舎人ライナー開業(146)20・03・30

e0031605_17101914.jpg
[祝] 陸の孤島に新線開通!

 荒川区・日暮里(にっぽり)駅と足立区・見沼代親水公園駅間10キロメートルを20分で結ぶ新交通システム路線「日暮里・舎人ライナー」が本日 開業した。
 平成9年12月から工事を始め、当初の計画では平成14年度の開業だったが、5年遅れ十年越しでの開業となった。舎人(とねり)地区と山手線を結ぶ新線は地域住民にとって長年の悲願だった。これで都内で最後の「陸の孤島」(鉄道空白域)は解消された。しかし、黒字化に15年近くかかると、都では予測している。


ライナー : line(鉄道線)-er(名詞語尾)=liner で快速列車を意味する日本語の独自用法。

見沼代親水公園の代は代用水の代。代用水は代替用水路のこと。見沼溜井の替用水路を親水公園にしたもの。
 
e0031605_17103298.jpg
日暮里駅を発車!

 5両編成で1編成257人の定員(座席数95)のところ今日は超満員。自動列車運転装置による自動運転なので運転手も車掌もいない。また、中央指令所のモニターでリアルタイムに遠隔監視しているので通常は駅員もいない。

e0031605_17105259.jpg
毛長川沿いの桜並木

  東京23区内 最北端の見沼代親水公園駅で下車。
 毛長川(けなが がわ)は埼玉県・川口市の安行(あんぎょう)あたりから発して足立区との境目を流れ、さらに足立区と草加市との境を流れ綾瀬川に合流する10キロメートルの流路である。その足立区と川口市との境目の1、5キロメートルにわたって川沿いに桜並木がある。折りしも開通を祝うが如く満開であった。


毛長川にまつわる民話 : 江戸時代のことでございます。新里村(にっさと むら、草加市新里町)の長者には美しい娘がいました。やがて年頃になり川のこちら側に住む舎人(足立区舎人)の長者の息子の所へお嫁入りしました。ところが赤ちゃんが出来ず次第にお姑さんとの仲が悪くなってしまった。実家に帰ることになりその途中、沼(今はない)に身を投げてしまった。それからというものこの沼は大暴れ。遺体は見つからないまま・・・数年後のある日、長い黒髪が流れているのを見つけ、その髪を沼の守り神としてお祀り(毛長神社)しました。それからというもの、この沼は荒れなくなり、人々はこの沼をいつしか毛長沼、そして川を毛長川と呼ぶようになったという。
この話は都住舎人自治会が桜の下で催していた「日暮里舎人ライナー開業祝」で古老から伺った。そう思って毛長川の土手沿いの桜を見ると、新里村の娘さんの魂が宿っているように見えた。それとも化身か。

 『 新里の 娘の魂 甦り 毛長の土手に 咲く桜かな 』 (チビ)

 さ~て、ここから舎人公園までちょっと距離があるぞ!

e0031605_1711625.jpg
舎人公園・この下は車両基地

 舎人公園の北側は丘のようになっている。実はこの下はライナーの車両基地になっていて、車両基地は長さ530メートル、幅85メートル。車両留置スペースだけでなく保守点検スペースや自動運転システムの管理スペースもあるという。
 車両基地に覆土(ふくど)してまだ間もないようで、芝生を養生中だ。写真の左に舎人公園駅が見える。チビの耳は後ろを走るライナーの音を追っている。1年半前に来たときには工事用鉄板で覆われていたけれど、今その上に立っている。素晴らしい公園になったニャ~
(平成18年9月18日の チビのお出かけ 74 「舎人線は来年度開業」 を見てね)

e0031605_17111997.jpg
舎人公園の菜の花

  ♪ 一、菜の花畠に 入日薄れ
     In the rape fields the setting sun grows thin

   見渡す山の端 霞深し 
     A deep mist frames the distant mountains

  春風そよ吹く 空を見れば・・・
     A spring breeze blows and you gaze up to the sky
 
 アッ、雨が降ってきた。帰るニャ~。 
    ・・・夕月懸かりて 匂い淡し
   Where the evening moon glows pale and red

    二、里回(さとわ)の火影(ほかげ)も 森の色も
     田中の小路を 辿る人も
     蛙の鳴く音(ね)も 鐘の音(おと)
     宛(さなが)ら霞める 朧月夜
 (♪ 朧月夜 作詞:高野辰之 作曲:岡野貞一)

・歌詞のリズムは4・4・6調。
・二番は「~も」が5回出てきて、全てのものが霞んでやがて朧になっていく春の情景。
・「入日薄れ」=夕日の光が薄くなって(入日=いりひ=西日)。
・「山の端」=山が空に接する部分(輪郭)のこと。
・「夕月かゝりて匂い淡し」=夕方の月が空に出ていて、ほんのりと明るい。
・「匂い」=「にほひ」=古典では視覚に関する語。
・「里回の火影」=里の辺りの明かり。里回は本来「さとみ」だが、「さとわ」と誤読。
・薄ぼんやりと棚引く「霞」と深くたちこめる「霧」の違い=春には霞(夜は朧という)といい、秋には霧と呼び分ける。
・一番では「霞深し」とあり、まだ日が暮れていない。二番では「さながら霞める朧月夜」になる。
・一番から二番にかけて、日の沈む頃から宵(日が暮れてまだ間もない頃)へとゆっくりと時が流れている様が、表現されている。

(チビの日記!!チビのお出かけ146)
[PR]

by chibi-papa | 2008-03-30 17:11 | チビのお出かけ  

<< 清澄庭園 (147)20・04... 羅漢寺川跡(145)20・03... >>