」と呼んでね・・・

チ ビボク、パパに隠れて借金なんかしていないよ。それより、猫缶が少なくなってきたから買ってきてね。しらす入りの鮪缶がいいニャ~。1缶、2缶といわず一杯買ってきてくれるとボク安心なんだけど。でも、マイナスの猫缶はいらないからニャ~。 

 チビの数の概念はゼロを含む自然数で止まっている。


 東の方向をプラスとしたとき、東に100m進んだ点は+100m。では西に100m進んだ点は-100m。この二点を良く見ると、東に100m進んだ点にマイナスを乗ずると西に100m進んだことになる。
   +100m×(-1)=-100m
 別の言い方をすると東に100m進んだ点を180度回転させると西に100m進んだ点になる。と言うことは、
   マイナス1を乗ずること=180度回転させる
 では、東に100m進んだ点を90度回転させると北に100m進んだ点になる。90度回転させるには何を乗ずればよいのか。今、仮に i とすると、
   北に100m進んだ点= i ×100m
 さらに90度回転させると、西に100m進んだ点になる。
   i × i ×100m=西に100m進んだ点
 これは180度回転させた、即ち-1を乗じたことと同じことである。
 よって、 i × i ×100m=-1×100m
       i × i =-1
       i ^2=-1
 2乗すると-1になるこの i を虚数という。実数と虚数の組み合わせを複素数といって、全ての組み合わせを合計すると直線が平面に、即ち1次元が2次元になる。複素数は電子工学における回路解析に、機械工学における制御理論に、土木・建設工学における震動解析などに利用されている。


インド式計算
(例1) 1,000-725=1+999-725=1+274=275
(例2) 5,671-1,725=5,671-2,000+2,000-1,725=3,671+275=3,946
 このように、繰り下がりのある引き算を、最後は足し算にしてしまう。

(チビの日記!!大学院研修 6 )
[PR]

by chibi-papa | 2008-11-01 00:00 | その他