二つの聖堂(58) 18・06・24 

e0031605_16195091.jpg
聖橋

 JR御茶ノ水駅の脇にあって神田川に架かるアーチ型の聖橋(ヒジリバシ)。この聖橋は関東大震災(大正12年)からの復興橋梁として4年後の昭和2年に完成した。橋の名の由来は、北側にある「湯島聖堂」と南側にある「ニコライ堂」の2つの聖堂を結んでいる橋として名付けられた。

 さだまさしの歌にも聖橋が出てくる。

♪ 檸檬(レモン)
・・・・・
食べかけのレモン 聖橋から放る
快速電車の赤い色が それとすれ違う
・・・・・
食べかけの夢を 聖橋から放る
各駅停車のレモン色が それを噛み砕く
・・・・・

 聖橋の下に中央線・快速電車(シンボルカラーは赤い色というよりオレンジ色)、総武線・各駅停車(シンボルカラーはレモン色というよりカナリアイエロー)が神田川に沿って走っている。良い子は決して聖橋からモノを放り投げないでニャ。
 因みに、神田川を渡る地下鉄丸ノ内線のシンボルカラーは赤。

e0031605_2247193.jpg
湯島聖堂(孔子廟)

 現在の湯島聖堂は関東大震災で焼失後、昭和10年に再建された。でも、入徳門(ニュウトクモン)は第5代将軍・徳川綱吉が建てた(1704年)ものがそのまま残っている。
 孔子廟(大成殿、タイセイデン)の中央が赤い点になっているけど、その真下に孔子像があって、その左右に四配と十哲の神位がある。


四配 : 孔子を中心に向かって右側に顔子(ガンシ)子思(シシ)。左側に孟子(モウシ)曾子(ソウシ)の四賢人。子思は孔子のお孫さん。

十哲 : 孔子門下の主な弟子10人。

e0031605_22471375.jpg
孔子像 (孔子様までフラシュが届かない)

 孔子廟から石段を降り入徳門をくぐり石畳をいくと15尺(4、5m)もある孔子様の銅像がある。孔子といえば論語。孔子は2500年ほど前、今の中国・山東省は昌平郷に生まれた。その教え「儒教」に熱心だった徳川綱吉は1690年(元禄3年)に湯島聖堂を建て学問を奨励した。
 その百年後、第11代将軍・徳川家斉(イエナリ)の時に敷地を広げ(今の昌平橋あたりまで)、昌平坂学問所として明治維新までの70年間、官立の大学として江戸時代の文教センターの役割を果たした。

 その後、明治4年にここに文部省が置かれたほか、国立博物館、東京師範学校(筑波大学)、東京女子師範学校(御茶ノ水女子大学)、東京大学の前身が置かれ、聖堂は近代教育発祥の地となった。 このことからも、我が国の中世と近代が繋がっていることが良くわかるね。


昌平坂 : 湯島聖堂の東側にある坂。孔子の生まれた地名「昌平郷」からとった。

論語 : 孔子の言行や弟子たちとの問答を、孔子の死後に編集したもの。孔子様の言葉をいくつか挙げてみる。
・「故(ふる)きを温めて(あたためて、温ねて=たずねて)新しきを知れば、以って(もって)師と為るべし。」(温故知新)
・「朝(あした)に道を聞かば夕べに死すとも可なり。」
・「学びて時にこれを習う、亦た(また)(よろこ)ばしからずや。朋(とも)あり、遠方より来たる、亦た楽しからずや。」
・「過ちては改むるに憚る(はばかる)ことなかれ。」
・「過ちを改めざるこれを過ちという。」

e0031605_22464530.jpg
ニコライ堂

 正式には日本ハリスト正教会教団の「復活大聖堂」といい、明治24年に完成した。日本最大のビザンチン式建造物で、文部省指定の重要文化財になっている。

 与謝野晶子(旧姓:鳳 志ょう)は明治11年、堺の旧家に生まれ、女学校卒業後古典文学や詩歌に親しんだ。近代文学としての短歌運動を推し進める与謝野鉄幹と出会い、恋におちる。晶子31歳の時、ニコライ堂近くに住んだ。

『戸あくれば ニコライの壁わが閨(ねや)に 白く入り来る 朝ぼらけ哉』 (与謝野晶子)

 晶子の親しんだニコライ堂は、関東大震災で一部姿を変えたものの、御茶ノ水の高台に今も美しく立っている。

ビザンチン式 : 5~6世紀頃、東ローマ帝国の首都ビザンチウム(今のイスタンブール)を中心に興った建築様式で、方形の上に築いたドームや大理石の張石などが特色。

♪ ニコライの鐘
[作詞] 門田ゆたか [作曲] 古関裕而 [唄] 藤山一郎
 一、
 青い空さえ 小さな谷間
 日暮れはこぼれる 涙の夕陽(ゆうひ)
 姿変われど 変わらぬ夢を
 今日も歌うか 都の空に
 あゝニコライの 鐘が鳴る

 ニ、
 きのう花咲き 今日散る落葉
 河面に映して 流れる月日
 思い出しても 帰らぬ人の
 胸も揺するか 雁啼く空に
 あゝニコライの 鐘が鳴る

 三、
 誰が読んだか 悲しい詩集
 頁を開けば 出てきた手紙
 恋に破れた 乙女は今宵
 何を祈るか 暮れゆく空に
 あゝニコライの 鐘が鳴る


 このもう少し坂を下った所に三井住友海上火災保険の大きな駿河台ビルがあった。前庭にはアガパンサス(花言葉は知的な装い)が咲いていた。
 先日、医療保険で契約者から請求された保険金を支払わなかったことにより、金融庁は一昨昨日(サキオトトイ)の21日、医療保険の新規契約を無期限停止とするなどの厳しい処分を言い渡した。これは契約者無視・利益追求優先どころか組織をあげての詐欺だね。
 装いだけが知的では困る。二つの聖堂に恥じないようにしてね!


(チビの日記!!チビのお出かけ 58)
・・・ロハス的な生活(健康で持続可能性の高いライフスタイル)を心がけていきたい・・・

[PR]

by chibi-papa | 2006-06-24 22:54 | チビのお出かけ  

<< 小岩菖蒲園 (59) 18・0... サッカー ドイツ大会 (独り言9)  >>