貝塚坂と貝塚中学(99)19・03・04 

e0031605_7471297.jpg

貝塚坂

 ここは坂の上。大田区上池台5-1-13にある貝塚坂の標識にはこう書かれている。

 坂名の由来となった馬込貝塚を『大森区史』は「馬込の根方に貝塚というのがある。石器時代の器物や矢の根石などがよく掘り出されたといっている。今もなお好事家(こうずか)の尋ねて来るものが少なくない」と記している。

 とある。仲池上に根方というバス停があるがそこではなく、標識のあたりの中馬込1丁目、上池台5丁目に「馬込の根方」という場所があり、縄文・前期から集落や貝塚があったようだ。でも、根方(ねかた、ねがた)には下の方とか山麓という意味があるから、この坂の下の方に貝塚があったのだろうか。


  標識 役所手を抜き 意味不明  (チビ)

 貝塚坂の標識に大森区史と書かれている。今は大森区(おおもりく)はないが、蒲田区(かまたく)とともに昭和7年に成立している。しかし太平洋戦争での戦禍からの復興のため、今からちょうど60年前の昭和22年(1947)3月に大森区は蒲田区と合併した。合併に際し区名案(羽田、城南など)が多く出てまとまらず、結局、大森区の「大」と蒲田区の「田」を取った折衷案の「大田」で合意となった。そして大森区役所庁舎を大田区役所庁舎として発足した。
 それから半世紀後に区役所庁舎移転論争が勃発。区議会2票差で平成8年、JR蒲田駅に隣接する商業ビルを購入、平成10年(1998)に旧蒲田区内のそこに大田区役所庁舎を移転した。


矢の根石 : 石鏃(ぜきぞく)のことで、矢じりとして用いられた石器。
太田区? : 正しくは大田区。江戸城を築城した太田道灌(おおた どうかん)に因(ちな)んだ太田だと思っている人がいるがそうではない。今にして思えば合成語の大田区でなく、羽田区を選んでおけばよかったのに、と思う。

 ところで、この辺りで貝塚というと、モース博士が発見した大森貝塚が思い浮かぶが、その石碑は大森駅北口の近くにあるものの、貝塚自体は品川区内にある。JR京浜東北線に乗っていると2箇所に石碑が見える。そこのところを取り上げた平成18年3月12日、チビのお出かけ(39)大森貝塚遺跡庭園を見てね!

e0031605_7474743.jpg

大田区立貝塚中学校

 貝塚坂の標識から南に500mほど行ったところに貝塚中学校がある。校長室には 『貝塚を 掘って歴史の 深さ知る』 の色紙が掲げられているという。このあたりは昔、馬込村字貝塚といっていたこともあって貝塚中学校と名づけられ昭和36年に開校した。建設工事中にも校地の隅から貝が出てきたという。

 本門寺の裏から上池台にかけて多くの横穴式古墳が発見され土器や石斧(イシオノ)などが出土している。かつて古代の人たちはこの地を選んで、鍬(クワ)を振るいこの地に根をおろしたのであろう。
 貝塚中学校の生徒諸君はこの地で学べることに誇りを持って、学業に励んでもらいたい。何と言っても古代と貝塚で繋がっているところがいい。何かあったらそこに土着していた古代人とテレパシー(telepathy)で交信するといい。きっと「生きる力」が湧いてくることだろう。


 平成18年8月19日のチビのお出かけ(68)では大塚古墳を、8月26日のチビのお出かけ(69)では亀甲山古墳・宝莱山古墳などいずれも荏原台古墳群を取り上げたので見てね! 

 (チビの日記!!チビのお出かけ 99)
・・・今年のキーワードは「ロハスとグレイトコラボレーション」・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-03-04 23:59 | チビのお出かけ  

<< (100)19・3・25 ライ... ♪ 27 北国の春 19・03・04 >>