愛宕山~増上寺 (78) 18・10・08 

e0031605_2022119.jpg
愛宕トンネル

 愛宕(あたご)トンネルは昭和5年に開通した。長さ80m。山の上には愛宕神社とNHK放送博物館がある。そしてトンネルの向こうには東京慈恵会医科大学(慈恵医大)とその付属病院が・・・

 慈恵医大というと平成14年に慈恵医大青戸病院事件を起こし、手術は無謀であったとして医師は有罪になった。
 もうだいぶ前の話だが、チビパパは虫垂炎(盲腸)で青戸病院に入院した。説明も承諾もなく手術室でいきなり手足胴体を幅広のゴムひもで雁字搦め(がんじがらめ)にされ、目隠しされて手術された。麻酔を使わない手術の人体実験にされた。幸いにも術後の経過が良好だったので告訴するのは止めといたが・・・
 同じ病室に非常に珍しい場所、お臍(へそ)の奥に出来物ができ、医者の興味本位から手術され、お臍がかなり曲がった位置になってしまった人がいた。患者を物扱いする感覚がその頃から、いやずっ-と以前から慈恵医大にはあったのであろうか。恐ろしい。


e0031605_20222545.jpg
86段の急な男坂

 日本各地に愛宕山の名前を持つ山が16もあるが、鉄道唱歌にも歌われた愛宕山は高さ26m。急な階段を段数を数えながら登った・・・踊り場がない・・・八十四、八十~五、八~十~六。下を見ると怖~い。

鉄道唱歌は、平成18年8月14日 チビのお出かけ 67 を見てね。

 正面には愛宕神社、左にNHK放送博物館。今でこそ高層ビル群の中に埋没しているので、東京23区内にある自然の山としては最高峰にいるという実感がぜんぜんしない。境内の石碑によると、慶応4年(1868)4月、勝海舟が西郷隆盛を誘って、ここ愛宕山から江戸市中を見回しながら会談し、江戸城無血開城へと導いたという(まわりは平らなのにここだけ山になっている。愛宕山が無かったら果たして無血開城になったかどうかわからない)

ここの愛宕神社は江戸幕府が開かれた1603年に徳川家康の命により、江戸市中の防火を司る神として建立された。全国にある約900社ある愛宕神社の総本社は京都にある。

境内には池があり昔は池に流れ込む水は湧き水だったとのこと。ますますここが山の上なのか不思議な感じがする。

1860年3月、「桜田門外ノ変」では水戸浪士が愛宕山に結集・祈念した後、桜田門に向かい大老・井伊直弼(いい なおすけ)を討った。井伊直弼については、平成18年5月14日の チビのお出かけ 51 と平成18年5月20日の チビのお出かけ 52 を見てね。

e0031605_20223822.jpg
NHK放送博物館

 当初、芝浦に仮放送所があり、そこで試験放送をしていたが、大正14年、本放送を始めるにあたって、東京の中心部で小高い山の愛宕山に目をつけた。その後、昭和14年に内幸町へ、さらに昭和48年に渋谷に移り今日に至っている。
 本放送開始の地のここはNHK放送博物館になっている。入館は無料。休館は月曜日と年末(但し月曜日が祝日や振替休日の場合は開館)。放送の歴史がよくわかり一見の価値あり。


駒場の旧前田邸を公園(駒場公園)にすることを条件に、渋谷・代々木公園にNHKを建設することを昭和38年に政府決定している。駒場公園は、平成18年7月15日の チビのお出かけ 62 を見てね。

渋谷の101スタジオの場所は2・26事件で青年将校17名が銃殺刑に処せられた場所。2・26事件は昭和11年2月26日に起こった。当時、NHKはまだ愛宕山にあったので、襲撃に備えて憲兵隊が守りを固めたとある。2・26事件は、平成18年2月25日 チビのお出かけ 37 を見てね。

NHKにとって一番恐ろしい受信料の不払いがどうにも止まらない。とうとう民事手続きによる支払督促をおこなうと10月5日発表した。どうなることやら。

e0031605_20225371.jpg
徳川将軍家墓所

 愛宕山から昨日も行った港区民祭りへ。ちょうどお昼どき。パパは昨日と同じ「おろしそば」を食べる。十割蕎麦は美味しいな~。ボクは上にかかっている鰹節を狙う。
 区民祭りにあわせて増上寺では徳川将軍家墓所が特別公開されていた。第2代将軍・徳川秀忠(ひでただ、享年54)の墓前でチビはなんだか怖~い顔に・・・秀忠公の霊が乗り移った~!



 パパ 秀忠公にズバリお伺いしますが、戦国武将としては無能だったと言われていますが?

 チビ(秀忠公); 無礼なことを申すでない。確かに父君(ちちぎみ、家康)と比べれば武勇や知略の点で敵(かな)わないが、幕藩体制の基盤を強固にしたと自負しておる。

 パパ 関ヶ原の戦い(1600年)では東海道を進軍する家康本隊に対し中山道(なかせんどう)を進む別働隊を率いる役割を与えられたにも拘わらず、信州上田城攻めに時間を奪われ「関ヶ原の戦い」に間に合わなかったではないですか?

 チビ(秀忠公); いや、当初は信州平定の命令を受けていたがその後、家康本隊へ美濃(みの)で合流せよとの命令が下った。しかし豪雨による川の氾濫でその伝令が届いたのが9月9日で、とてもじゃないが9月15日の関が原の戦いには間に合わない状況だったのじゃ。

 パパ それにしても4万に近い大軍を率いていながら、わずか2千の真田(さなだ)軍に手間取るとは。天候不順や伝令の遅れを理由にするのは無理があると思いますが?

 チビ(秀忠公); そう言いなさるな。父君から、味方についた豊臣恩顧(とよとみ おんこ)の武将たちの前で「たわけ!うつけ!間抜け!」と厳しく叱責(しっせき)されたわ。

 パパ ところで、第2代将軍となってどういうことをなされたのですか。

 チビ(秀忠公); 徳川の世を確実な物にするために、父君がやり残した事を行なった。大名を統制する法令である全13ヶ条の武家諸法度(ぶけ しょはっと)を1615年に発布し実施した。それに、同年発布しておった禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげ しょはっと)を1627年に厳格に適用したのじゃ。

 パパ それって、紫衣事件(しえじけん)のことですね。天皇の名で一度出した許しを、いきなり十数年前に遡って(さかのぼって)取消すなんて、それじゃ朝廷の権威が丸つぶれじゃありませんか。

 チビ(秀忠公) 幕府が発布した法令は朝廷に対しても厳格に守らせるため、第3代将軍・家光にやらせたのじゃ。これがわしの最後の仕上げとなった。


 秀忠は家康が存命中は地味だったが、創業より守成(しゅせい)が難しいとされる二代目としては優秀だった(諺:創業は易く守成は難し)。徳川277年(1590~1867)において秀忠の功績は大きかったといえる。(家康は、次男の結城秀康は自分に似て武勇剛毅であるのに対し、三男の秀忠は謹厳実直で守成に向いている、と見ていた)

真田十勇士(さなだ じゅうゆうし)は真田幸村(ゆきむら)に仕えた10人の勇士のことで、猿飛佐助(さるとび さすけ)、霧隠才蔵(きりがくれ さいぞう) 、三好清海入道(みよし せいかい にゅうどう)らがいた。猿飛佐助と霧隠才蔵は忍者。

第2代将軍の世継争いは、平成18年9月16日のチビのお出かけ 73 を見てね。

芝増上寺には秀忠の他、第6代家宣(享年51)、第7代家継(享年8)、第9代家重(享年51)、第12代家慶(享年61)、第14代家茂(享年21)の6人が埋葬されている。

 (チビの日記!!チビのお出かけ 78)
・・・ロハス的な生活を心がけていきたい・・・
[PR]

by chibi-papa | 2006-10-08 20:33 | チビのお出かけ  

<< (79)18・10・09 らら... ♪21 犬のお巡りさん 18・... >>