元 鶴岡八幡宮23・08・20

e0031605_201758100.jpg
旗立ノ松

 源頼朝の先祖、源義家(八幡太郎義家)は父・頼義と共に奥州の豪族・安倍氏を討伐(前九年ノ役、1051~1062年)するため、源氏の氏神である京は「石清水八幡宮」に戦勝祈願をして奥州に向かった。進軍の途中、ここ由比郷鶴岡で松の木に源氏の白旗を立てかけ野営したのであろう。その松が旗立ノ松として保存されている。

□ 覗いたら中空になっているから、大きなゴミ箱だと思っただニャ。
■ 馬鹿猫ですみません。
(飼い主より)
 
旗立の松 : 武門の旗を生命力が強い松の木に立てた。

源義家は石清水八幡宮で元服したことから、八幡太郎義家と呼ばれるようになった、。平成21年2月22日のチビの愛唱歌 ♪ 41 「八幡太郎」 も見てニャ~。

e0031605_20171276.jpg
元鶴岡八幡宮(元八幡)

 前九年ノ役を平定した翌年(1063年)、戦勝のお礼にと この地に石清水八幡(本宮)を勧請(かんじょう)し祀ったのが、「由比若宮」である。

八幡太郎義家は後三年ノ役(1083~1087年)の2年前にも由比若宮を修復している。

義家が武門の祖として英雄視されているのは、鎌倉幕府を開いた源頼朝のみならず、鎌倉幕府を滅ぼした新田義貞、室町幕府を開いた足利尊氏も、その子孫であるから。遡ると、第56代・清和天皇の血を引き継いでいる。
e0031605_20173464.jpg
由比若宮

 狭い境内に小さな神社だけど、どこか威厳を感じるニャ~。

鎌倉に 八幡宮の御社 元をただせば 由比の若宮(チビ)

 源義家の奥州征伐から約120年後の1180年、源氏再興の旗上げをした源頼朝は、まず最初に由比若宮に詣でた。そして現在の地にお遷(うつ)しになられた。
 1191年には鎌倉幕府の宗社(そうしゃ)に相応しく鶴岡八幡宮を整え、そこを鎌倉の町づくりの基点としたのであった。


e0031605_2018164.jpg
ペコちゃんにご挨拶

 ペコちゃんに鎌倉宮の例祭にも行って来たことを報告していると、周りを見ると黒山の人だかり。ベンチで話をしていだけなのニ~。カメラ・カメラ・カメラ・・・、落ち落ち話もしていられず、ペコちゃんと早々に別れたのであった。

□ ボクって有名人(猫)なのかニャ~。
■ 違うって。ペコちゃんが有名なんだよ。
□ そうだよね。ペコちゃんって いくつになっても可愛いニャ~。
■ ペコちゃんは昭和25年生まれだから、本当は今年で61歳だけど、永遠の6歳なんだよ。
□ そう言えば、4年前にみのもんたにずいぶん虐められたけど、立ち直ったみたいだニャ。ペコちゃん、頑張れ!

[PR]

by chibi-papa | 2011-08-20 20:18 | チビのお出かけ  

<< サンフランシスコ講和会議23・... ♪53嗚呼神風特別攻撃隊 23... >>