<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

上野の桜(102)19・03・31 

e0031605_19343456.jpg
桜の生命力を吸収しようと上野の山にやって来た

  ボンボリに 上野の山は 桜色 歌えや踊れ 花見酒かな  (チビ)

  洋服も 顔もほんのり 桜色 みんなの顔も 桜色だニャ  (チビ)

e0031605_19344591.jpg
不忍池(しのばずのいけ)

  花粉浴び 元気溌剌(はつらつ) エネルギー  (チビ)

  深呼吸 桜の精を 独り占め  (チビ)

 (チビの日記!!チビのお出かけ 102)
・・・今年のキーワードは「ロハスとグレイトコラボレーション」・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-03-31 19:35 | チビのお出かけ  

(101)19・03・29 今度はライトアップ

e0031605_2158097.jpg
千鳥が淵公園、満開だニャ~

  春弥生 申し合わせて 一気咲き 花びら舞いに 心も踊る 』 (チビ)

e0031605_21581821.jpg
靖国神社、下は人人人

  団子にも 花にもひかれ 人の波 』 (チビ)

e0031605_21583455.jpg
靖国神社、特等席

  石灯篭 これこのとおり 花見席  (チビ)

 (チビの日記!!チビのお出かけ 101)
・・・今年のキーワードは「ロハスとグレイトコラボレーション」・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-03-29 21:59 | チビのお出かけ  

(100)19・3・25 ライトアップのはずが・

e0031605_20503158.jpg
靖国神社

 「お花見にはまだちと早いニャ~。」

 気象庁は20日、東京で桜が開花したと発表した。平年より8日早い。東京の桜の開花はここ靖国神社境内にある標本木が基準になっている。6輪の花が咲いているのを確認して開花宣言となったという。
 だから今日あたりは多少は咲いているのではと、夜桜を期待して行ってみたが、残念でした。まだ咲き始めの状態でライトアップも中止されていた。6輪の花はフライング(flying start)だったか。開いている露店にも活気がない。


冬を越え 待つのが桜 まだ蕾 (チビ)

e0031605_20504569.jpg
千鳥が淵公園
 
 「こっちもまだだニャ~。」 

 こちらはまだ蕾の状態なので、ガードマンも手持ち無沙汰(てもちぶさた)。千代田区観光協会の看板に「ライトアップ期間 3月23日(金)~4月1日(日) 時間 午後6時30分~午後10時頃 天候や開花状況により時間の変更や中止する場合があります」とあった。そうか~、開花状況でライトアップは中止となったのか~。見ごろは今度の土日か。
(29日にも行ってみたら、ライトアップは4月4日まで延長するとあった)

月もなく 桜会えずに 持って来た オヤツたいらげ 帰って寝るニャ (チビ)
 
 (チビの日記!!チビのお出かけ 100)
・・・今年のキーワードは「ロハスとグレイトコラボレーション」・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-03-25 20:54 | チビのお出かけ  

貝塚坂と貝塚中学(99)19・03・04 

e0031605_7471297.jpg

貝塚坂

 ここは坂の上。大田区上池台5-1-13にある貝塚坂の標識にはこう書かれている。

 坂名の由来となった馬込貝塚を『大森区史』は「馬込の根方に貝塚というのがある。石器時代の器物や矢の根石などがよく掘り出されたといっている。今もなお好事家(こうずか)の尋ねて来るものが少なくない」と記している。

 とある。仲池上に根方というバス停があるがそこではなく、標識のあたりの中馬込1丁目、上池台5丁目に「馬込の根方」という場所があり、縄文・前期から集落や貝塚があったようだ。でも、根方(ねかた、ねがた)には下の方とか山麓という意味があるから、この坂の下の方に貝塚があったのだろうか。


  標識 役所手を抜き 意味不明  (チビ)

 貝塚坂の標識に大森区史と書かれている。今は大森区(おおもりく)はないが、蒲田区(かまたく)とともに昭和7年に成立している。しかし太平洋戦争での戦禍からの復興のため、今からちょうど60年前の昭和22年(1947)3月に大森区は蒲田区と合併した。合併に際し区名案(羽田、城南など)が多く出てまとまらず、結局、大森区の「大」と蒲田区の「田」を取った折衷案の「大田」で合意となった。そして大森区役所庁舎を大田区役所庁舎として発足した。
 それから半世紀後に区役所庁舎移転論争が勃発。区議会2票差で平成8年、JR蒲田駅に隣接する商業ビルを購入、平成10年(1998)に旧蒲田区内のそこに大田区役所庁舎を移転した。


矢の根石 : 石鏃(ぜきぞく)のことで、矢じりとして用いられた石器。
太田区? : 正しくは大田区。江戸城を築城した太田道灌(おおた どうかん)に因(ちな)んだ太田だと思っている人がいるがそうではない。今にして思えば合成語の大田区でなく、羽田区を選んでおけばよかったのに、と思う。

 ところで、この辺りで貝塚というと、モース博士が発見した大森貝塚が思い浮かぶが、その石碑は大森駅北口の近くにあるものの、貝塚自体は品川区内にある。JR京浜東北線に乗っていると2箇所に石碑が見える。そこのところを取り上げた平成18年3月12日、チビのお出かけ(39)大森貝塚遺跡庭園を見てね!

e0031605_7474743.jpg

大田区立貝塚中学校

 貝塚坂の標識から南に500mほど行ったところに貝塚中学校がある。校長室には 『貝塚を 掘って歴史の 深さ知る』 の色紙が掲げられているという。このあたりは昔、馬込村字貝塚といっていたこともあって貝塚中学校と名づけられ昭和36年に開校した。建設工事中にも校地の隅から貝が出てきたという。

 本門寺の裏から上池台にかけて多くの横穴式古墳が発見され土器や石斧(イシオノ)などが出土している。かつて古代の人たちはこの地を選んで、鍬(クワ)を振るいこの地に根をおろしたのであろう。
 貝塚中学校の生徒諸君はこの地で学べることに誇りを持って、学業に励んでもらいたい。何と言っても古代と貝塚で繋がっているところがいい。何かあったらそこに土着していた古代人とテレパシー(telepathy)で交信するといい。きっと「生きる力」が湧いてくることだろう。


 平成18年8月19日のチビのお出かけ(68)では大塚古墳を、8月26日のチビのお出かけ(69)では亀甲山古墳・宝莱山古墳などいずれも荏原台古墳群を取り上げたので見てね! 

 (チビの日記!!チビのお出かけ 99)
・・・今年のキーワードは「ロハスとグレイトコラボレーション」・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-03-04 23:59 | チビのお出かけ  

♪ 27 北国の春 19・03・04

e0031605_17275696.jpg
小池釣堀の脇にある上池台小池公園

  大田区の地形は池上通りに沿って北西部の武蔵野台地と南東部の低地に区分できる。低地は多摩川三角州低地と東京湾海岸低地とから成っている。武蔵野台地北部の上池台や馬込あたりには坂が多い。上池台(かみいけだい)という地名は上池上(かみいけがみ)の高台という意味。

 東急・池上線の長原駅から300mほど坂を下りきったところに小池釣堀、その脇に小さな上池台小池公園がある。チビはジャングルジムを水平移動と上に登ることはできるが、降りることができない。
 近くの庭木では辛夷(こぶし)が一斉に白い花を咲かせていた。辛夷が咲くと千昌夫の 『北国の春』 が口を突いて出てくる。


♪ 北国の春 
[作詞] いで はく [作曲] 遠藤 実  [唄] 千 昌夫  (昭和52年)
 一
 白樺 青空 南風
 辛夷咲く あの丘 北国の
 あゝ 北国の春
 季節が都会では わからないだろと
 届いたおふくろの 小さな包み
 あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな


 辛夷はモクレン科の落葉広葉樹の高木で、辛夷の漢字はチャイナでは木蓮を指す。3月下旬から4月上旬にかけて咲くが今年は半月ばかり早いようだ。花は香りのある大きな白いへら形の六弁花。葉に先立って開花した後はだんだん瘤状(こぶじょう)に膨(ふく)らんで9月になるとゴツゴツした実になる。それが子供の握り拳(にぎりこぶし)に似ていることから「こぶし」と名付けられたようだ。だから辛夷を拳とも書く。花言葉は「信頼」。
 1億年前の白亜紀(はくあき、恐竜の全盛期)の化石からもモクレン科の花が多く出てくる。きっと恐竜たちも辛夷の花の匂いに、待ち焦がれていた春を感じていたことだろう。


e0031605_17351513.jpg
誰もいない小池釣堀

 作詞家いではく(本名:井出博正)は作曲家の遠藤実に師事し作詞の道に入り、杉良太郎の 「すきま風」 、森昌子の 「信濃路梓川」 などがある。出身地の信州・佐久をイメージして生まれたのがこの 『北国の春』 なのだ。
 終戦後に成長が早い落葉松(からまつ)を植林したので、信州には落葉松が多い。

 二
 雪解け せせらぎ 丸木橋
 落葉松の 芽が吹く 北国の
 あゝ 北国の春
 好きだとお互いに 言い出せないまま
 別れてもう五年 あの娘はどうしてる
 あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな


 この釣堀は古くは灌漑用水(かんがいようすい)として利用されていたが、昭和4年の耕地整理(こうちせいり)の際に池の一部が埋め立てられた。昭和9年(1934)に釣堀として開業し、市ヶ谷フィッシングセンター(JR市ヶ谷駅からみえる釣堀)と並ぶ都内最大規模の釣堀を誇っていたが、この歴史ある釣堀は平成17年(2005)9月に幕を閉じた。だから今は釣り人の姿はない。
 現在、釣堀跡地の整備計画が練られている。隣接する上池台小池公園に併合させ、水辺の花径公園をコンセプトに、埋め立て部分は最小限にとどめて水生植物帯や浮島を設けることなどを考えているようだ。2年後の新生・上池台小池公園が待たれる。


東京都都市整備局の特別区事業・重点公園・優先整備区域一覧によると、「洗足小池公園10,800㎡」となっている。名称が変わるのかニャ~。
 三 
 山吹 朝霧 水車小屋
 童歌(わらべうた)聞こえる 北国の
 あゝ 北国の春
 兄貴も親父似で 無口な二人が
 たまには酒でも 飲んでるだろうか
 あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな


 辛夷が咲きやがて新緑の季節になると、山吹が咲き乱れ鎮守の森は朝霧に包まれる。そして春祭りで豊作を祈願して、田植えが始まる。そんなイメージを浮かべながら坂を上って、庄屋坂を下ってまた上がると貝塚坂に突き当たる。 

 (チビの日記!!チビの愛唱歌 ♪ 27)
・・・今年のキーワードは「ロハスとグレイトコラボレーション」・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-03-04 17:34 | チビの愛唱歌