高尾山で六根清浄 23・11・23  

e0031605_0133351.jpg
金比羅台

 ここから八王子市街地を望むことができる。写真を拡大すると黄色い帯状のが見えるでチョ。甲州街道の銀杏並木なんです。

e0031605_014352.jpg
薬王院・願叶輪潜(ねがいかなう わくぐり)

 仁王門を潜ると直ぐ六根清浄石車がある。この石車を 「懺悔懺悔六根清浄」(ざんげ ざんげ ろっこんしょうじょう)と唱えながら回す。「懺悔懺悔どっこいしょ」 と言いながら回しているお年を召した方がいた。
 五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)プラス第六感が清らかになったところで、次は石で出来た智慧の輪がある。願いを掛けながらこの輪を潜る。ボクの願いはパパにも内緒。潜ったらその願いがちゃんとご本尊に届くように、大きな錫杖(しゃくじょう)を鳴らすんだニャ~。

e0031605_0152283.jpg
薬王院 ・ 「♪ 若いお巡りさん」の歌碑

 八王子生れで、現八王子高校で教鞭をとった後、作詞家として活躍した井田誠一(明治41年~平成5年)の歌碑がある。歌碑の前に立つとメロディーが流れてくる。

♪ 若いお巡りさん
[作詞]井田誠一 [作曲]利根一郎 [歌]曽根史郎 (昭和31年)
一、
もしもし ベンチで囁く お二人さん
早くお帰り 夜が更ける
野暮(やぼ)な説教 するんじゃないが
ここらは近頃 物騒だ
話の続きは 明日にしたら
そろそろ広場の 灯も消える

二、
もしもし 家出をしたのか 娘さん
君の気持も 分かるけど
故郷(くに)じゃ父さん 母さん達が
死ぬほど心配 してるだろ
送ってあげよう 任せておきな
今なら間に合う 終列車


 この他、「東京シューシャインボーイ」(Tokyo Shoe Shine Boy、昭和26年、歌:暁テル子)や 「泣かないで」(昭和33年、歌:和田弘とマヒナスターズ)、訳詞としては 「バナナ・ボート」(昭和32年、歌:浜村美智子)などがある。
 生粋の八王子っ子を自認していた井田誠一は八王子市長房町で85歳の人生を終えた。


 メロディーを聞きながらも、体をキレイ綺麗に余念のないチビであった。 

e0031605_0163791.jpg
薬王院・弁財天洞

 本坊裏手の弁財天は洞窟の奥深く40mの所に祀られていたが、7年前に崩落して、今では3mほどしか入れない。そこに新しい弁財天が祀られている。
 階段の下、左には現代的な弁財天が鎮座している。琵琶を奏でる美人の弁天様と記念撮影。


ここから山頂まで裏道を行く。頂上のトイレは建替え中で、仮設トイレは長蛇の列。

e0031605_017205.jpg
599mの山頂

 山頂標の上からおやつを食べる場所を探す。みんなより一段高い海抜600mから探すも、人、人、人で一杯。山頂でおやつを食べるのを諦めるしかなかった。

□ おやつをウサちゃんのリュックに入れて登って来たのに~
■ 『のに』 が付くと愚痴が出るから、やめようね。1、5キロほど下った十一丁目茶屋の辺りで食べようよ。

・・・・・

■ さあ、これから一気に下山するよ。しっかり肩に掴まっていなさい!

 と言って、枡酒をグイと飲み干すパパであった。

□ ニャ~ニャ~ニャ~!おかわりはダメだニョ~!パパにはボクを無事にお家に連れて帰る義務があるんだヨ~!
■ ニャ~! (パパの返事)

 六根清浄になった二人?は山を降りて行くのであった。

清酒 『桑乃都』(くわノみやこ)枡付きで400円、おかわりは200円、と言うことは持ち帰ることができる枡が200円ちゅうこと。「桑都」は八王子市の別名。絹織物の産地として知られた八王子市。蚕が食べる桑→養蚕業(ようさん ぎょう)→絹織物。因みにサンフランシスコを漢字で書くと 「桑港」。

  
[PR]

by chibi-papa | 2011-11-23 23:59 | チビのお出かけ  

<< 23・12・03 浅草寺の絵馬 みずくらいど公園 23・11・12 >>