(127)19・09・08 紀尾井町・清水谷公園 

e0031605_2210731.jpg
大久保利通

 清水谷公園は千代田区紀尾井町(きおい ちょう)にある。紀尾井の謂れは紀伊の紀、尾張の尾、井伊の井の3文字を並べて紀尾井。江戸時代この地に、紀伊徳川家上屋敷(現:グランドプリンスホテル赤坂)、尾張徳川家中屋敷(現:上智大学)、彦根藩・井伊家中屋敷(現:ホテルニューオータニ)があった由縁である。
 紀伊徳川家と井伊家との境目付近が谷になっていて清水が湧き出ていたことから、この辺りは清水谷と呼ばれた。
 
  明治11年(1878)、西郷隆盛、木戸孝允(きど たかよし、桂小五郎)と並び明治維新の三傑と称された内務卿(内務大臣)・大久保利通がここで暗殺された(紀尾井坂の変)。享年48。


大久保利通(おおくぼ としみち、1830年~1878年・明治11年) : 薩摩藩士、政治家。西郷隆盛と共に学問を学び後に政治の中枢として活動した。慶応3年(1867)に第15代将軍・徳川慶喜が大政奉還をおこなうと、岩倉具視(いわくら ともみ)と共に王政復古のクーデターを起こし、明治維新を成し遂げた。
明治2年に参議に就任し、版籍奉還、廃藩置県などの明治政府の中央集権体制を確立した。さらに明治6年に内務省を設置し、自ら初代内務卿として実権を握ると地租改正や徴兵令などを実施した。
明治10年には西南戦争で政府軍を指揮し、西郷隆盛を中心とする鹿児島士族の反乱軍を鎮圧した(西郷隆盛は自刃)。現在の内閣総理大臣(この官職は明治18年から)に匹敵するような立場だった大久保は2頭立ての馬車で赤坂御所へ出仕する途中、石川県士族ら6名により紀尾井坂にて暗殺された。

現在、清水は涸れてしまったが人工的に復元したものが、公園の北側道路沿いにある。

大政奉還(たいせいほうかん) : 征夷大将軍の職を辞し、政権を朝廷に返上すること。

王政復古(おうせいふっこ) : 王政から武家政治に移った後、再び王政に戻ること。

参議(さんぎ) :太政官(明治政府初期の最高官庁)に設置し、大政(天下の政治、まつりごと)に参与した官名。

版籍奉還(はんせきほうかん) : 藩主が領地と領民を朝廷に返還した藩解体政策の第一歩。

廃藩置県(はいはんちけん) : 全国の藩を廃して府県を置いたこと。

e0031605_22102649.jpg
贈右大臣大久保公哀悼碑(ぞう うだいじん おおくぼこう あいとうひ)

 明治17年(1884)、大久保利通の七回忌に哀悼碑を元・紀伊徳川家の屋敷だったところに建て、明治23年に清水谷公園として開園された。
 大久保の暗殺後、その子分の官僚主義者たちが自らの立場を温存しようと、台座部分を含めると6、3メートルにもなる大きな哀悼碑を建てた。大久保は死して国家主義と官僚主義を残してしまった。大久保は官僚的で絶対権力者のイメージが強かったが、金銭には潔白で私財を成すことはしなかった。

 大久保は盟友の西郷隆盛を自刃に追い込み、出身地の薩摩を滅ぼそうとした張本人として地元でのイメージは悪く、鹿児島にある大久保の銅像は彼の死後100年経って渋々建てられた。


大久保利通は東京でのイメージも良くない。江戸を火の海にしようとした張本人。
また、大久保利通は西郷隆盛を征韓論者とでっち上げて政権から追い出し、西南戦争で西郷を追い詰め自害させた。西郷は征韓論者でない。

昭和51年(1976)に明るみに出た汚職事件・ロッキード事件で有罪判決を受けた贈賄側の総合商社・丸紅の専務・大久保利春は大久保利通の孫。 

e0031605_22145819.jpg
玉川上水石桝

 (のみ)で荒削りのこの石枡(いします)は昭和45年(1970)の麹町通り拡幅工事の際に出土した、玉川上水の本管の一部。
 玉川上水は玉川兄弟が羽村の堰から四谷大木戸(よつや おおきど、新宿区四谷4丁目)までの43キロメートルを僅か8ヶ月で完成させた。そして四谷大木戸から先は、石樋や木樋(もくひ)による暗渠(あんきょ)となり各所に給水されていた。今回発見された水道は四谷門をわたり江戸城内に給水されていた本管で、数段重ねた石枡に木樋を繋いでいた。

 チビもこの巨大な石枡にビックリ!目を丸くする。「この石枡は江戸時代の水道本管の大きさを示しているとともに、当時の都市施設の実態を偲ばせてくれるね。」


当時の水道は所々に分水用や水質管理用、揚水用の石枡が設けられていた。

木樋(水を通すための木製の樋)は板を寄せ合わせ船釘を打ち込んで作った寄木式で、接合部は槙肌(槙の幹の内皮を柔らかく砕いたもの)で継ぎ目の水漏れを防いでいた。船大工の技術が生かされている(四谷で見つかった木樋が、なぜか世田谷区立郷土資料館に展示されている)

玉川上水と玉川兄弟についてはチビのお出かけ103を見てね。

e0031605_22105694.jpg
靖国通りにて

 穴の開いた丸いオブジェから身を乗り出すチビ。

(チビの日記!!チビのお出かけ127)
・・・今年のキーワードは 『 ロハス(Lifestyles of Health and Sustainabillity)とグレイトコラボレーション(Great Collaboration) 』・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-09-08 22:11 | チビのお出かけ  

<< 食料自給率を考える (独り言16) (126)19・09・02 高... >>