23・06・18 京王沿線Walking 20

e0031605_0162650.jpg
北村西望 作 『浦島長寿の舞』

 「片倉城跡を訪ねて」 と題して、めじろ台駅をスタート。栃谷戸公園→みなみ野の丘公園→片倉城跡公園→子安公園→山田川沿い、そしてゴールは京王八王子駅。10キロメートル。

 片倉城跡公園には野外に彫刻が19点展示されている。内17点が 「西望賞」 受賞作品で、『西望自刻像』 と 『浦島長寿の舞』 の2点が北村西望の作品である。

 この像を見た瞬間、北村西望の作品と直感した。それは長崎の 『平和祈念像』 と感じが似ていたからだ。『浦島長寿の舞』 はあたかも 「永遠の命」 を謳い、 『平和祈念像』 は 「永遠の平和」 を謳っているようだ。


 『西望自刻像』 は写真でみる雰囲気とは違っていた。自刻像は髭が立派で堂々とし過ぎているようだ。さすが彫刻である。

平和祈念像は昭和30年、長崎市の平和公園に建てられた。昭和20年、アメリカ軍は広島に続いて長崎に第二の原爆を投下した。昭和20年8月9日午前11時2分のことであった。直後は直ぐ傍を爆撃でやられたのだと思ったようだ。ところがどうも凄く広い範囲がやられているので驚く。放射能の残る焼け跡を大勢の救援隊が入る。彼らに晩発性の放射能障害が襲う。
東日本大震災による福島第一原発事故から4ヶ月が過ぎても未だ避難できないでいる人たちが大勢いる。また、放射線量が高くない所には若い人がボランティアとして入っているが、瓦礫にはアスベストという毒物が混じっている。
放射性物質(死の灰)及びアスベストによる晩発性障害がどのくらいの規模になるのかを考えるだけでも恐ろしい。正しい知識と情報を公表すべきだ。

平成19年7月16日のチビのお出かけ 121 『北村西望彫刻館』 を見てニャ~!

(チビの日記!!チビのお出かけ)
[PR]

by chibi-papa | 2011-06-18 23:00 | チビのお出かけ  

<< 今戸神社の招き猫23・07・17 ♪ 52 鳩ポッポ 23・06・04 >>