<   2005年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

(24)17・09・25 鉄砲組百人隊

e0031605_1118575.jpg
百人町の皆中(カイチュウ)稲荷神社

 ここら一帯に居を構えていた鉄砲組百人隊は、江戸城大手三之門を警備していて、将軍が日光東照宮参詣をする際にも護衛をしていた。

参詣には日光街道の脇街道である日光御成道(にっこうおなりみち、岩槻街道ともいう)を利用した。

 突然、江戸時代にタイムスリップ(time+slip)。鉄砲隊に囲まれた!皆中稲荷の皆中は「みなあたる」の意味。肩に貝役と書いてあるのは法螺貝(ホラガイ)を吹く役割の武士。これは、かなりヤバイことになったぞ!見つかる前に逃げるとするか。


e0031605_11352788.jpg
奉納出陣式

 火縄銃を携(タズサ)えた鉄砲隊が古式に則(ノット)り、出陣の儀(新宿区無形民俗文化財に登録)がとり行なわれた。
 逃げる間もなく、バババァーン。閃光が走り、一面に白煙が・・・
 とっさにバッグの中に身を隠した。「皆中、みなあたる」はずの弾丸も、ボクの素早さには通用しなかった。


e0031605_11202375.jpg
街中に出て、連射

 今度は、鉄砲隊の後ろに廻ってバッグの中から覗(ノゾ)いた。
 一番隊の射撃が終わり、次に備えてすぐ装填(ソウテン)
 二番隊が射撃。やはりあたり一帯、白煙が・・・
 その後ろの三番隊は準備完了。
 バババァーン。台風17号(サオラー)を追い払うかのように、何度も何度も銃声が鳴り響いた。


台風の名前:気象庁では毎年、台風の発生順に番号をつけているが、平成12年から日本など14の国・地域が加盟している台風委員会で名前を付けることになった。そして、それぞれが10個ずつ名前を出して140個の名前を順番に用いていく(台風の年間発生数は27個位なので、概ね5年間で台風の名前が一巡することになる)
台風委員会のメンバーはカンボジア、中国、北朝鮮、香港、日本、ラオス、マカオ、マレーシア、ミクロネシア、フィリピン、韓国、タイ、アメリカ、ベトナムで、日本からは星座の中から天秤、山羊、兎、旗魚(カジキ)、冠、鯨、コップ、コンパス、蜥蜴(トカゲ)、鷲を選んだ。
サオラーはベトナムが命名した140番目(一巡目の最後)の名前で、最近見つかった動物の名前とのこと。
共通の名前にして、台風防災に少しでも役立てばいいニャ~。

(チビの日記!!チビのお出かけ 24)
[PR]

by chibi-papa | 2005-09-25 11:25 | チビのお出かけ  

♪9 村祭 17・09・18

e0031605_16375334.jpg
熊野神社の山車

♪ 村祭 
〔作詞〕 不 詳 〔作曲〕 南 能衛  (明治45年、1912年)
一、    
村の鎮守(チンジュ)の神様の
今日はめでたい御祭日
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ 
朝から聞こえる笛太鼓


e0031605_1638275.jpg
大宮八幡参道

二、
年も豊年満作で
村は総出の大祭
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ 
夜まで賑わう宮の森


e0031605_163854100.jpg
反省!にあらず

 何をそこで反省しているの?そんなことをしているからお猿さんに間違われちゃうんだよ!

 食料自給率アップを祈願していたんだい。40%になちゃって本当に心配だニャ~!ボクの餌も心配だし~。

 ニャンコがそんなこと心配しているの~?


 ここしばらくは、あちこちでワッショイ!ワッショイ!

三、
治まる御代に神様の
恵み仰ぐや村祭
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
聞いても心が勇み立つ
 

 食料自給率の分子は国産熱量(国民1人1日当り)、分母は供給熱量(国民1人1日当り)で、(1,029kcal÷2,588kcal)×100=40%と我が国は先進国の中で最低。因みにフランスは140%ですニョ~。パパは不安を感じニャいの?
 それに、食料の生産には多量の水が必要なんだよ。食料の輸入ということは水が少ない国から水を輸入していること同じなんだニョ~。

 そうだね。秋祭りの時は豊年満作に感謝するとともに、農業政策のことを考えてみようね。


バーチャルウォーター(virtual water 仮想水) : 我が国が輸入する食料、たとえば小麦1kg作るのに水は2t、牛肉1kgには20tもの水が必要だという。こうした輸入される食料の生産に使われている水のこと。
この点に注目すると我が国は大量の水を食料で輸入していることになる(食料の輸入で200億トンの水を節約した計算になる)
食料輸出の形でバーチャルウォーターを輸出する側の国は必ずしも水資源に余裕があるとは限らないが、農産物を外貨獲得のため輸出せざるを得ない状況下で水の需給バランスが崩れていく。

牛肉 : 特に水の消費量が多いのが牛肉。牛が飲む水の他に、玉蜀黍(とうもろこし)などの穀物の栽培にも大量の水が必要になる。牛一頭を育てるのに我が国では6,540トン(2リットルのペットボトル327万本分)の水が必要になる。
月見蕎麦1杯:750リットル(375本分)、チーズバーガー1個:1,050リットル(525本分)を食べ残したり、作り過ぎたりするだけで大量の水が無駄になってしまう。

(チビの日記!!チビの愛唱歌 9)
[PR]

by chibi-papa | 2005-09-18 00:00 | チビの愛唱歌  

(23) 17・09・17 平山城址公園

e0031605_352660.jpg
雑木林の丘陵の様相を残している公園

 京王線平山城址公園駅、下車して20分程のこの辺りは八百年前、源氏の平山季重の居住地であったという。城があったわけではない。なんかネーミングに騙された感じがするニャ~。

平山季重(ヒラヤマ スエシゲ、1140~1212) : 平山郷(日野市平山)を本領とする武士で、上皇や法皇を警護していた。源義朝(源頼朝の父)の代から源氏に仕えて保元ノ乱(1156)や平治ノ乱(1159)にも従軍した。源平合戦では源義経に従って奇襲部隊に参加し、熊谷直実(クマガイ ナオザネ)と共に一ノ谷の合戦(1184)で先陣争いをした。
屋島ノ戦い、壇ノ浦の戦いでも常に先陣を切って勇猛果敢に戦った。後白河法皇によって右衛門尉(ウエモンのジョウ)に任官したことに源頼朝の怒りを買った。その後、許されて鎌倉幕府の元老として取り立てられた。源実朝(第3代将軍)の誕生(1192)の際、鳴弦ノ儀(メイゲンノギ、弓に矢を番えずに弦を引き音を鳴らす儀礼)の大役を務めた。

e0031605_354995.jpg
薬用植物園の温室

 東京薬科大学は公園に隣接している。いつの間にか大学の敷地内に入り込んでしまった。
 薬用植物園の温室、見本園、自然観察路は来訪者に開放されている。薬用植物園の歴史は70年以上になるそうで、昔、新宿にあったのを小金井に、さらに昭和51年にここに移ったんだって。


e0031605_38156.jpg
睡蓮に覆われた池

 大学の正門近くに池がある。睡蓮(スイレン)に覆われた池に佇みながらボクは考えた。一週間前の第44回衆議院総選挙(9月11日)は一体何だったんだろうかと。
 実にバカバカしく且つ危険な郵政民営化法案を人々はご存知の上で、自民党を勝たせたんだろうか?小泉マジックを見抜けない国民がなさけないのか?

 自民党内で郵政民営化に反対した議員は除名されただけでなく、選挙に刺客を送られた。組織の指導者(小泉純一郎総理)の考えに反対したら抹殺される。その動きに対し世論は反発するどころかむしろ喝采した。これは民主主義の根底を揺るがすことになる。


郵政民営化法案 : 公共性の事業を「民に出来ることは民に、官でなければ出来ないことは官に」という視点から議論すべきだった。単に「民に出来ることは民に」だけではダメなのです。この法案のことだけで自民党を勝たせたことが 『 うっかり1票、がっかり4年 』 ということになるのでは。

民営化による危惧 : アメリカ財務省証券(米国債)の買い支えなどのため郵便貯金や簡易保険の資金340兆円をアメリカに差し出すことになると、日本国内で償還期が到来する日本国債をファイナンスできなくなってしまう。そうなったらがっかり4年どころの騒ぎではない。

このまま新自由主義に基づく市場原理主義経済を推し進めていったら、と思うと空恐ろしくなる。これは改革に名をかりた破壊にすぎない。小泉純一郎総理は語り口は秀逸だが、方向性が間違っている。小泉マジックを見破って早く方向転換しないと、その先には悲劇が口を開けて待っていることになる。

改革と いうから乗ったら ファシズム その手は桑名の焼蛤 (チビ)

(ハマグリ) : 「その手は桑名の焼蛤」は江戸時代に流行した「付け足し言葉」。 

(チビの日記!!チビのお出かけ 23)
[PR]

by chibi-papa | 2005-09-17 00:00 | チビのお出かけ  

青梅街道(22)17・09・10 

e0031605_10371.jpg
宝仙寺、本堂(鎌倉期の不動明王を安置)
 
 青梅街道は江戸城の白壁に必要な石灰を青梅から運ぶために整備された街道。
 丸の内線中野坂上駅の近くの宝仙寺。本堂の手前には飛鳥様式の三重塔がある。そして明治28年から中野町役場、昭和11年まで中野区役所がここの境内に置かれていたことを示す石碑がある。


中野区と杉並区はかつての東多摩(明治11年発足、郡役所は中野村)であった。その後、明治29年に南島郡(郡役所は内藤新宿)と統合して豊多摩郡(郡役所は淀橋)となり、さらに大正15年に郡役所が廃止された。そして、昭和7年に中野区、杉並区、渋谷区、淀橋区が誕生。なお、淀橋区は昭和22年に牛込区、四谷区と合併し新宿区となる。

e0031605_105267.jpg
蚕糸ノ森公園の桑

 東高円寺駅(杉並区)を出るとそこは蚕糸ノ森公園(サンシのモリ コウエン)。

パパ : 蚕糸試験場を筑波学園都市に移した(昭和55年)跡地を公園にしたんだよ。煉瓦造りの正門が残されていて、その名残りをとどめているね。

チビ : 筑波には先週行ったニャ~。

パパ : 蚕糸(サンシ)とはね、蚕(カイコ)の繭(マユ)からとった絹糸のことで、蚕はチビの後ろにある桑(クワ)の葉を食べて、蛹(サナギ)になるんだよ。

チビ : ニャ~?

 蚕は家畜化された昆虫で、野生回帰能力を完全に失っている。家畜として扱われるので、一匹、二匹でなく一頭、二頭と数える。卵から孵化するとイモムシ型になり、やがて蛹となって口から絹糸を出して頭部を字型に動かしながら米俵型の繭を作り、その中に籠る。
 絹糸は絹糸腺(ケンシ セン、唾液腺が変化した器官)で作られる。そこには糸の元になる蛋白質が詰まっていて、これを吐き切らないとアミノ酸過剰状態になり死んでしまうので、蚕は歩きながらでも糸を吐いて繭を作る。だから繭は一本の糸からできている。 
 一本の糸からできているが蚕が息継ぎの時に微妙に変形することから、絹織物を着ると微かな衣擦れの音がする。絹を取りだすには繭を丸ごと茹で、ほぐれてきた糸を寄り合わせる。絹を取った後の蛹は熱で死んでいるが、鯉や鶏の餌として利用する。
 絹を取り出さないままの蛹はやがて蛾になって、10日ほどで約5百粒の卵を産む。

現在のセシオン杉並(平成元年開館)の所にあった杉並第十小学校が隣地の試験場跡地に移転してきた。地域に開かれた小学校という趣旨から、小学校の校庭と公園の運動広場が共用されている。因みにセシオンとはスペイン語で「出会い」という意味。

e0031605_124582.jpg
チャンドラ・ボースの胸像

 インド独立運動の志士・チャンドラ・ボースの遺骨が、蓮光寺に仮安置されている。

 インドの国会議事堂の正面にはボースの肖像画が(左右にはネールとガンジー)掲げられているんだって。
 インドでは超有名人なんだニャ。


 ネタージ(指導者)という敬称で呼ばれるチャンドラ・ボースは、1897年、イギリス領インドに生まれた。カルカッタ(現在のコルカタ)の大学を卒業後、イギリスのケンブリッジ大学に留学。33歳でカルカッタ市長に選出されたが、独立志向を危惧したイギリスの植民地政府の手により職を追われた。その後、即時独立を求める急進派として活動する。
 第二次世界大戦が勃発(1939年)すると、ドイツのベルリンから反英ラジオ放送を開始。やがて日本がイギリスに対し戦端を開く(1941年)と日本に協力を求め、インド洋でドイツ海軍のUボートから日本海軍の潜水艦に乗り換えて東京に到着した。日本軍がイギリス領のシンガポールや香港などを攻略した際に捕虜(英印軍)の内、インド兵で「インド国民軍」を結成、その最高司令官に就任し独立を目指した。
 1945年8月15日、日本敗戦によりそれが叶わなくなり、反英の拠点をソ連に移そうと終戦の3日後、台湾から日本軍の爆撃機で飛び立とうとしたが離陸に失敗し亡くなった。享年48。臨終の言葉「インドは自由になるだろう。そして永遠に自由だ」のとおり、2年後の1947年、インドは独立を勝ち取ったのであった。

インドの独立運動に貢献したビハリー・ボースとは友人だが別人。ビハリー・ボースは中村屋にインドカリーを伝えたことから、区別するため「中村屋のボース」とも呼ばれている。

(チビの日記!!チビのお出かけ 22)




[PR]

by chibi-papa | 2005-09-10 00:00 | チビのお出かけ  

筑波エクスプレス(21)17・09・03 

e0031605_1993382.jpg
筑波中央公園

 8月24日に開業したばっかりの「筑波エクスプレス」(TX快速)に乗って、秋葉原から筑波研究学園都市の筑波(つくば)へ。たった45分。早いニャ~!
 都心から60kmに科学技術の振興と東京の過密対策として、昭和45年に研究学園都市建設法が制定され整備されたんだ!


 筑波エクスプレスが開業する前、筑波に行くには、JR常磐線・荒川沖駅で下車してタクシーで行ったもんだ。

e0031605_1973594.jpg
筑波エクスポセンターのロケット

 研究学園都市だけあって、宇宙ロケット(space rocket)があるよ!
 ボクもいつか野口聡一さんみたいに大空に飛び出してみたいな。猫の宇宙飛行士第1号?になったりして!
 それ、妄想!ところで、筑波市が町村合併によって誕生したのは昭和62年だから、もう約20年になるんだね。


実験用ロケットはペンシルロケットから始まった。糸川英夫が主導したもので、全長23センチ、直径1、8センチ、重量190グラム(まさに鉛筆に毛が生えた程度)のロケットが昭和30年4月、秒読みに続いて水平発射し成功した。同年8月上旬、秋田・道川海岸(秋田ロケット実験場)で、いよいよ上空に向けて斜め上方に打ち上げる実験を行った。そして8月下旬からは、ベビーロケット(全長124センチ)に受け継がれた。その後、カッパロケット、ラムダロケット(全長16、5メートル)と大型化し、昭和45年(1970)日本初の人工衛星「大隅」の打ち上げに成功した(ソ連、アメリカ、フランスに続いた)

e0031605_19101993.jpg
みらい平駅で途中下車

 帰途、TX開業記念のイベントを開催している、みらい平(ミライダイラ)駅にて途中下車する。立派な駅舎の他は、見渡す限りの田園風景。快速だとこの駅には止まらないので、区快に乗った。区快って区間快速の略だってさ。

(チビの日記!!チビのお出かけ 21)
[PR]

by chibi-papa | 2005-09-03 19:13 | チビのお出かけ