碑文谷公園22・11・23

e0031605_11181640.jpg
碑文谷池(ひもんや いけ)

 碑文谷6丁目にある碑文谷公園はその大半を碑文谷池が占めている。昔は池がもっと大きくて野鴨が飛来していたようだ。将軍も鷹狩に来たかもしれないニャ。江戸時代から明治初期にかけてこの池は碑文谷村の灌漑用貯水池で大切に管理されていたが、現在はボート遊びができる。

 江戸時代この辺りは碑文谷村と衾村(ふすま むら)があって、明治中頃の合併で碑衾村(ひぶすま むら)に、そして昭和2年に碑衾町になった。その内、衾地区は当用漢字にないという理由で地名が変えられ(八雲、緑ヶ丘)、衾の字は消えた。そして残ったのが碑文谷。その碑文谷の由来は、檜の薄板を曲げた容器 “ まげわっぱ ” を売る檜物屋が多かった。その檜物屋(ひものや)が転化して “ ひもんや ” に、それに碑文谷の字を当てはめたようだ。
  
[PR]

by chibi-papa | 2010-11-23 23:59 | チビのお出かけ  

<< 三番瀬 22・12・05 探鳥(多摩川)22・11・07 >>