<   2004年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

(8) 16・10・31 布多天神、青渭神社

e0031605_16343196.jpg
布多天神(フダ テンジン)

 京王線・調布駅下車。

 布多天神の臥せ牛(フセウシ)は大きい。
 
 天神様につきものの牛の像は、牛を大事にした菅原道真の死に際して柩車(キュウシャ)の牛が悲しんで、臥(フ)して動かなくなった様を表している。

 調布不動尊に寄る。
 中央高速を潜って坂を上っていくと舌状台地が見える。

e0031605_1635347.jpg
青渭神社(アオイ ジンジャ)

 (サンズイ)に胃とは珍しい漢字だニャ~。
 この青渭神社の境内には調布市の天然記念物となっている幹が5、5m 高さ34mの欅(ケヤキ、木偏に挙は俗字)がある。


チビところで、青渭神社の神様は留守なのかニャ~。
パパ居るに決まってるでしょ。

チビだって、今月は旧暦でいうと神無月だニョ。一年の事を話し合うため全国の神様が出雲大社に行ちゃうからさ。
パパ十月に出雲以外には神様がいなくなると言われているのは、後付けの俗説だよ。出雲大社の御師(オンシ、参拝や宿泊などの世話をする者)が 「出雲は神在月にした方が参拝者が来るだろう」 との宣伝が全国に広まったんだ。

チビ「出雲は神在月、出雲以外は神無月」 か、上手いこと考えたニャ~。
パパ「の」 という助詞に 「無」 という字を当てたもので、神無月は 「神の月」 ということなんだ。同じように水無月は 「水の月」 ということ。

チビそうか~。6月を水無月というけれど、水が無くなるどころか梅雨の時期で長雨が続くもんね。
パパ布多天神も青渭神社も神様は留守なんかしていない。だから心配することはないよ。チビが祈ったことは、きっと聞き届けてくれるよ。

チビどうか 「チビの日記!!」 が少しでも世の中の癒しになりますように。

胃に付いた様々な篇。その場合の胃は音符(イ)にすぎない。
・ごんべん → 謂 : いう、おもう
・さんずい → 渭 : 流れ行く
・むしへん、けものへん → 蝟=猬 : 針鼠(ハリネズミ)
・いとへん → 緭 : きぬ、ひも、うちひも

e0031605_16351965.jpg
神代水生植物園(ジンダイ スイセイショクブツエン)

 ここは湿地帯で水生植物が茂っているが、左奥は舌状台地(ゼツジョウ ダイチ)の先端部分で、そこにはかつて深大寺城跡があった。土塁や掘が復元されているが、深大寺城が初めて築かれた時期や築城者は定かでない。

 深大寺に寄る。

(チビの日記!!チビのお出かけ 8)
[PR]

by chibi-papa | 2004-10-31 00:00 | チビのお出かけ  

♪2 夕焼け小焼け 16・10・17

e0031605_13464531.jpg
夕焼け小焼け橋にて

 「第1回夕焼け小焼け音楽祭」は八王子市が地元出身の作詞家・中村雨紅(ナカムラ ウコウ)を記念して造られた「夕やけ小やけふれあいの里」(八王子市上恩方町2030、陣馬街道沿いにある)で行われた。
 中村雨紅展示ホールはもとより、キャンプ場やふれあい牧場もある。


中村雨紅(明治30年~昭和47年) : 詩人・童謡作家。青山師範学校卒業後、初めての赴任先が現在の荒川区立第二日暮里小学校(夕焼け小焼けの記念碑がある)で、2年後には第三日暮里小学校(夕焼け小焼けの記念塔がある)に転勤。その後、野口雨情に師事し、「雨」の一字を貰い、雨紅と称した。昭和24年に教師を退職。享年75。生まれ故郷の恩方町(おんがたまち)に眠る。

e0031605_13491040.jpg
ギャラリーにて

 ♪夕焼け小焼け 
 〔作詞〕 中村雨紅  〔作曲〕 草川 信  (大正12年、1923年)

   一、
   夕焼小焼で日が暮れて
  山のお寺の鐘がなる
  お手手つないで皆帰ろ
  烏と一緒に帰りましょ


 〔英訳詞〕 B.Ito
It's about time of sunset and it's getting dark
The bell is ringing at the temple in the mountains.
Everybody, let's go home hands in hands.
Crows are also going back to their own nests.

「夕焼け小焼け」という言葉は、「夕焼け小焼け、あした天気になぁ~れ」から取ったもの。

「夕焼け小焼け」の「小焼け」とは : 「夕焼け→小焼け→日暮れ→鐘の音」と時間の流れで捉えると分かりやすい。小焼けとは、太陽の沈んだ後、暗くなる前に西の空に赤みが残る様を表している。 

e0031605_13493949.jpg
木道を通って温室に向かう

  二、
  子供が帰った後からは
 まるい大きなお月さま
 小鳥が夢を見る頃は
 空にはキラキラ金の星


After the children have gone home,
Out comes a very big round moon.
About the time when little birds start dreaming,
You will see some golden stars twinkling in the sky.

一番と二番の間に間奏が入る。帰りの道すがらを思い起こしてみましょう。子供の頃に帰りましょう。重要な個所なので、演奏者はここの間奏(ダルセーニョ、フェルマータ)を省かないでね。

 田舎の夕暮れ時を叙情的に捉えたこの歌に日本人の原風景が見える。

 行きも帰りもボンネットバスの「夕やけ小やけ号」に当らなかったのが、ちょっと残念。


京王八王子駅と陣馬高原下を結んでいるボンネットバスは昭和42年いすゞ製。既に40年近く走っている。骨董品なので、いつ運行終了してしまうかも分からない。一度乗ってみたかったニャ~。

原詩『夕焼小焼』

夕焼小焼で日が暮れて
 山のお寺の鐘が鳴り
 小鳥は森へ皆帰る
 子供も急いで皆帰る。

子供が帰ると後からは
 円い大きな月が出る
 小鳥が夢を見る頃は
 空には金星銀の星。

歌詞の一番は「烏」で、二番は「小鳥」。原詩では共に「小鳥」になっている。
歌詞の一番で「烏と一緒に帰りましょ」となっていて、子供たちと帰る方向が一緒のよう。原詩では小鳥は森へ、子供たちは家へと、帰る方向が別。

(チビの日記!!チビの愛唱歌 2)
[PR]

by chibi-papa | 2004-10-17 00:00 | チビの愛唱歌  

♪ 1  月の沙漠 16・10・11

e0031605_13265949.jpg


チビ; あっ!駱駝(ラクダ)がいる!

パパ; 御宿(オンジュク)の浜辺に着想を得て、童謡「月の沙漠」は作詞されたんだよ!

チビ; 何で御宿海岸なのかニャ~?

パパ; 作詞をした加藤まさをは学生時代に結核を患って、御宿海岸で転地療養していたんだ。御宿の海岸の砂浜から沙漠をイメージしたのだろう(後年ここに引越し、晩年を御宿で過ごしたという)

e0031605_13265531.jpg


 ♪ 月の沙漠
 〔作詞〕 加藤まさを 〔作曲〕 佐々木すぐる (大正12年)

 月の沙漠を遥遥(ハルバル)
 旅の駱駝が行きました
 金と銀との鞍置いて
 二つ並んで行きました

 金の鞍には銀の甕(カメ)
 銀の鞍には金の甕
 二つの甕はそれぞれに
 紐で結んでありました

 先の鞍には王子様 
 後の鞍にはお姫様
 乗った二人はお揃いの
 白い上着を着てました

 広い沙漠を一筋に
 二人はどこへゆくのでしょう
 朧に煙る(ケブル)月の夜を
 対の駱駝はとぼとぼと

 沙丘を越えて行きました
 黙って、越えて行きました


 現実の砂漠を知らないがゆえにかえって、想像力豊かな感性で作り上げ幻想的で美しい童謡に仕上がっている(現実の砂漠では気象上の理由から月が朧にけぶることはないが)
 また、歌詞の内容からして 「沙漠の月」 なのに、それを 「月の沙漠」 としたところが、この童謡を一段と幻想的にしている。


(カメ) : 壺の大型のもの、容器、総画数は18画、部首は瓦(かわら)

e0031605_1328379.jpg

駱駝の頭に乗って、道案内を買って出ているつもりなの? ところでチビは行き先を知っているの?

 曇天の中を王子様とお姫様はどこへ行こうとしているのでしょうか。

 それは誰にも分からない。


加藤まさを(明治30年・1897~昭和52年・1977) : 挿絵を描く画家。大正12年(1923)に「月の沙漠」を作詞した。

佐々木すぐる(明治25年・1892~昭和41年・1966) : 作曲家。「お山の杉の子」などがある。校歌の作曲が多い。

(チビの日記!!チビの愛唱歌 ♪ 1 )
[PR]

by chibi-papa | 2004-10-11 00:00 | チビの愛唱歌  

房総半島・勝浦(7) 16・10・10 

e0031605_16581422.jpg
特急わかしお号

 オフシーズンなので列車はすいていた。チビ、おとなしくしていないと車掌さんに叱られるよ!嬉しくて嬉しくて我慢できないチビ。
 勝浦市は千葉県内では一番人口が少ない市だけど、朝市で有名だね。4百年以上の歴史を持ち、日本三大朝市の一つにあげられているんだ。


e0031605_1658474.jpg
漁船が一杯

 鰹の陸揚港、勝浦漁港に漁船がいっぱい!前日の台風22号の影響で、漁船が浜に引き上げられたままになっているのかな?
 台風22号はマーゴンと呼ばれ、伊豆半島に上陸し大きな被害を与えた後、関東地方を縦断して太平洋に抜けたが、台風一過とはいえ曇天(ドンテン)だった。


マーゴン : 香港が命名した116番目の台風の名前で、馬の鞍という山の名前。このように東南アジア、被害アジアの14の国・地域がそれぞれ10個ずつの名前を出して、順に台風に名前を付けている。

e0031605_16593839.jpg
覚翁寺の緑

 どこかに魚が落ちていないかなぁ~と歩いていたら、突き当たった覚翁寺(かくおうじ、植村家の菩提寺、植村家5代の宝筺印塔がある)の境内が、あまりにも綺麗なので、ここで記念写真。
 「魚より景色」。ホントだってば~。


宝筺印塔(ホウキョウイントウ) : 供養塔・墓塔として使われる仏塔の一種で、五輪塔の類。

① 初代・泰忠(ヤスタダ 1539~1611) : 三方ヶ原(ミカタ ガハラ)の戦いと小田原の役における岩槻城攻略で武功を挙げ、徳川家康から上総国夷隅郡勝浦3000石を賜り(後に2000石を加増された)勝浦城に入った。領民に市を開かせ、これが日本三大朝市の原点となった。

② 植村家2代目・泰勝(ヤスカツ 1578~1635) : 関が原の戦いで武功を挙げ、大阪夏の陣にも従軍した。1633年に4000石を加増され9000石になった。

③ 植村家3代目・泰朝(ヤストモ 1603~1663) : 浄林寺を移設して覚翁寺と改称し、菩提寺とした。大番頭(おおばんがしら)に昇進する。拠点を勝浦城から串浜陣屋に移す。

④ 植村家4代目・忠朝(タダトモ 1630~1696) : 2000石を加増され1万1000石の大名となる。勝浦藩・初代藩主。

⑤ 植村家5代目・正朝(マサトモ 1670~1729) : 勝浦藩・第二代藩主。弟に1000石を分与したため1万石となる。

⑥ 植村家6代目・恒朝(ツネトモ 1701~1755) : 勝浦藩・第三代藩主。 第九代将軍・徳川家重が治世の1751年、ある事件で家来の虚偽報告が発覚し改易となる。ここに約160年間に亘る植村氏による上総勝浦の支配は終わる。恒朝は改易されたため墓所は不明。江戸で埋葬されたようだ。


(チビの日記!!チビのお出かけ 7)
[PR]

by chibi-papa | 2004-10-10 00:00 | チビのお出かけ  

汐留、竹芝(6) 16・10・02 

e0031605_16304966.jpg
大江戸線汐留駅構内

 2年前に開業してまだ間もない汐留駅構内。植物が綺麗に植えられていて、とてもここが地下連絡通路とは思えないよ~。

e0031605_16303593.jpg
日本テレビ前

 ここの広場では、日本テレビのキャンペーンや大道芸人のアトラクション(attraction)をやってたりするよ。今年2月に日テレ開局50周年を機に麹町からここ汐留に移転してきた。

 それにしても、もっと有意義なテレビ番組を制作できないものなのかニャ~!そんな要求は無理かもしれない。報道の精神を忘れたテレビの情報は、操作されているので価値が低い。
 「やらせ」がすっごく多いし、映像=真実と錯覚させるように制作するからね。まあ、テレビをあまり見ないことだニャ~。
 極言すれば、テレビは洗脳装置なので、テレビは見てはいけないよ!
 それだけでなく、テレビをつけると放射線や磁力線が微量ながら出てくるので、見ないほうが良いに決まっている。だけど、どうしても見る時は離れて見てね。


e0031605_16305098.jpg
竹芝埠頭公園

 右に各国の国旗が見えるけど、あれは帆船のモニュメントだよ。
 アッ! マストにセーラー(sailor、船員)が立ってる~。よ~く見ると人形だニャ~ン。


セーラー服のデザインは、水兵が強い海風の中でも命令を聞き逃さないよう、襟を大きくして襟をすばやく手で立てられるようにした(襟に大きな耳の役割を持たせた)
大正時代、女学校で体操服として採用されたことから、いつしか女学生の制服となった。

 桟橋には三宅島や八丈島などへの伊豆諸島航路の船が停泊しているね。
 それともその先の小笠原諸島まで行く船なのかニャ~?とにかく東京都はとっても広いんだ~!

日本領土の最南端・沖ノ鳥島および最東端・南鳥島ともに東京都に属している(因みに最北端は北海道の択捉島、最西端は沖縄県の与那国島) 。
沖ノ鳥島は小笠原村の村役場がある父島から1,000km離れていて、面積は7.8km²と 思っていたより意外に広いが、満潮時には海面上に15㎝ほどの岩が二つ出るだけの無人島。でも、この島のお陰で、経済水域は40万km²も広くなっている。
南鳥島は父島から1,300km離れている1.5平方kmの島で、一般市民の定住者はいないが気象庁職員と海上自衛隊員が常駐している。明治24年から日本人が住んでいて、その2年後には南鳥島と命名され東京府小笠原支庁に編入されているのに、明治35年(1902)、アメリカがこれを領有しようとハワイから軍艦を出航させた。それを察知して我が方も軍艦を派遣し先に上陸、島で小競り合いになったが日本領として確定した。

最北端は北海道の択捉島(エトロフトウ)としておいたが、本来はもっと北の北、千島列島の最北端の占守島(シュムシュトウ)である。地図帳を見て下さい。日本とロシアの間には4本の国境線が引かれていて未だ確定していないのです。その4本とは、
 ① 樺太の北緯48°線
 ② 宗谷海峡
 ③ 択捉海峡
 ④ 占守島とカムチャッカ半島の間の海峡
①の国境線は明治37年の日露戦争で勝ち取った領土(ポーツマス条約)だから返すとすると②の宗谷岬と樺太の間の宗谷海峡が国境線ということになる。
 一方、③の択捉海峡は幕末の安政元年(1854年)日露和親条約で国後島、択捉島は日本と決まり、それ以北の千島列島は明治8年(1875年)の樺太・千島交換条約(サンクトペテルブルク条約)で占守島までが日本と決めた。この条約は共に戦争によるものではないので、太平洋戦争に負けたからといって取り上げられるものではない。それはカイロ宣言(昭和18年)、ポツダム宣言(昭和20年)でも明らかである。我が国はポツダム宣言を受諾して無条件降伏したのである。よって③でなく④が国境線であるべきはずである。
ところで昭和20年8月18日、突如、ソ連軍は国境線を越え占守島を不当に占領した(占守島ノ戦い)。その時の日本守備隊の奮戦で、ソ連軍の進攻が遅れ北海道を占領できなかった。北海道が本土と分離されなかったのは占守島守備隊23,000名のお陰である。
それにしても、歯舞、色丹はもともと北海道の島々なのだから未だにロシアが占拠しているのは道理がいかない。それに、北方四島(歯舞、色丹、国後、択捉)が戻ってくれば良いと考えること自体おかしい。あくまでも我が国の最北端は占守島である。

東京に核が持ち込まれる可能性がある。
戦後、アメリカの統治下にあった小笠原諸島の父島には昭和31年(1956)から40年(1965)にかけて核兵器が配備されていた。昭和43年(1968)に返還されるにあたって、これからも「緊急の場合は核兵器を持ち込むことを認める」という秘密内諾を与えている。この合意は継続しているようだ。だから今でも東京に核が持ち込まれる可能性がある。
昭和42年(1967)12月に佐藤栄作首相は、国会答弁で非核三原則を高らかに宣言したのにもかかわらず、その4ヵ月後にはこうした秘密合意をおこなっていた。
また、昭和47年(1972)の沖縄返還にあたっても密約があり、アメリカの利益を最大限尊重した佐藤栄作は、その恩恵により昭和49年(1974)ノーベル平和賞を受賞した。ノーベル平和賞ってそんなもんだ。

(チビの日記!!チビのお出かけ 6)
[PR]

by chibi-papa | 2004-10-02 00:00 | チビのお出かけ