(91)18・12・16 赤塚城址(板橋区)

e0031605_18574073.jpg
赤塚城本丸跡の石碑

 巣鴨駅で都営地下鉄・三田線に乗り換え、終点の西高島平へ。

昭和43年に志村・高島平間10、4kmが開業(昭和44年に住居表示で高島平の町名が誕生したのに伴い志村駅を高島平駅に改称した)。昭和51年にはさらに高島平・西高島平間の1、5kmが開業した。

 パ パ 目黒駅から西高島平駅を結んでいるのに、なんで三田線というんだろね?

 チ ビ 当初の計画では起点が三田駅だったからだよ。

 パ パ そうか~。三田駅は同じ都営地下鉄の浅草線も走っているから、そこで接続しているんだね。

 チ ビ でも、線路は接続していないんだニョ。
 パ パ 都営地下鉄どうしなのに、何で~?

 チ ビ 三田線は狭軌(きょうき)といってレール幅(軌間)が107センチだけど、浅草線は標準軌(昔は広軌と言った)で144センチなんだ。だからお互いに都営地下鉄なのに乗り入れできないんだよ。
 そのため馬込検車場を共用できないので、三田線用に西台駅に隣接して志村検車場をに作ったんだニャ。


 パ パ なんでそうなっちゃったんだろうね。

 チ ビ 当初は東武東上線と東急池上線を繋ぐ計画だったんだ。その両線とも狭軌だったのでそれに押し切られて三田線も狭軌にしたんだ。それなのに両線は乗り入れ案をキャンセルしちゃってね。
 もし当初計画が実現していたら東上線・上福岡駅から(三田線、池上線、大井町線を経由して)田園都市線・長津田駅間に直通電車が走ったのにね。


 パ パ そういう計画だったのか。それが西高島平駅~目黒駅間27kmになって後年、目黒駅で東急目黒線と接続することになったというわけだ。

池上線・五反田駅 : 池上線は五反田駅・蒲田駅間11kmを結ぶ路線で、五反田駅は駅ビル4階に直結してホームがあり、接続する山手線を見下ろす高い位置にある。これは将来、山手線を跨いで路線を都心に伸ばそうと考えていたからであった。

都営地下鉄・新宿線は京王線に乗り入れるため軌間を137センチ(偏軌、へんき)にした。これによって都営地下鉄線のレール幅は各線ともバラバラ(大江戸線は浅草線と同じ144センチだがリニア式でモーターが回転運動でなく直線運動する)

東上線・和光市駅(元:大和町駅)から高島平駅まで東武側が延伸して相互乗り入れする計画だった。東武側が実行しなかったため、都営側が高島平駅から西高島平駅まで延伸したが、西高島平・和光市間は実現しないまま、和光市駅には東京メトロ・有楽町線が乗り入れた。

 チ ビ 志村三丁目駅から地上駅になったよ。

 パ パ ここから先は荒川の氾濫原(はんらんげん)で徳丸ヶ原(とくまるがはら)と呼ばれていた所で、田圃(たんぼ)が一面に広がっていたんだ。だから地下鉄は志村坂上駅を過ぎたこの辺りから頭を出したのさ。

 チ ビ 蓮根(はすね)という駅があるくらいだから、この辺りは昔、レンコンを栽培していたんだろうね。

 パ パ それはどうかな。蓮根という町名は上蓮沼村(かみはすぬまむら)と根葉村(ねっぱむら)が合併したときに一字づつ採って合成した名前だから、レンコン(蓮根)とは関係ないと思うよ。ほら、高島平団地が見えてきたよ。

高島平団地 : 昭和38年に日本住宅公団が旧赤塚村水田地帯開発に乗り出した。昭和44年、中高層の団地建設を着手し、昭和47年から入居開始となった(昭和61年には人口6万人を超えるも、平成に入り減少傾向)
高島平の呼称 : 幕末の砲術家・高島秋帆(たかしま しゅうはん)がここで洋式砲術の訓練をしたことに因(ちな)んで、団地を造成するにあたってつけられた。

 西高島平駅で下車、徒歩15分で赤塚溜池公園に。溜池は河岸段丘の崖からの湧き水で、かつて赤塚城の内堀であったらしい。現在の溜池はその思い出に作った人工の池らしい。河岸段丘には赤塚城本丸跡の石碑がある。
 高島平団地の開発が始まった昭和40年代までは空堀(水のない堀)などの遺構(いこう)が残っていたが、宅地供給が優先し保存は後回しとなってしまった。当時の時代背景からするとしかたがなかったのかもしれない。


 チビ!帽子がずり落ちそうだよ! 

e0031605_1858374.jpg
赤塚公園に明かりが点る 逢魔が時

 千葉氏はもともと下総(しもうさ)の名門で「下総千葉氏」といわれた。しかし、千葉一族の内紛で分家によって亥鼻城(いのはなじょう、千葉市中央区亥鼻1丁目)を陥(おと)されてしまった。下総国を追われた本家は武蔵国へ逃れ、ここで「武蔵千葉氏」となった。
 「武蔵千葉氏」は赤塚城を拠点に、太田道灌(おおた どうかん)に従って各地を転戦した。室町時代後期・1477年には豊島氏の居城・石神井城の攻略に参戦した。そして、和光市・大宮市・足立区一帯に地盤を築いていった。
 太田道灌亡きあと、小田原北条氏(後北条氏)が武蔵国へ進出してくるとこれに従ったが、豊臣秀吉の小田原攻めで北条氏が滅ぼされたとき命運を共にし、赤塚城も廃城となった。


 帽子がよく落ちないね!帽子をかぶっているというより、耳にかぶせているみたいだね?!   

赤塚城 : 元は豊島氏の一族の赤塚氏の居城であったが、千葉自胤(ちば よりたね)によって室町時代の戦国の世に築城した。

 二の丸跡には乗蓮寺が建っていて、境内には東京大仏(赤塚大仏ともいう)がある。閉門時間の4時半を過ぎてしまった。公園側から大仏様の背中だけが見えた。
 
 赤塚公園に明かりが点(とも)る。日が暮れるのが早い。まもなく冬至(とうじ、12月22日)


逢魔が時(おうまがとき) : 妖怪がうろつき始めるから、早めに帰って来なさいと子供を戒める言葉。

 東上線・下赤塚駅まで徒歩25分。ちょっと距離がある。下赤塚駅前の商店街はとても活気があった。 

 (チビの日記!!チビのお出かけ 91)
・・・ロハス的な生活を心がけていきたい・・・
[PR]

by chibi-papa | 2006-12-16 19:02 | チビのお出かけ  

<< 恵比寿からMerryChris... 安房小湊(90)18・12・10  >>