(94)19・01・03 富士塚登拝(鳩森富士)

e0031605_16211126.jpg
鳩森八幡神社の富士塚
 
 お獅子(しし)の格好をして渋谷区千駄ヶ谷(せんだがや)にある鳩森(はとのもり)八幡神社の境内にある富士塚(ふじづか)に登った。ゴロゴロした岩段を登っていく。隈笹が生い茂っている。頂上付近になると富士山から運んだ熔岩(ようがん)が配されていて、頂上には富士浅間神社(ふじせんげん じんじゃ)の奥宮(おくみや)のミニチュアがある。その前で華麗なる?獅子舞を奉納した。
 この富士塚は第11代将軍・徳川家斉(いえなり)が治世の寛政元年(1789)に築造されたといわれている。当時、富士山を信仰する富士講が流行(はや)った。実際の富士山への登拝(とうはい)は容易でないのでこのような富士山のうつし(模型)を造って、そこに登ることで富士登拝を疑似体験(ぎじたいけん)しようとしたのが富士塚なのだ。


平成18年1月3日(チビのお出かけ33)に登山した成子富士(なるこ ふじ)はお正月しか登れないし、見ることもできない。
また平成18年6月11日(チビのお出かけ57)に登った白山富士(はくさん ふじ)は紫陽花(あじさい)祭りの期間中しか開放されていない。でも、ここ鳩森富士はいつでも登拝できる。

富士講(ふじこう)は富士山そのものへの信仰だけでなく、そこに住まう神への信仰をおこなうための集団でもあったので、浅間講(せんげんこう)ともいう。だから富士塚の頂上には浅間神社のミニチュアとか、その祭神の木花咲耶姫(このはなのさくやひめ)の石像がある。

この富士塚が築造された寛政年間といったら、老中・松平定信(さだのぶ)が主導した「寛政の改革」があった頃だね。松平定信については、平成18年5月3日 チビのお出かけ47 を見てね。

(チビの日記!!チビのお出かけ 94)
・・・今年のキーワードは「ロハスとグレイトコラボレーション」・・・
[PR]

by chibi-papa | 2007-01-03 16:12 | チビのお出かけ  

<< 吉祥寺 お寺はどこ?(95)1... 九十九里浜 (93)19・01... >>