渋江陣屋跡(163)20・07・26 

e0031605_18215362.jpg
四ツ木・白髭神社(よつぎ しらひげじんじゃ)

 葛飾区四ツ木に渋江陣屋があったという。その陣屋は最盛期の安房(あわ)・里見氏が国府台合戦(こうのだい かっせん)の前に築いたといわれ、葛西城から直線距離にして2、5kmと目と鼻の先にある。本当に渋江陣屋は安房・里見氏の最前線基地だったのであろうか。
 もしそうだとすると、その二つの里見氏陣営が小田原北条氏(後北条氏)によって、まず渋江陣屋が攻め落され、さらに葛西城も攻め落とされ、葛西城は第一次・国府台合戦(1538)に向けて小田原北条氏の本陣にされてしまったのかもしれない。
 その後、渋江陣屋は第二次・国府台合戦(1564)で活躍した小田原北条氏の家臣・山中頼次の所領となった。

 渋江陣屋が築かれた年代は分かっていない。場所は四ツ木の白髭神社の辺りというので、兎に角、葛飾警察署近くの四ツ木・白髭神社に行ってみた。神社の周りを歩き回ったが陣屋があったという痕跡は何もなかった。


葛西城は室町時代初期に関東管領の上杉氏によって築かれた。その後、里見氏の所有になったかどうかは定かでないが、小田原北条氏の城になり、小田原北条氏が滅亡すると徳川家康によって修復され鷹狩りの際の宿舎(葛西御殿)として使用された。その葛西御殿は、明暦の大火によって江戸城が焼失したため江戸城に移築された。
葛西城については、平成19年10月14日の チビのお出かけ 128 を見てね。

山中頼次は北条綱高(ほうじょう つなたか)の家臣。北条綱高は三浦半島の付け根(大船)に位置する玉縄(たまなわ)城代で、北条五色備(ほうじょう ごしきぞなえ)の赤備え(あかぞなえ)を率いた。玉縄城の跡地は清泉女学院・中高になっている。

渋江陣屋は山中頼次(内匠助)の所領になってから築かれたのかもしれない。

葛飾警察署 : 昭和21年に創設され本田警察署と言った。しかし昭和40年の住居表示変更で本田を冠する町名がなくなったことと、本田を “ ほんでん ” と正しく読める人が少なくなったこと、それに署内で悪弊の「ヤミ給与事件」が発覚したことなどから、平成14年 葛飾警察署に改称してイメージ一新を図った。
亀有警察署(大正12年創設)は葛飾区全域を管轄することから昭和8年に葛飾警察署と改称されたが、昭和21年に葛飾区の南部地域を管轄する本田警察署が発足したことにより、再び亀有警察署に改称された。
大正12亀有警察署→昭和8葛飾警察署→昭和21亀有警察署(現在)
昭和21本田警察署→昭和40葛飾警察署(現在)

e0031605_18224892.jpg
本田消防署(ほんでん しょうぼうしょ)

 本田消防署で渋江陣屋のことを尋ねたが分からない。消防署の半鐘(はんしょう、火の見櫓の上に吊り下げる小形の鐘)のある櫓(やぐら)に登ったが分からない。

e0031605_18222550.jpg
渋江公園(しぶえ こうえん)

 渋江公園で聞き回わったが、誰も渋江陣屋のことを知らない。こんな時、頼りになる犬のお巡りさんがいてくれたらニャ~。

 「 陣屋どこ? 向日葵(ひまわり)が咲く 渋江かな 」 (チビ)

 ア~、どっこいしょ。今日は疲れたニャ~。アッ、今日は26日だから「風呂の日」だニャ~。帰ったら行水しよう~ット。行水といったら盥(たらい)なんだろうけれど、盥がないからポリバケツを出して~ット。

 「 盥から 盥に移る ちんぷんかん 」
 (一茶)

チビ; 一茶は盥を二つ置いて、行水のハシゴをしたのかニャ~。
パパ; 最初の盥は、産湯に浸かったことを言っていて、意味が深いんだよ。
チビ; ふ~ん。じゃあ次の盥は・・・分からないニャ~。やっぱりちんぷんかん。 It's Greek me.
パパ; もっと真剣に考えてよ!
チビ; ニャ~。

 「 御仏や 寝てござっても 花と銭 」 (一茶)
 「 飛べる蚤(のみ) 同じことなら 蓮の上 」 (一茶)
 「 美しや 障子の穴の 天の川 」  (一茶)
 「 痩せ蛙 負けるな一茶 ここにあり 」 (一茶)
 「 やれ打つな 蝿(はえ)が手を擦る 足を擦る 」 (一茶)
 「 我と来て 遊べや親の ない雀 」  (一茶)
 「 雀の子 そこ退けそこ退け お馬が通る 」 (一茶)

 「 風呂の日に 盥に代わり ポリバケツ 」 (チビ)
 「 捜せども 歩き疲れて ちんぷんかん 」 (チビ)

パパ; 一茶が言った「ちんぷんかん」の意味と全く違うちゅうの!

小林一茶(こばやし いっさ、1763~1828年) : 江戸時代・中期の俳諧師(はいかいし)。松尾芭蕉より120年ぐらい後の人。

ポリバケツ : ポリエチレンのバケツ。重合(ポリ)したエチレンを成型したバケツのこと。平成20年7月13日の チビのお出かけ 161 を見てね。

(たらい)という字は面白いね。象形文字そのものだね。タライの中に水が入ってるよ。
この5月にロシアの大統領がウラジーミル・プーチンからドミトリー・メドベージェフに交代したね。それに連動して、首相だったヴィクトル・ズブコフが政府系瓦斯会社ガスプロムの会長になった。そのガスプロムの前会長はメドベージェフ。まさに盥回しだね。
メドベージェフとズブロフの2人は、プーチンがサンクトペテルブルグ市長の顧問だった時の部下だった。完璧な盥回しだね。
・大 統 領 : プーチン →メドベージェフ
・首    相 : ズブコフ → プーチン
・ガスプロム会長:ベドベージェフ→ズブコフ

 「人生はちんぷんかん」とわかってしまえば、これほど強いことはない。

「人生は とどのつまりが ちんぷんかん 分かる気がする でも謎だらけ」 (チビ)  

(チビの日記!!チビのお出かけ 163 )
[PR]

by chibi-papa | 2008-07-26 18:23 | チビのお出かけ  

<< 大学院研修(4) (162)20・07・20 朝... >>