北沢川緑道 (119)19・07・01 

e0031605_15141130.jpg
蛙 ケロロ ケロロ ケロ ケロ

 江戸時代に農業用水として玉川上水から分水された北沢用水が、昭和30年頃に北沢川と呼ばれるようになった。昭和47年には暗渠(あんきょ)にし水路は視界から消え、遊歩道としての北沢川緑道となった。
 平成になってからこの緑道に人工的な水路が造られ、平成9年に「代沢せせらぎ公園」が開園。そして、平成14年には「代沢せせらぎ公園と北沢川緑道の風景」として世田谷地域風景資産に選定された。
 世田谷地域風景資産とは、過去の資産を選ぶだけではなく、未来に向けて風景を皆で守り育てていこうと、平成11年に制定された「世田谷区風景づくり条例」を基に、平成13年から選定がスタートして、平成14年に36ヶ所が選定された。

 カルガモ(軽鴨)やコサギ(小鷺)を見かけた。鯉もいた。蜥蜴(とかげ)がチョロチョロ。子供同士あるいは親子でザリガニ釣りをしている。草花がまた綺麗。
 ガザニア(勲章菊)、半夏生(半化粧)・・・ところで、半夏生(はんげしょう)のことを“蜥蜴の尾”とも言う。なぜかというと、穂状の花序(かじょ)が蜥蜴の尻尾(しっぽ)に似ているから。それに、花が咲き終わって夏の盛りになると、白い葉は緑色に戻るから不思議だね。

 ここに流れている水は、下水道局の落合処理場で処理した再生水を代沢せせらぎ公園の地下にある施設で、さらに浄化しているので、臭いもなく燐(リン、phosphorus、元素記号P)が少ないので藻(も)が発生しにくい。


代沢(だいざわ) : 田(だいた)と北を合成した地名。

 (チビの日記!!チビのお出かけ 119)
・・・今年のキーワードは 『ロハス(Lifestyles of Health and Sustainability)とグレイトコラボレーション(Great Collaboratiion)』・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-07-01 15:14 | チビのお出かけ  

<< 11回目の誕生日に考える (独... ♪29 蛙の笛 19・06・30 >>