伊佐沼、川越まつり23・10・16

e0031605_1958876.jpg
九十川を挟んで左が伊佐沼公園、右に伊佐沼

 九十川(くじゅうがわ)で鮒釣りを楽しんでいる人に声をかけながら、源流の伊佐沼を目指す。この九十川は江戸時代初期(1640年頃)に新河岸川(しんがしがわ)の舟運のために川越藩主が開削したもので、4~5Kmと短い水路だ。
 それなのに何で九十と付けたのだろう。九十川というと大井川とか天竜川の異称として知られている。それは川が増水したとき、肩車で90文の渡し賃を取ったからなんだ。まさに旅人にとって苦渋だニャ~。


九十川の下流は川越市南田島付近で新河岸川と合流して、岩淵水門先で隅田川に合流する。
 
e0031605_19573252.jpg
伊佐沼

 自然沼としては埼玉県最大で、関東では印旛沼に次ぐ大きさである。南北朝時代の1355年頃、伊佐氏が沼を浄化して溜池にしたとされ、それ以来、伊佐沼と呼ばれるようになった。
 戦後、食料増産のため干拓がおこなわれる以前は、現在の倍の広さがあったという。それでも、南北が1300m、東西が300mほどある。


 湖面にコサギが写っているのが分かりますか?

e0031605_19585497.jpg
伊佐沼

 春先には桜並木、6月下旬から7月初旬には古代蓮の見頃となるという。それにしても沼の中に設けられたこの囲いは一体なんなのだろう。囲いの中は乾涸(ひから)びている。

e0031605_19591864.jpg
中ノ門掘

 川越城は江戸の北の守りとして重要視されていた。中ノ門掘は、西大手門側から本丸方向への敵の進入を阻むための堀のひとつ。掘と堀の間に中ノ門(門の上に櫓を設けた櫓門)がかつて存在していたことから中ノ門掘と呼ばれる。

e0031605_19594561.jpg
川越祭の山車

 蔵造りの町並みを山車が行く。山車の天辺(てっぺん)に天降った(あまくだった)太田道灌。
 ほら、あそこ、あそこだよ。チビは人の多さに気を取られてか、あらぬ方を見ている。


太田道灌(おおた どうかん) : 室町時代中期の兵法に長じ、学問や和歌にも優れた武将。扇谷上杉氏の執事となり、江戸城、河越城(川越城)を築城。川越市役所の前には太田道灌の銅像が立っている。
[PR]

by chibi-papa | 2011-10-16 19:59 | チビのお出かけ  

<< 文化ノ日 23・11・03 塙保己一資料館23・10・09 >>