23・09・17 京王沿線Walking21

e0031605_11211722.jpg
仙谷山寿福禅寺

 今回は「小沢城址を訪ねて」と題して、京王よみうりランド駅をスタート。穴沢天神社→小沢城址→寿福寺→農業技術支援センター→もみじヶ丘公園→平尾近隣公園→黒川営農団地、そしてゴールは若葉台駅の13km。

 多摩丘陵の先端に位置する所に小沢城址がある。丘の麓を三沢川が流れていて、将に(まさに)要害の地だ。そして鎌倉道・矢野口の渡しという交通の要衝を抑えていた。平安時代末期に築城されたが、戦国時代以降は廃城となり放置された。

 多摩区菅仙谷(すげせんごく)にある寿福寺は、小沢城が築城された四百年も前の飛鳥時代初期に聖徳太子が598年に建立したと伝えられている。
 寺には無学祖元(むがく そげん、1226~1286、北条時宗の招きに応じて来日したのは1279年)に師事した国一禅師(1232~1321)の坐像(寄木造、室町時代製作)が所蔵されているというが、一般公開されていない。墓地の入口では閻魔大王が睨みをきかせている。


『江戸名所図絵』にも取り上げられた「仙谷十景」は、寿福寺を中心とした景観で、その昔の仙谷は文字どおり山あり谷ありで仙人が住むような郷であったという。源義経と弁慶が奥州平泉に逃れる途中、この地に隠れていたようで、寺には、義経と弁慶の鐙(あぶみ)二具と袈裟(けさ)が残されている。

 それにしても暑かったニャ~。でも大丈夫。バッグの中には氷がギッシリ敷き詰められていて、ボクは快適ニャ。その重たいバッグを担いで大丈夫でなさそうなのはパパ。パパ、しっかりして!
[PR]

by chibi-papa | 2011-09-17 23:59 | チビのお出かけ  

<< 23・10・2 藤田東湖 『正... 23・09・16 御嶽神社例大祭  >>