(173) 20・11・02 湯島天神の菊

e0031605_16285321.jpg
大きな菊の懸崖(けんがい)

 菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を祓い(はらい)長命を願う風習が我が国に伝わり、平安時代には宮中行事となった。菊の意匠が皇室の紋章(16弁八重)とされている菊は、我が国の国花である。

菊正宗(兵庫・灘)、菊水(新潟・新発田)といった菊を冠した酒造メーカーがあるのも菊酒に由来があるようだ。因みに正宗→せいしゅう→せいしゅ→清酒で言葉遊び。
16弁一重の菊花紋章(きっかもんしょう)は旅券(パスポート)の意匠になっている。

 湯島天神の菊人形は毎年 NHKの大河ドラマを題材にしている。今年は「篤姫」(あつひめ)。第30回菊まつりは今月23日まで。

 大河ドラマはいよいよ佳境に入ってきた。前回は第14代将軍・徳川家茂(いえもち)が亡くなり、続いて第121代・孝明天皇まで崩御されるという内容だった。NHKの大河ドラマは歴史の真相を抉り(えぐり)出すものではないので、二人の死については何の疑問も向けられていない。しかし真相はどうも二人とも暗殺されたようだ。
 孝明天皇の死因は天然痘とされているが実は伊藤博文によって暗殺され(孝明天皇弑逆事件、しぎゃく じけん)睦仁(むつひと)親王が即位して明治天皇となる。そして明治天皇にすり替わったのが伊藤博文の子分・大室寅之祐(おおむろ とらのすけ、南朝の末裔?)なる者だったといわれている。
 背後にイギリスのロスチャイルドが見え隠れする。


徳川家茂 1866年8月29日死去 享年20 死因:脚気ないしリウマチといわれている
孝明天皇 1867年1月30日死去 享年35 死因:天然痘といわれている
大室寅之祐は神事・十種神寶御法(とくさかむたからノごほう)を相伝して明治天皇になったようなので皇位継承を容認できなくはないが、大正天皇以降(1912年)神事が途絶えている。相伝された者が百年間いないと復活できなくなってしまうといわれている。ということは2012年まであと4年ほど。日本の一大事、世界の一大事が刻々と迫っている。
日本をそして世界を救うため、どうか今上天皇(きんじょうてんのう、平成天皇のこと)は今すぐにでも十種神寶御法を相伝していただきたい。

(チビの日記!!チビのお出かけ 173 )
[PR]

by chibi-papa | 2008-11-02 16:36 | チビのお出かけ  

<< 東京時代まつり(174) 20... 大学院研修(6) >>