<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

平成19年(2007) INDEX

・01月01日 時候のご挨拶 謹賀新年
・01月01日 チビのお出かけ 93 九十九里浜
・01月03日 チビのお出かけ 94 富士塚登拝(鳩森富士)
・01月14日 チビのお出かけ 95 吉祥寺 お寺はどこ?
・01月20日 チビのお出かけ 96 お台場の大観覧車
・01月30日 チビの独り言 12 アンモナイトの眠り
・02月04日 チビの愛唱歌 ♪25 水師営の会見(乃木邸)
・02月04日 チビのお出かけ 97 九段
・02月12日 チビの愛唱歌 ♪26 うぐいす(向島百花園)
・02月12日 チビの独り言 13 オゾン層とフロン(亀戸天神)
・02月17日 チビのお出かけ 98 タイヤ公園
・03月04日 チビの愛唱歌 ♪27 北国の春(小池釣堀跡)
・03月04日 チビのお出かけ 99 貝塚坂と貝塚中学
・03月25日 チビのお出かけ 100 ライトアップのはずが・・・
・03月29日 チビのお出かけ 101 今度はライトアップ
・03月31日 チビのお出かけ 102 上野の桜
・04月01日 チビのお出かけ 103 玉川上水と玉川兄弟
・04月08日 チビのお出かけ 104 東京ミッドタウン
・04月14日 チビのお出かけ 105 変貌をとげる秋葉原
・04月15日 チビのお出かけ 106 新座の竹林
・04月21日 チビのお出かけ 107 京王沿線Walking1
・04月22日 チビのお出かけ 108 躑躅の赤に赤門の赤
・04月29日 チビの愛唱歌 ♪28 こいのぼり(鎌倉中央公園)
・04月30日 チビのお出かけ 109 夢ノ島公園
・05月02日 チビのお出かけ 110 清水寺(上総)
・05月03日 チビのお出かけ 111 上総一ノ宮
・05月04日 チビのお出かけ 112 大多喜城(上総)
・05月13日 チビのお出かけ 113 渋谷の鍋島藩と薩摩藩
・05月19日 チビのお出かけ 114 京王沿線Walking2
・06月03日 チビのお出かけ 115 菖蒲沼公園
・06月09日 チビのお出かけ 116 浅草六区
・06月10日 チビのお出かけ 117 本土寺の紫陽花
・06月16日 チビのお出かけ 118 京王沿線Walking3
・06月30日 チビの独り言 14 恐竜の絶滅(子供ノ森公園)
・06月30日 チビの愛唱歌 ♪29 蛙の笛(品川富士)
・07月01日 チビのお出かけ 119 北沢川緑道
・07月07日 チビの独り言 15 11回目の誕生日に考える
・07月15日 チビのお出かけ 120 世田谷公園のSL
・07月16日 チビのお出かけ 121 北村西望彫刻館
・07月29日 時候のご挨拶 暑中見舞い(岬町真福寺)
・08月11日 チビのお出かけ 122 徳富蘆花と芦花公園
・08月11日 時候のご挨拶 残暑見舞い(希望丘公園)
・08月12日 チビのお出かけ 123 千鳥ヶ淵戦没者墓苑
・08月14日 チビのお出かけ 124 深大寺自然公園
・08月15日 チビのお出かけ 125 東京都慰霊堂
・09月02日 チビのお出かけ 126 高橋是清翁記念公園
・09月08日 チビのお出かけ 127 紀尾井町・清水谷公園
・09月15日 チビの独り言 16 食料自給率(金王八幡)
・10月14日 チビのお出かけ 128 青戸と青砥
・10月14日 チビのお出かけ 129 市川、船橋戦争
・10月20日 チビのお出かけ 130 京王沿線Walking4
・11月03日 チビの愛唱歌 ♪30 東京五輪音頭(選手宿舎)
・11月17日 チビの愛唱歌 ♪31 海豚に乗った少年(太東海岸)
・11月18日 チビの愛唱歌 ♪32 真っ赤な秋(高尾線40周年)
・11月23日 チビのお出かけ 131 沢庵和尚(東海寺)
・12月08日 チビのお出かけ 132 鎌倉幕府旧跡
・12月11日 チビの愛唱歌 ♪33 赤鼻のトナカイ(渋谷公園通)
・12月15日 チビのお出かけ 133 東急5000系(ハチ公口)
・12月24日 チビのお出かけ 134 雑然とした町「シモキタ」
・12月29日 チビのお出かけ 135 浅草寺の境内裏    
[PR]

by chibi-papa | 2007-12-31 23:59 | 全索引  

浅草寺の境内裏(135)19・12・29 

e0031605_1731313.jpg

 江戸川柳にこんなのがある。
 『 小粒でも 是見てくれの 大伽藍
 浅草寺(せんそうじ)のご本尊は1寸8分(約5cm)と小さいが、伽藍は坂東(ばんどう、関東地方の古名)第一を誇っている。

 そこで、チビも一句
 『 チビの猫 心の芯は 大伽藍

境内の裏では初詣の準備で白線を引いていた。この後、テントを張るといって金具などが次々と運ばれて来る。露店が沢山出るのだろう。

観音の 甍(いらか)眺めつ 師走かな

 今年も可愛がってくれた皆さんありがとう!どうぞ、良いお年をお迎えください!!


(チビの日記!!チビのお出かけ135)
・・・今年のキーワードは 『 ロハスとグレイトコラボレーション 』・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-12-29 17:32 | チビのお出かけ  

(134)19・12・24 雑然とした町「シモキタ」

e0031605_16324794.jpg
乗換え改札口がない下北沢駅

 下北沢駅は小田急線と京王・井の頭線が交差する主要駅なのに駅前広場がない。まるで市場の中に駅があるようだ。おまけに交差が直角でないので方角が分からなくなってしまう。
 若者が多い。こんな雑然さを若者は好むようだ。この雑然さはこのあたりに博労(ばくろう)が住んでいたからだという。

 世田谷区としてはこの雑然さが嫌でしょうがない。そこで再開発して杓子定規な美しさにどうしてもしたいようだ。世田谷区画街路10号線と都市計画道路補助54号線の着工を2010年に、そして2014年には完成を目指している。イメージ図を見ると54号線の一部は幅9mの車道になんと幅8、5メートルの歩道が両側に付くという豪華版だ。
 雑然さが取り柄(とりえ)の若者の町「シモキタ」はどう変わっていくのであろうか。

 ことろで、なぜ京王・井ノ頭線と小田急線は改札なしで乗り換えができるかというと、それは井ノ頭線が旧小田急線の路線であった名残りなのだ。
 小田急線は現在、地下2層の複々線工事中。写真は南口で、上を井ノ頭線が走っている。


一連の再開発により、食品店や衣料品店などが所狭しと並ぶ北口市場もなくなってしまう。

小田急の1日の乗降客数は約13万人。井の頭線も約13万人。共に急行停車駅。駅は北沢2丁目にあり、下北沢という行政地名はない。 

博労(馬喰) : 馬の売買や仲介をおこなう人。中央区の日本橋馬喰町(ばくろちょう)にも博労が住んでいた。

(チビの日記!!チビのお出かけ134)
・・・今年のキーワードは 『 ロハスとグレイトコラボレーション 』・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-12-24 16:33 | チビのお出かけ  

東急5000系第1号車(133)19・12・15

e0031605_1359353.jpg
これが青ガエル

 渋谷駅ハチ公前にあるこのモニュメントは昭和29年に超軽量電車5000系として登場し昭和45年まで東横線(渋谷・桜木町間、平成16年に東横線桜木町駅は廃止されみなとみらい線に接続)で活躍した第1号の記念すべき5001号車。お年寄りが懐かしそうに監視員に話かけていた。

 下ぶくれの愛嬌ある車体(モノコック構造)はグリーンに塗装されていたことから蛙を連想させ「青ガエル」というニックネームで親しまれた。やがて、東横線でより軽量化したステンレスカーが主力なってくると「青ガエル」は大井町線に、そして最終期には目蒲線(平成12年に目黒線と多摩川線に分割された)で使用され昭和61年には東急での運用は終った。
 その後は長野電鉄、上田交通、福島交通、岳南鉄道(がくなんてつどう)、熊本電気鉄道に譲渡された。その内、熊本電気鉄道の2両は今でも現役でいるという。

 この5001号車は譲渡先の上田交通で平成5年に廃車となった後、保存のために東急に返却されたもの。歴史的見地からも大切に保存されるべき車両なのに、こともあろうに車体の3分の1が切断され3つあった乗降ドアーが2つになってしまった。さらに台車(台枠や車輪など)も取り外されたダルマさん状態で、野ざらしのまま展示されている。
 監視員によると地下鉄入口の建造物の長さに合わせるため昨年 切断されたという。そのことについて鉄道愛好家から抗議があると言っていた。


東急5000系は昭和29年から昭和34年にかけて105両製造された。

モノコック構造(monocoque body) : 車体とフレーム(frame)が一体化した構造で、断面の形状が丸みを帯びているのが特徴。
当初、航空機用として採用された構造であったが、戦後 航空機開発・製造が禁止されていた時期に航空機製造技術者が鉄道車両に応用し、軽量化車両を実現した。新幹線もモノコック構造。

長野鉄道の長野駅・善光寺下駅の区間2、3kmが昭和56年に地下化された。それに伴って車両を不燃構造にしなければならず、東急5000系の譲渡を受けた。現在は東京メトロ日比谷線の車両を使用しているという。

 渋谷の街は電車と共に歩み発展してきた。まず明治18年(1885)の日本鉄道・品川線の「渋谷停車場」がその発祥で、大正9年(1920)に山手線が通った。明治40年には玉川電車が開通(田園都市線となったのは平成12年)。明治44年に東京市電が青山から渋谷まで延長された。

品川線 : 赤羽ー板橋ー目白ー新宿ー渋谷ー目黒ー品川 
池袋駅の開業は18年後の明治36年(1903)。

 昭和2年(1927)に東横線が山手線に隣接して開業したのが「東急の街」として栄えるきっかけとなった。昭和8年には井ノ頭線が、さらに昭和13年に地下鉄銀座線が開通。昭和53年、地下鉄半蔵門線が開通。商業の集積と共に渋谷駅は有数のターミナル駅になった。
 平成に入ってからも、平成8年(1996)に埼京線が新宿から恵比寿まで延伸開業。平成13年(2001)にはダイヤ改正で湘南新宿ラインが運転開始された。
 さらに来年の平成20年(2008)6月には地下鉄副都心線の開通が予定(東急みなとみらい線との接続は2012年の予定)されている。こうした現在8路線が向きと高さを違えて重なり合っている。それに副都心線が加わったらますます迷宮のようになってしまう。

 
9路線
・山 手 線(1920年)
・東 横 線(1927年)
・井ノ頭線 (1933年)
・銀 座 線(1938年)
・半蔵門線(1978年)
・埼 京 線(1996年)
・田園都市線(2000年)
・湘南新宿ライン(2001年)
・副都心線(2008年予定)

ハチ公のことは平成18年2月のチビのお出かけ35 を見てね。

(チビの日記!!チビのお出かけ133)
・・・今年のキーワードは 『 ロハスとグレイトコラボレーション 』・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-12-15 14:00 | チビのお出かけ  

♪33 赤鼻のトナカイ 19・12・11

e0031605_2029760.jpg
渋谷公園通りにて

♪赤鼻のトナカイ [訳詞] 新田宣夫 [作詞・作曲] Johnny Marks

  真っ赤なお鼻の トナカイさんは
  いつも皆の 笑いもの
  でもその日の クリスマスの日
  サンタのおじさんは 言いました

  「暗い夜道は ピカピカの
   おまえの鼻が 役に立つのさ」

  いつも泣いてた トナカイさんは
  今宵こそはと 喜びました

 訳詩家・新田宣夫(にった・のぶお)の本名は草野昌一、別のペンネームは漣健児(さざなみ・けんじ)。中尾ミエの「可愛いベイビー」、飯田久彦の「ルイジアナ・ママ」、弘田三枝子の「ヴァケーション」、坂本九の「ステキなタイミング」、田代みどりの「パイナップル・プリンセス」などがあり日本語ポップス界の立役者。

 直訳と対比してみると訳詞の良さが分かる。

 [直 訳] 赤鼻トナカイ ルドルフ

 「知ってるね、ダッシャー、ダンサー、
  プランサーにビクセン、
  コメット、キューピッド、
  ドナーにブルッツェン 
  でも、覚えているかい
  一番有名なトナカイのことを」

 赤鼻トナカイ、ルドルフ お鼻はピッカピカ
 本当に見てると 輝いているほどさ
 他のトナカイたちに 笑いものにされて
 ルドルフはいつも 仲間はずれ

 霧深いクリスマスイブ サンタは言いました
 「ルドルフ、お前の光る鼻で道案内してくれないか」

 みんな大好きになって 喜び叫んだよ
 赤鼻トナカイ、ルドルフ 歴史に名を残す 


e0031605_2029564.jpg
渋谷駅ハチ公口にて

 ワァ~ッ、金曜の夜でないのに人が多いね
 待ち合わせの人も多いね
 若者が多いね
 忠犬ハチ公もいる
 青ガエル(東急電車5000系)がある
 クリスマスツリーが綺麗だニャ~!


(チビの日記!!チビの愛唱歌♪33)
・・・今年のキーワードは 『 ロハスとグレイトコラボレーション 』 ・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-12-11 20:33 | チビの愛唱歌  

いい国つくろう鎌倉幕府(132)19・12・08 

e0031605_1712502.jpg
大蔵幕府跡(源氏正統幕府跡)

 源頼朝(1147~1199)没後四百三拾年の1633年(11月1日から8日間)に沢庵和尚(たくあん おしょう、63歳)が従者2人を伴って鎌倉五山(建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄妙寺)を巡拝(じゅんぱい)している。その紀行文の『鎌倉巡礼記』によれば、「行く手の右に芝生の広き所あり。これは右大将(頼朝のことを指している)の御殿の跡なりとて民は今に種物を蒔かぬと也」 とある。人々が頼朝公の遺徳を慕い、その足跡を残すこの地を後世に伝えようとする状況が読み取れる。
 それからさらに三百七拾年後(頼朝没後808年目)の2007年・師走に、チビが従者1人(パパ)を伴ってその地を訪れた。そこに「大蔵幕府舊蹟」の石碑がある。


 (鶴岡)八幡宮 賑わいあれど 幕府跡 今は昔と 石碑あるのみ (チビ)

『鎌倉巡礼記』 は沢庵和尚の没後に出版されたもので、そこには荒廃した寺院の様子が記されている。建長寺は数度の火災でその多くを焼失したが、沢庵和尚の進言により再建された。

 1180年、京から鎌倉に進軍してきた平家7万騎の軍勢を源頼朝軍20万騎が静岡の 「富士川ノ戦」 で追っ払い、その勢いで京に攻め上ろうとしたが、東国の地固めが先決と鎌倉に戻った頼朝は鎌倉・大蔵の地に侍所、公文所、問注所などを整備した。
 1225年、宇津宮辻に幕府を遷す(うつす)まで、この地が武家政治の中心であった。


大蔵幕府(おおくら ばくふ) : 源頼朝(よりとも)が大蔵に侍所を設置してから第二代将軍・頼家(よりいえ)、第三代将軍・実朝(さねとも)と続き、北条政子(ほうじょう まさこ、頼朝の妻で尼将軍といわれた)が亡くなるまでの46年間。

第二代将軍・源頼家は北条政子の父・時政(ときまさ)により伊豆修善寺に幽閉され暗殺された。その直後に北条時政は初代執権となり、第三代将軍・源実朝をも暗殺しようとするが失敗し、執権を子の義時(よしとき、北条政子の弟)に渡した。
難を逃れた実朝は1219年、北条義時にそそのかされた公暁(くぎょう、頼家の子)によって暗殺された。

石碑は鎌倉市雪ノ下3-11、私立清泉小学校の南西の角にある。大蔵幕府(1180~1225)は金沢街道に面して東西270m、南北220mの敷地だったと推定。石碑の「舊蹟」は「きゅうせき」と読み、旧跡のこと。

侍所(さむらいどころ)は1180年に設置し御家人の統制を担当。公文所(くもんじょ)と問注所(もんちゅうじょ)は1184年に設置し、それぞれ一般政務と裁判を担当。なお、公文所は後に政所(まんどころ)と改称された。

平家7万騎は『平家物語』より、源頼朝軍20万騎は『吾妻鏡』(あづまかがみ、鎌倉末期に編纂された歴史書)による。

頼朝の愛娘・大姫のことについては平成17年4月17日のチビのお出かけ13を見てね。

e0031605_1713479.jpg
宇津宮辻幕府跡(北条執権幕府南跡)

 北条政子が亡くなると源氏三代の政権は完全に終わった。3代執権・北条泰時(やすとき、1183~1242、執権は1224~1242)は執権政治を強化すべく、1225年に若宮大路(わかみや おおじ)と小町大路(こまち おおじ、観光みやげ屋が並ぶ小町通りではない)の間で南北250mの場所に幕府を遷したが、宇津宮辻幕府(うつのみや つじ ばくふ)はわずか12年で同じ敷地内の南側から北側に移転した。

1219年、第3代将軍・源実朝が暗殺されるとすぐに北条氏は傀儡(かいらい)として公家・九条家から2歳の藤原頼経(よりつね)を鎌倉に迎え、6年後の1225年、ここで元服式を執り行い翌年第4代将軍に据えた。

1225年に評定衆(ひょうじょうしゅう)を設置し、有力御家人による合議制を確立した。その一環として1232年に御成敗式目(ごぜいばい しきもく)という武士政権のための法令を制定した。

御成敗式目は全51ヶ条からなり、第8条の「権利の上に眠る者はこれを保護せず」という法原則は、現在のわが国の法律の原点といも言えるべきことなどが多く含まれている(時効の概念を明文化したのはこれが世界初)

石碑は鎌倉市小町2-15-19、カトリック雪ノ下教会と鎌倉彫会館の間を80m入った宇津宮稲荷大明神の所に建っている。

石碑の「辻」は辻子(ずし、図子とも書く)のことらしい。辻子とは大路と大路を結ぶ小路のことと言う。

e0031605_17132446.jpg
若宮大路幕府跡(北条執権幕府北跡)

 1236年、北条泰時は政庁を北側に移設した。それから1333年に新田義貞(にった よしさだ)に攻められ鎌倉幕府が滅びるまでの97年間を、名君の誉れ高い5代執権・北条時頼(ときより)や、元寇を退け国難を救った英雄8代執権・北条時宗(ときむね)らがこの場所で国政を執った。

石碑は宇津宮辻幕府旧跡から北へ250mの鎌倉市雪ノ下1-11にある。

最期の執権は16代・北条守時(もりとき)で、1333年5月18日、新田義貞率いる倒幕軍を迎え撃つため出撃し巨福呂坂(こぶくろざか)で激戦を繰り広げるも力尽き自刃(じじん)。14代執権だった北条高時(たかとき)及び15代執権だった北条貞顕(さだあき)は北条家の菩提寺・東勝寺にて北条一族一門870余人と共に自害した。ここに百五拾年間繁栄を極めた鎌倉幕府は滅亡した。

 ところで、鎌倉幕府が成立したのは「いい国(1192)つくろう鎌倉幕府」で1192年と暗記している人が多いと思うが、それは源頼朝が征夷大将軍に任命された年であって形式的にすぎない。
 実質的には1185年に壇ノ浦の戦いで平家を滅亡させ6年間の内乱を終結させたこと。それに同年、後白河法皇より守護・地頭の設置権を与えられ全国の軍事権・警察権を掌握したことをもって鎌倉幕府が成立したとするのが多数説になり、教科書の記述が変わった。
 そうなると暗記も1192年(いい国)から1185年(いい箱)へ、「いい箱(1185)つくろう鎌倉幕府」と覚え直さないといけないニャ~!


大蔵幕府跡、宇津宮辻幕府跡、若宮大路幕府跡の石碑は鎌倉町青年会によってそれぞれ大正6年、大正7年、大正9年に建之(けんし)されている。この他の旧跡にも石碑を精力的に建之している。碑文を読んでいると鎌倉町青年会の鎌倉を愛する熱き思いが伝わってくる。

(チビの日記!!チビのお出かけ132)
・・・今年のキーワードは 『 ロハスとグレイトコラボレーション 』・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-12-08 17:17 | チビのお出かけ