目ん玉光る閻魔大王(139)20・01・27

e0031605_17141146.jpg
円応寺・閻魔堂

 閻魔大王を本尊とする円応寺の閻魔堂は、閻魔様ら十の王が居るので十王堂とも呼ばれている。十王とは亡者が冥界において出会う王のことで、七日ごとに七人の王の取り調べを受ける。さらに百ヶ日、一周忌、三回忌の三回を加えて合計十回の取り調べを受ける。

 薄暗いお堂で目を光らせているのは閻魔大王(えんま だいおう)。今、懺悔(ざんげ)したところなんだ。

 (懺悔文)
 ボクは知らず知らずのうちに悪業(あくごう)をおこなっているかも知れない。それはボクに三毒(貧瞋痴、とん じん ち)があるからに違いない。
 三業(身口意、しん く い)によって生ずる全てを閻魔大王様の前にて懺悔し、飼い主のもと有意義な猫の一生を送っていくことをお誓いいたします。
平成20年1月27日 チビ

 (懺悔文)
我昔所造諸悪業 皆由無始貧瞋痴
従身口意之所生 一切我今皆懺悔

(我れ昔、造る所の諸々の悪業は、みな果てしなき貧瞋痴に由る。
身口意によって生ずるところのもの、全て我れ今みな懺悔し奉る。)

    平成20年1月27日 パパ

閻魔様 悪業消しに 又来るね  (チビ)

 巨福呂坂(こぶくろざか)を通り抜けて裏側から鶴岡八幡宮へ。多くの受験生が合格祈願に訪れていた。石段をゆっくり降りる。


円応寺(えんのうじ) : 閻魔大王を本尊として建長2年(1250)に創建された臨済宗のお寺。

懺悔文(ざんげもん) : この漢文の懺悔文はリーフレットに載っている。この懺悔文を閻魔大王様の前にて合掌して心静かに三度唱えると、今まで犯した罪は全て許されるとある。

最初に円応寺で閻魔大王に出会ったのは平成18年11月、あの時はビビリました。チビのお出かけ86 も見てね。  

e0031605_17174234.jpg
大銀杏(県天然記念物指定、樹齢1千年)

 789年前の今日、1219年1月27日、鶴岡八幡宮石段の大銀杏付近で事件は起こった。鎌倉幕府第3代将軍・源実朝(みなもとの さねとも)が甥の公暁(くぎょう)によって暗殺されたのだ。
 源実朝の死によって源氏の正統はわずか3代で途絶え、執権職の北条氏が実権を完全に握る事となった。


♪ 鎌 倉 〔作詞〕 芳賀矢一 〔作曲〕 不詳  (文部省唱歌)
(四)
上るや石の階(きざはし)
左に高き大銀杏
問わばや 遠き世々の跡


 公暁は父・頼家(よりいえ、第2代将軍)が2代執権・北条義時(ほうじょう よしとき)と実朝の陰謀により殺されたと信じ復讐を誓い、虎視眈々と2人を狙っていた。
 当日は雪が降り頻り(しきり)かなりの積雪があった。右大臣拝賀で鶴岡八幡宮参詣を終えた源実朝と北条義時?が石段を降りて来る。大銀杏に隠れ 待ち伏せしていた公卿が飛び出し二人を切り捨てた。

源頼朝(初代将軍)と北条政子との間に源頼家(第2代将軍)、源実朝(第3代将軍)、大姫らが生まれ。その源頼家と若狭局(わかさのつぼね)との間には源一幡(みなもとの いちまん)、公暁ら。
北条政子の父は北条時政(初代執権)、弟に北条義時(2代執権)。若狭局の父は有力御家人の比企能員(ひき よしかず)
北条政子と北条義時は姉と弟の関係。源実朝と公暁は叔父と甥の関係。

第3代将軍・源実朝には子がいなかったので、源氏の将軍は実朝で絶えた。
実朝は源頼朝が征夷大将軍になった年(1192年)に生まれたので、実朝の享年が源氏正統鎌倉時代の享年でもある。享年26。

第2代将軍・源頼家は妻・若狭局(わかさの つぼね)の実家・比企氏を重用したので、北条氏は地位を脅かされることになった。北条時政(ほうじょう ときまさ)は頼家が発病したのをチャンスと見て比企能員を騙し打ちにすると同時に比企の屋敷に火を放ち若狭局、一幡(頼家と若狭局は一幡をゆくゆくは第3代将軍にしようと考えていた)を含む比企一族百余名を一網打尽に殺害した。
実朝を第3代将軍につけ北条時政自らは実朝の後見人として初代執権となった。その後、頼家の病状が快復すると、伊豆・修善寺に幽閉し北条氏の刺客により暗殺してしまった。

源実朝は前年の12月に武士としては初めての右大臣となった。そして年が明けた1月27日、その昇任を祝しての拝賀(はいが)のため鶴岡八幡宮に参詣したのであった。

北条義時は参詣の直前に体調不良を訴え急遽、源仲章(みなもとの なかあきら、実朝と後鳥羽上皇との連絡係、政所別当)に交代していた。そうとは知らない公暁は源仲章を北条義時と間違え『義時~!』と叫びながら切り捨てた。
北条義時はこの日に公暁が犯行に及ぶのを事前に知っていた節がある。

暗殺に成功した公暁は次期将軍になろうと有力御家人の三浦義村(みうら よしむら)を頼るが、義村宅の門前で将軍殺害犯として殺されてしまった。
ケネディ大統領(第35代)暗殺(1963/11/22)の狙撃犯として逮捕されたオズワルドが暴漢に殺害されてしまい、オズワルドの単独犯行(政府による公式結論)と言うことになったのと同じような結末となった。北条義時と三浦義村の思惑が渦巻いた中で起きた事件で、真相は藪の中に・・・

オズワルド容疑者が殺されてから3年の間に18人もの重要な証人が次々と死んでいる。これは一体何を意味するのであろうか。オズワルドは計画的に犯人に仕立てられたような気がする。
ケネディ大統領によるベトナム戦争撤退の方針に対立する勢力の仕業かも知れない。後任のジョンソン大統領は積極的に介入、泥沼化していった。ケネディ暗殺後、11年半も続いた。

ベトナム戦争(1960~1975) : 1964年、アメリカはトンキン湾事件への報復を口実に大規模な軍事行動を開始した。しかし、その口実は本格的介入を目論むアメリカが仕組んだ捏造だった。更に1966年、当時国務長官だったマクナマラは上院外交委員会で、「効率的な爆弾投下」、「効果的な枯れ葉剤の散布」を誇らしげに証言している。

(チビの日記!!チビのお出かけ139)
[PR]

by chibi-papa | 2008-01-27 17:24 | チビのお出かけ  

<< 川越・中院と東照宮(140)2... ♪34 寒い朝 20・01・14 >>