<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

(45) 18・04・30 中浦和~朝霞台

e0031605_16383749.jpg
別所沼公園

 スタート:JR埼京線・中浦和駅

 駅から浦和方向に3分のところに別所沼公園(ベッショヌマ コウエン)がある。沼では釣り人がのんびりと糸をたれている。メタセコニアの緑が溶け込んでいる。

e0031605_16385361.jpg
田島氷川神社

 鴻沼川(コウヌマガワ)に沿っての秋ケ瀬緑道(アキガセ リョクドウ)をブラブラ歩きながら、桜草公園を目指す。途中、田島氷川神社で一休み。獅子のような狛犬(コマイヌ)。そう、ここは田島の獅子舞(市の無形民俗文化財)で有名なんだね。

今年の1月3日にボクは獅子舞の格好をして、富士塚登山をしたんだ。ボクの獅子舞の格好を チビのお出かけ33 で見てね!

e0031605_1639961.jpg
田島氷川公園

 池では亀と鯉と家鴨(アヒル)がノンビリと・・・チビもノンビリぶらり旅。桜草公園はまだまだ遠い。

e0031605_16392947.jpg
桜草公園・一次指定地

 ここ田島ケ原サクラソウ自生地は国の指定特別天然記念物となっていて、4haの指定地に150万株のサクラソウが生育している(国内最大規模)。桜草は埼玉県の県花になっている。時期的に葉が伸びてしまって、桜草の花はチラリホラリ。

埼玉県の県花は桜草、県木は欅(けやき)、県鳥は白小鳩(しらこばと)

e0031605_16394428.jpg
桜草公園・ニ次指定地

 もう残り少なくなった桜草の花に見入っているチビ。来年はもう少し早く来ようね!
 桜草の花言葉は「長続きする愛情」。

 秋ケ瀬橋を渡り朝霞台駅まで歩く。途中道に迷ってしまった。


 ゴール:東武東上線・朝霞台駅

(チビの日記!!チビのお出かけ 45)
・・・ロハス的な生活(健康で持続可能性の高いライフスタイル)を心がけていきたい・・・
[PR]

by chibi-papa | 2006-04-30 17:05 | チビのお出かけ  

(44) 18・04・29 築地~門前仲町

e0031605_055964.jpg
浅野内匠頭邸跡

 スタート:地下鉄日比谷線・築地駅

 赤穂藩上屋敷は西南の二面が築地川に面していて、その広さは8,900坪。時は元禄14年(5代将軍・徳川綱吉の時代)、浅野内匠頭長矩(アサノタクミノカミ ナガノリ)は勅使(チョクシ、天皇の意思を直接伝えるために派遣される使い)の接待役に推(オ)されたが、3月14日、その指南役の吉良上野介義央(キラ コウズケノスケ ヨシヒサ)を江戸城・松ノ廊下で刃傷(ニンジョウ)におよび、即日切腹。
 この上屋敷(3月17日)も赤穂の領地(4月19日)も取り上げられ、赤穂藩主浅野家は断絶した。


吉良上野介義央の義央の読みはヨシヒサで、ヨシナカと間違って伝えられた。
赤坂南部坂の下屋敷は3月18日に、本所の下屋敷は3月22日に収公された。

♪ 刃傷松の廊下
〔作詞〕 藤間哲郎 〔作曲〕 桜田誠一 〔歌〕 真山一郎
(一)
勅使下向(ゲコウ)の 春弥生
いかに果たさん 勤めなん
身は饗応(キョウオウ)の 大役ぞ
頼むは吉良と 思えども
(カ)の振舞いの 心無き

(科白)
各々方(オノオノガタ) 各々方 お出合い候え
浅野殿 刃傷にござるぞ

(ニ)
積もる遺恨(イコン)を 堪忍の
二字で耐えたる 長矩も
武士には武士の 意気地あり
刃に及ぶ 刃傷の
血涙(ケツルイ)悲し 松の廊下

(科白)
お離し下され梶川殿
五万三千石 所領も捨て家来も捨てての刃傷でござる
武士の情けをご存知あらば その手 離して
今一太刀討たせて下され 梶川殿

(三)
花の命を 宛ら(サナガラ)
赤穂三代 五十年
浅野の家も これまでか
君君(キミキミ)たらずとも 臣は臣(シンハシン)
許せよ吾を この無念


 すぐ隣に「芥川龍之介生誕の地」の案内板がある。

e0031605_0553139.jpg
芥川龍之介生誕の地

 写真に写っているのが聖路加(セイロカ)看護大学で、そこ(築地入船町)で芥川龍之介は明治25年(1892)3月1日に生まれた(辰年辰月辰刻の生まれにちなみ龍之介と名付けられた)
 母が発狂したため、龍之介は生後7ヶ月にして母方の芥川家に引き取られその後、養子となった。「羅生門」「河童」 「蜘蛛の糸」など多くの名作を遺したが昭和2年(1927)、35歳で睡眠薬自殺した。


築地入船町は当時、外国人居留地となっていて明治32年に廃止されるまで日本人は住むことを許されていなかったが、龍之介の父は外国人相手に牛乳の販売をしていたので例外とされていた。

辰年辰月辰刻
・1892年の干支は壬辰(みずのえ たつ)で辰年
・3月は辰の月
・午前8時ごろは辰の刻

長男:比呂志(ヒロシ、1920-1981、俳優、演出家)、次男;多加志(タカシ、1922-1945、小説家を目指すも22歳でビルマ戦線にて戦死)、三男:也寸志(ヤスシ、1925-1989、作曲家)

e0031605_0555975.jpg
聖路加病院トイスラー記念館

 創設者のトイスラー医師が住んでいた家(昭和8年築)を、新病院建設に際して築地からここに移築復元された(平成10年)
 記念館の前にこの病院の精神が刻まれている。

「This hospital is living organism designed to demonstrate in convincing terms the transmuting power of Christian love when applied in relief of human suffering.」


 キリスト教の愛の心が人の悩みを救うために働けば苦しみは消えて、その人は生まれ変わったようになる。この偉大な愛の力を、誰でもがすぐわかるようにあらわせるよう、計画されてできた有機体がこの病院である。 

e0031605_0561424.jpg
慶応義塾発祥の地

 中津藩(ナカツハン、大分県中津市)出身の福沢諭吉(フクザワ ユキチ)は長崎で蘭学を学び、その翌年に大阪の緒方洪庵(オガタ コウアン)の適塾(テキジュク、適々斎塾)に入った。
 その後、安政5年(1858)に築地の中津藩中屋敷で蘭学塾を開く(2年後の2008年には150年の節目を迎える)。慶応4年(明治元年)に芝に移転、それを機に慶応義塾と改称した(その3年後、三田に移転)

  チビは 『学問のすゝめ』 を精読している。「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずと言えり。」さらに続けて、「・・・されども今広くこの人間世界を見渡すに、賢き人あり、愚かなる人あり。実語教に、人不学無智 無智為愚人(人学ばざれば智なし、智なきは愚人なり)とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざることに由りて出来るものなり。・・・」
 チビも学問の大切さに目覚めたようだ。


『学問のすゝめ』 は明治5年に出版され超ベストセラーとなった。
最初の一節はあまりにも有名だが、これは福沢諭吉の言葉ではなくアメリカ合衆国の独立宣言(1776年)から引用したもの。

実語教(じつごきょう) : 平安時代に成立し、鎌倉時代に普及した教訓の書物で、選者は弘法大師(空海)といわれている。江戸時代には寺子屋の教材として広く利用された。

さらに、福沢諭吉は明治6年に 『帳合之法』 という複式簿記の訳本を出版、企業の活動を支える重要な役割を果たした。『複式簿記は人類の生んだ最大の発明』(文豪ゲーテ) といわれている。

e0031605_0562913.jpg
聖路加ガーデン

 近代医療の先駆として100年の歴史を誇る聖路加国際病院。その創設者トイスラー医師が提唱した「全人医療」の理念を深化させたプロジェクトが「聖路加ライフサイエンスセンター構想」。その一環として平成6年に聖路加ガーデンが竣工した。
 47階には展望レストラン「ルーク」(St.Luke、聖ルカ、聖路加のこと)がある。ボクもピアノの調べの中でフランス料理を食べて、オープンスペースのテラスから夜景を見てみたいニャ~。
 隅田川に突き当たった。さて、どっちに行こうかニャ~。佃大橋を渡ってみよう!


e0031605_0564935.jpg
佃島渡船場跡・築地側

 1645年(3代将軍・徳川家光の時代)から昭和39年8月の佃大橋(ツクダ オオハシ)の完成までの三百年以上ここに渡し舟があった(昭和30年には1日70往復にもなったので橋の建設が急がれた)。渡し舟と言ったらボク、矢切の渡しに乗ったことあるよ!

e0031605_057795.jpg
佃島渡船場跡・佃島側

 対岸の佃島側にも渡舟場(トセンバ)跡の石碑がある。佃島は隅田川河口にできた自然の寄洲(ヨリス)で、徳川家康が神君伊賀越え(シンクン イガゴエ)の際にお世話になった摂津(セッツ)の国の佃村(大阪市西淀川区)の漁師を招いて住まわせ、特権的に漁をおこなえるようにした(当時の江戸の漁法は遅れていた)
 佃煮屋さんがある。ボクは佃煮(ツクダニ:保存食)にしない生の魚の方がいいニァ~。


e0031605_0573883.jpg
石川島灯台

 1866年(薩長連合が成立した年)、石川島人足寄場奉行(イシカワジマ ニンソク ヨセバ ブギョウ)が隅田河口航行の船舶のため六角二層の灯台を築かせ、近在の漁師は喜んだたとある。佃公園を整備するに際し往時を偲ぼうと、モニュメントとしての灯台がある。
 石川島播磨重工業(略称:IHI)の名称は1853年(ペリー来航の年)、この地に水戸藩が幕命により造船所を創設したことに由来する(今は創業の地に石川島資料館がある)
 像は「みどりの風」。上空には飛行船がフワリフワリと・・・


e0031605_1201950.jpg
中ノ島公園

 佃島と越中島(エッチュウジマ)を結ぶトラスト式の相生橋の中継地点に、中ノ島公園がある。江東八景にも選ばれている水上公園、ここで一休み。この島の真ん中が区境になっているので、ちょうどチビの右肩は江東区、左肩は中央区。

♪ 中ノ島ブルース
〔作詞〕 斉藤 保 〔作曲〕 吉田 佐
一、
赤いネオンに 身を任せ
燃えて花咲く アカシアの
甘い香りに 誘われて
あなたと二人 散った街
あゝここは札幌 中ノ島ブルースよ

二、(大阪)
三、(長崎)

 何で札幌から東京を飛ばして大阪、長崎にいってしまうんだ。東京にも中ノ島があるニャ~! ♪ あゝここは東京 中ノ島ブルースよ~
 向うは石川島播磨重工業の本社がある豊洲(トヨス)なのニャ。

 
e0031605_1203577.jpg
富岡八幡宮

 門前仲町(モンゼンナカチョウ)は江戸時代より富岡八幡宮と深川不動尊の門前町として栄えた街。富岡八幡宮は1627年(第3代将軍・徳川家光の頃)、当時、永代島(エイタイジマ)と呼ばれていた現在地に創建された。
 門前仲町駅は昭和42年に東西線の大手町~東陽町間延伸と同時に開業、大江戸線は平成12年に乗り入れた。


e0031605_1205090.jpg
巨人力士身長碑と大関力士碑

 富岡八幡宮は江戸勧進相撲発祥の地として知られ、この碑は歴代の大関を顕彰し昭和58年に建てられたとのこと。勧進相撲(カンジン ズモウ)とは勧進(寺社の寄付集め)のために興行(コウギョウ)する相撲のこと。
 左は巨人力士身長碑。ワァ~、デッカ!


大相撲は、初期においては八幡境内で興行されたが、後に回向院に移った。

 ゴール:地下鉄東西線・門前仲町駅

(チビの日記!!チビのお出かけ 44)
・・・ロハス的な生活(健康で持続可能性の高いライフスタイル)を心がけていきたい・・・
[PR]

by chibi-papa | 2006-04-29 00:00 | チビのお出かけ  

知らしむべからず (独り言8)

e0031605_18144059.jpg
東大地震研究所の地震計を型どった石飾り

 地震といえば、筑波にある独立行政法人・防災科学技術研究所は、今年1月7日から23日にかけて、紀伊半島中部から愛知県にかけての広い範囲におけるプレート境界付近で短期的なスロースリップ(ゆっくり滑り)と深部低周波微動が検出され、それらの現象が200kmの距離を1日約10kmの速度で連続的に移動していたことを、2月7日に発表した。
 
 エッ!起こっている最中でなく、終わってから発表したの?
 そう。今の日本政府の姿勢がよく現れているね。

 地震予知は文部科学省と東京大学の利権であって、科学の域に達していない分野(架空の学問)だから、マッ、しょうがないか。


(チビの日記!!チビの独り言 8) 平成18年4月23日
[PR]

by chibi-papa | 2006-04-23 18:15 | チビの独り言  

総中流社会崩壊の戦略 (独り言7)

e0031605_20233767.jpg
神宮外苑の銀杏並木

 この並木の両側で「IKEA 4.5 MUSEUM」が開催されていた。まず空っぽの4畳半の部屋がある。スウェーデンからやって来たイケアだったらどんな部屋が出来るかということで、アートの部屋、音楽の部屋、本好きの部屋とか全部で14の部屋が展示されていた。それぞれの価格も表示されているが、とってもリーズナブル(reasonable)e0031605_1510846.png

スウェーデンの国旗は青地に黄色い十字架のデザイン。大江健三郎(作家)は文化勲章や文化功労者の授与は激しく拒否した。理由は日の丸は侵略戦争の象徴だからだと。しかし、平成6年(1994)ノーベル文学賞はスウェーデン国民から贈られるものだからと言って受け入れた。なぜ?
当時(中世)はカトリックが国教だったスウェーデンは、ローマ法王からお墨付きをもらって近隣の東欧やロシアを侵略した。その時代の軍旗が現在の国旗になっているのに。

 この後、表参道のラルフローレンに寄った。こちらはアメリカン・トラディショナル(American traditional)の代表的存在で、とってもハイプライス(high price)。イケアとラルフローレンは対照的な戦略価格だが、ともに外資100%で日本に切り込んできた。

(チビの日記!!チビの独り言 7) 平成18年4月22日
[PR]

by chibi-papa | 2006-04-22 20:27 | チビの独り言  

都電でゆっくりと(43) 18・04・15

e0031605_20302697.jpg

大隈会館・早稲田大学(最寄の停留所:早稲田)

 大隈重信は明治7年(1874)に早稲田に別邸を構えた。大隈庭園は高松藩の下屋敷にあった名園を大隈重信が改造したもので、没後の大正12年に早稲田大学に寄贈した。その大隈庭園は生憎(あいにく)閉園日だった。四季折々の草花が美しいという庭園に入れなくて残念!せめて大隈会館から庭園の方に向けてハイ・ポーズ。
 都電に乗った。チンチン電車と言った。発進する時、今でも「チンチン」。その平均時速は14km。とってもロハス的。


大隈重信(天保9年-大正11年、1838-1922) : 佐賀藩士、政治家、教育者。第8代・第17代内閣総理大臣。東京専門学校(現:早稲田大学)の創立者。

大隈会館の奥というか新目白通りにリーガロイヤルホテル東京がそびえ建っている。このホテルを土地信託方式で建てたことにより、大隈会館の建設費用はその配当金で償還できるので、大学の資金にはほとんど頼らずに建設できたという。その仕組みとは・・・
①大学の土地を信託銀行に30年間信託する
②信託銀行はその土地にホテルを建設し、ホテル会社に賃貸する
③ホテル会社はホテルを経営し、信託銀行に賃借料を支払う
④信託銀行は大学に信託配当金を支払う
⑤大学はその信託配当金を大隈会館建設の借入金の返済に充てる
これで、30年経つと土地もホテルも大学の所有になる(大隈会館は最初から大学の所有)

都電・荒川線 : この線はもともと王子電気軌道㈱の路線で、そのほとんどが専用軌道上を走っていたため、都電が相次いで廃止されるなか唯一この荒川線(早稲田~三ノ輪橋)だけが生き残った。
停留所数30、路線距離12kmを1両のワンマン運転で50分かけて走る。軌間は1m37cmの偏軌。都電全盛期(昭和30年代)の主力形式の6000形は飛鳥山公園に静態保存されている。

早稲田(大隈会館)→面影橋→学習院下→鬼子母神前→雑司ヶ谷→東池袋4丁目→向原→大塚駅前→巣鴨新田→庚申塚(とげぬき地蔵)→新庚申塚(染井霊園)

e0031605_20304040.jpg

おばあちゃんの原宿・巣鴨とげぬき地蔵(最寄の停留所:庚申塚)

 境内のパンジー(三色菫)が綺麗だね。パンジーの蕾は下を向く、その形が頭を垂れ物思う姿に似ているので、パンセ(フランス語で考える)から名づけられた。
 フランスのパスカルの「パンセ」の中に「人間は考える葦である」という有名な言葉がある。猫のボクだっていろいろ考えてるよ!


パスカル : (1623~1662 享年39)フランスの哲学者、数学者、物理学者。パスカルの死後、遺稿が整理されて出版されたのが「パンセ」で、「人間は考える葦である」とか「クレオパトラ(Kleopatra)の鼻がもう少し低かったら、大地の全表面は変わっていたであろう」などの引用句が多い。

パスカルは、流体静力学の基本原理であるパスカルの原理、三角形の内角の和は180°であることや、1からnまでの和は、(1+n)×n÷2であることを証明した。
圧力の単位としてのパスカル(Pa)はパスカルの原理に因んでいる。台風の中心気圧としてヘストパスカル(hPa)が使われている。

e0031605_20305549.jpg

ソメイヨシノの里・染井霊園(最寄の停留所:新庚申塚)

 明治以前からこの地には植木屋が多く、ソメイヨシノのソメイはここの地名をとった。近くの染井吉野児童遊園には、ソメイヨシノの元となった大島桜と江戸彼岸桜が植えられている。

今や桜の代名詞となったソメイヨシノは江戸時代末期に染井村の植木屋から吉野桜として売り出された。吉野桜だとヤマザクラと間違われるので、地名の染井を加えてソメイヨシノと呼ばれるようになった。
この吉野桜は大島桜と江戸彼岸桜を交配してつくりだされたことが、のちの調査でわかった。ちなみに、アメリカのポトマック(Potomac)河畔の桜もソメイヨシノ。

ソメイヨシノの寿命は短く60年程度。戦後植えられたソメイヨシノはそろそろ寿命が来ている。
一代雑種のため自家交配では結実しない。人の手で挿し木、接ぎ木で増やしていったもので、全てのソメイヨシノが一本のソメイヨシノからのクローンと言える。このことが一斉にパッと咲いてパッと散る理由になっている。

(チビの日記!!チビのお出かけ 43)
・・・ロハス的な生活(健康で持続可能性の高いライフスタイル)を心がけていきたい・・・
[PR]

by chibi-papa | 2006-04-15 20:39 | チビのお出かけ  

黄色信号 ( 独り言 6 )

e0031605_17524514.jpg
昭和記念公園・まっ黄色に染まった連翹

 連翹(レンギョウ)は3月25日頃から4月20日頃、暖かくなると咲くモクセイ科の落葉性低木。羽のような4つの花弁が細長い枝の根元の方から枝先までびっしり連なってるので、黄金の噴水のようにも見えるニャ~。
 『 連翹の 黄は近づいて みたき色 (稲畑汀子)だけど、花言葉は「集中力」。もしかして、黄色は注意信号だから情報収集に集中せよ!ということかニャ~。世の中の大きな動きに注意するようにしよう。


長さ2cmの小卵形の果実の種子の連なり方が婦人の頭の羽飾り(翹)に似ているので連翹の名が付いたという。
堯は人名で「たかし」と読むが「人の注意を引くほどに高い」の意味があり、これに羽が付いた翹で「婦人の頭の羽飾り」のことになる。

高村光太郎は死別した妻・智恵子を投影しているかのように連翹の花をこよなく愛した。一週間前の4月2日は光太郎の命日。連翹忌という。ついでに太宰治の命日は桜桃忌。

(チビの日記!!チビの独り言 6) 平成18年4月9日
[PR]

by chibi-papa | 2006-04-09 17:53 | チビの独り言  

桜丘町のさくら ( 独り言 6 )

e0031605_218391.jpg

 散りゆく桜の中、猿楽小学校鼓笛隊の演奏で「渋谷さくらフェスタ2006」が開催された。ここら一帯(渋谷南部丘陵)は桜の木が多かったが、昭和20年のアメリカ軍の無差別空襲で灰塵(はいじん)と化してしまった。その後、桜丘町のここだけは桜が復活したが、これを丘全体に広げようと現在取り組んでいるという。

さくら咲き いろんな人と 出会いあり  (チビ)
  
気をもらい 散りゆく花に ありがとう  (チビ)

残念なことに主催者代表は「渋谷」の発音を第1音にアクセントを置いた苗字の渋谷で挨拶していた。通常、地名は平坦に発音するもの。

(チビの日記!!チビの独り言 5) 平成18年4月7日
[PR]

by chibi-papa | 2006-04-07 17:55 | チビの独り言  

茂原公園の桜(42) 18・04・02 

e0031605_20273312.jpg
弁財天の桜

 千葉県茂原市の茂原公園。もともと用水池として造られた池(弁天湖)を中心に2,850本の桜が笑っている。弁天湖の中央の茂原弁財天のある島には赤いアーチ橋が架かっている。

e0031605_20275049.jpg
弁天湖畔の桜

 (財)日本さくらの会から「日本さくらの名所百選」に選ばれただけあって見事だニャ~!山の上には展望台があり、眼下には桜、さくら。

名所百選の選定基準は次のとおり。
1、さくらの名所としての知名度が高い
2、比較的健全な成木である
3、花見客が多い
4、保護管理体制が整っている
5、由緒がある
6、さくらが周辺の環境と調和している
7、成木の植栽本数が多い
8、単木の名木は対象外とする
9、一都道府県に最低一ヶ所を選定する。
これにより、千葉県内では清水公園、茂原公園、泉自然公園の3ヶ所が選ばれている。東京は5ヶ所で、上野公園、新宿御苑、隅田公園、小金井公園、井ノ頭公園。
千鳥ヶ淵が選ばれなかったのは老木が多いからだろう。

 公園に隣接して藻原寺がある。日蓮が開基した古刹で、身延山(ミノブサン)に対し東身延と呼ばれている。

開基(カイキ) : 寺院を創立すること。
古刹(コサツ) : 古い由緒のある寺。

e0031605_2028233.jpg
藻原寺(ソウゲンジ)本堂

 今日は「花まつり」。これからお稚児行道(オチゴギョウドウ)が始まる。ボク、9才。お稚児行列に参加したいニャ~!
 チビは人間に換算したら52才、お稚児じゃないからダメだよ(猫9才=20+(9-1)×4=人間52才)
  
 ほら!高さが24mの宝塔式山門は、まるで竜宮城への入口みたいだね。


茂原と藻原 : 茂原の地名は平安時代に置かれた藤原氏の荘園「藻原荘」に由来している。江戸時代に現在の茂原という文字に変わったが、藻原寺の藻原はそのまま今日に至っている(藻は音読みでは「ソウ」、訓読みでは「も」なので、藻原は「もばら」とも読める)

e0031605_20284292.jpg
藻原寺参道の桜

 参道の入口に貯水塔がある。このあたりの水質が悪かったので、藻原寺裏の湧き水を引く工事を苦労して完成させ、以後80年間利用したとある。西町水道保存会では先人の遺徳を後世に伝えようと、貯水塔を保存している。

(チビの日記!!チビのお出かけ 42)
・・・ロハス的な生活(健康で持続可能性の高いライフスタイル)を心がけていきたい・・・
[PR]

by chibi-papa | 2006-04-02 00:00 | チビのお出かけ  

♪ 14 花 18・04・01

e0031605_20164995.jpg
隅田公園の墨提さくらまつり

見渡せば 花が鳴るなり 隅田川 波動に釣られ 心も躍る (チビ)

吾妻橋から桜橋にいたる隅田川の両岸に、棚引く二筋の花の雲。雲に乗りたいニャ~。

♪ 花
〔作詞〕 武島 羽衣 〔作曲〕 滝 廉太郎 (明治33年、1900年)
(一)
春の麗らの 隅田川
上り下りの 船人が   
櫂の雫も 花と散る
眺めを何に 譬うべき


春の麗らの隅田川、上り下りの船人の櫂(カイ)から滴り落ちる雫(シズク、国字)も花のように散る。この全一体の素晴らしい眺めを何に譬えることができようか、いや譬える(タトえる)ことができない。

・ 「櫂の雫も花と散る」の背景となっている歌
「春の日の 麗らにさして 行く船は 棹(サオ)の雫も 花ぞ散りける」 (源氏物語)

2つの桜まつり : 川を挟んで区が違うため、墨田区側の隅田公園では「墨提(ぼくてい)さくらまつり」が、台東区側の隅田公園では「隅田公園桜まつり」がそれぞれ開催されている。4月9日まで。

 隅田川の堤(土手)は墨堤(ぼくてい)といわれ、隅田川のことを墨田川とも。また、濹とも書く。サンズイに墨で隅田川とは洒落ている。
昭和22年(本所区と向島区が合併して墨田区となった)当時、当用漢字に「隅」という字はなかったため、隅田区でなく墨田区となった。。

e0031605_4292718.jpg
花の下での宴会、歌がでる ラーララン

川縁(カワベリ)に 織りなす錦 歌となる 春の麗の 隅田川かな (チビ)

(二)
見ずや曙 露浴びて
我にもの言う 桜木を
見ずや夕暮れ 手を伸べて
我差し招く 青柳を


ご覧なさい、曙に朝露を浴びて、私たちに話しかける桜の木を。 ご覧なさい、夕暮れに細い枝を差し出して私たちを招く青柳(青々と茂った柳、季語:春)を。

「見ずや」の「ず」は否定で、「や」は反語。なので、「見ないのですか、さあ、見てご覧なさい」という意味。


・ 二番の「桜木」「青柳」や三番の「錦織りなす」の背景となっている歌
「 見渡せば 柳桜を こき混ぜて 都ぞ春の 錦なりける 」(古今集)

e0031605_2020435.jpg
ボンボリに うかぶ夜桜

墨堤を 漫ろ歩きと 洒落てみる 朧月夜に ボンボリゆらり (チビ)

(三)
錦織りなす 長堤(チョウテイ)
暮るれば昇る 朧月
実に(ゲに)一刻も 千金の
眺めを何に 譬うべき


桜と柳が春の錦を織り上げる隅田川の長い堤に、日が暮れると昇る朧月(おぼろづき)。本当に一刻が千金もの価値がある。この眺めを何に譬えることができようか。いや、譬えることができない。

・ 「朧月」や「一刻も千金の」の背景となっている漢詩
春宵一刻値千金
花有淸香月有陰
歌管楼台声細細
鞦韆院落夜沈沈
(蘇軾 そしょく 1036~1101 北宋の文人、日本でいえば平安中期から後期の人)
(読み)                      
しゅんしょう いっこく あたい せんきん
はなに せいかあり つきに かげあり   
かかん ろうだい こえ さいさい
しゅうせん いんらく よる ちんちん

(意訳)
春の夜はわずかな時間でも価値があり    
花には清らかな香りがあり、月は朧月
歌声と楽器の音色が、高殿(楼台)から微かに聞こえてきて
昼間は賑やかだったブランコ(鞦韆)のある中庭(院落)に、夜は静かに更けていく

 自然が織りなす錦には、春の錦と秋の錦がある。秋の錦は もみじ(濃紅)と松(濃緑)であるが、春の錦はというと、桜(薄紅)と柳(薄緑)で錦を織りなしている。
 「錦の御旗」の錦は金と銀で、金色の日像と銀色の月像(がっぞう)をいう。

(チビの日記!!チビの愛唱歌 14)
[PR]

by chibi-papa | 2006-04-01 20:41 | チビの愛唱歌