(161)20・07・13 哲学堂公園のヘクサゴン

e0031605_1741988.jpg
六賢台

 哲学堂公園(精神修養的公園)の中で一際目立つ赤い灯台のような 『 六賢台 』 (明治42年築)には東洋の六賢人(聖徳太子、菅原道真、荘子、朱子ら)が祀(まつ)られている。
 アメリカ国防総省は上から見ると五角形なのでギリシャ語でペンタゴン。六賢台は六角形だから哲学堂公園のヘクサゴン(ヘキサゴン)だ!
( -gon はギリシャ語で「角のある」の意)
 
4年前の平成16年7月19日にも哲学堂公園を訪れている。チビのお出かけ 2 も見てね。

・三角形;トリゴン(trigon)・・・-gon はギリシャ語の角の意。トライアングル(triangle)、トリオ(trio 三人組)、トライアスロン(triathlon)、トライポッド(tripod カメラなどの三脚)
・四角形;テトラゴン(tetoragon)・・・テトラポッド(tetorapod 波消ブロック)
・五角形;ペンタゴン(pentagon)・・・ペンタックス(pentax )、ペンタス(pentas)、ペンタグラム(pentagram 五角の星形)
・六角形;ヘクサゴン(hexagon)・・・ヘクサポッド(hexapod 昆虫)、クイズ!ヘキサゴンⅡ(Quiz!HexagonⅡ)
・七角形;ヘプタゴン(heptagon)・・・ヘプタスロン(heptathlon 七種競技)
・八角形;オクタゴン(octagon)・・・オクトパス(octopus 蛸)、オクタゴン(Octagon 総合格闘技における八角形金網リング)、オクトーバー(October 3月から数えて8番目の月=10月)
・九角形;ノナゴン(nonagon)・・・ノネット(nonet 九重唱)、ノウヴェンバー(November 3月から数えて9番目の月=11月)
・十角形;デカゴン(decagon)・・・デケイド(decade 十年間)、デカポッド(decapod 海老や蟹など)、ディセンバー(December 3月から数えて10番目の月=12月)
・多角形;ポリゴン(polygon)・・・ポリエチレン(polyethylene)

-pod、-pus は足の意。
3本足 tripod 三脚、 鼎(かなえ)は tiripod kettle
4本足 tetorapod 波消ブロック
6本足 hexapod 昆虫(節足動物)
8本足 octopus
10本足 decapod 海老や蟹などの十脚類の動物

athlon はラテン語で運動の意。
三種競技 triahlon=tri+athlon 水泳、自転車、マラソンの三種  
四種競技 tetrathlon=tetora+athlon
五種競技 pentathlon=penta+athlon
七種競技 heptathlon=hepta+athlon
八種競技 octathlon=octa+athlon
十種競技 decathlon=deca+athlon 100m、400m、1500m、110mハードル、走高跳、走幅跳、棒高跳、砲丸投、円盤投、やり投の十種

カメラのペンタックスは五角形のプリズム(pentaprism)を使っていることに由来している。
ペンタスは5つの花弁を持った可憐な草花。今の季節、花屋さんで見かける。

島田神助司会のクイズ番組「クイズ!ヘキサゴンⅡ」は6人の出場者が六角形の「ヘキサゴンシート」に座ってルーレットにより最初の出題者を決定する。
なお、ヘクサゴンかヘキサゴンかはフリガナの問題。

蛸(たこ)は八本足だからオクトパス。今年3月に発見された6本足の蛸は、ヘクサパス(hexapas)と名付けられた。
古代ローマでは3月から1年が始まったことから、8番目の月がオクトーバー。

ポリエチレンはエチレン(ethylene)が重合した構造(重合体、ポリマー、polymer)を持つ高分子化合物。このポリマー素材を材料とした容器にはポリバケツ(polyethylene+bucket)、ポリタンク(polyethylene+tank)、ポリ袋などがある。

月の名称の由来
古代ローマでは3月が一年の始まりだった。
1月から6月まではローマ神話の神々など、7月から12月までは数字の接頭辞によっている。ただし、7月と8月はジュリアス・シーザーの誕生月を、シーザーの後継者アウグストゥスの亡くなった月を強引に入れ込んだ。アウグストゥスもシーザーに合わせて大の月・31日にした。そのため一年の終わりの2月からさらに一日差し引いたため、2月は28日となった。
 3月  1番目の月 軍神マルス→March
 4月  2番目の月 愛と美と性を司る女神アフロディーテー→April
 5月  3番目の月 豊穣の女神マイア→May
 6月  4番目の月 結婚出産の女神ユノ→June
 7月  5番目の月 5の接頭辞→Quintikisだったが、Julius→July
 8月  6番目の月 6の接頭辞→Sextilisだったが、Augustus→August
 9月  7番目の月 7の接頭辞→September
10月  8番目の月 8の接頭辞→October
11月  9番目の月 9の接頭辞→November
12月 10番目の月 10の接頭辞→December
 1月 11番目の月 門や戸口の守護神ヤヌス→January
 2月 12番目の月 贖い(あがない)の祭りのある日Februalia→February
なお、7の接頭辞はラテン語では sept 、ギリシャ語では hepta 。8、9、10の接頭語はラテン語とギリシャ語は同じかほぼ同じ。

(チビの日記!!チビのお出かけ161)
[PR]

by chibi-papa | 2008-07-13 17:04 | チビのお出かけ  

<< (162)20・07・20 朝... 新宿牛込地区(160)20・0... >>