上野の山(27)17・10・10 

e0031605_1612392.jpg
奏楽堂(ソウガクドウ)

 明治23年に建設された我が国初の本格的な音楽ホールで、音楽教育の記念碑的存在。ここから滝廉太郎などの音楽家を世に送り出してきた(東京音楽学校は現東京芸術大学)
 滝廉太郎に抱っこされているチビ。濡れたレインコートのままで、恐縮です。


e0031605_1651792.jpg
上野東照宮

 寛永4年に伊賀上野藩主・藤堂高虎が自分の家敷地に東照宮を建立したのが始まりで、その後、三代将軍家光が大改築し江戸の象徴とした。
 因みに上野の地名は、藤堂高虎の領地である伊賀上野から付けられたといわれている。


上野 : 上野の地名は伊賀上野の上野ではないとう説もある。それによると、高台部を「上野」、その下の低地部を「下谷」といい、「上野」は台地を意味する。なお、台東区は上野の台地の東に位置するので名付けられた。

下谷(したや) : 元々、外神田の北に続く市街地をいったが、地名として上野に食われてしまい、今では下谷は上野の一区画になっている。
当初、下谷広小路といわれた火除地も、幕末には上野広小路といわれるようになった。

e0031605_1643417.jpg
お化け燈篭

 燈篭(トウロウ)の高さ6.8m、笠石(カサイシ、石燈篭の火袋の上にかぶせる笠状の石)の周囲3.6mと巨大であるゆえ、「お化け燈篭」と呼ばれている。この燈籠を上野東照宮に奉納したのは長沼藩主・佐久間勝之(サクマ カツユキ)で、母は柴田勝家の姉。佐久間勝之はこのような巨大灯篭を寄進するのを得意とした。
 雨が降ったり止んだりの3連休・・・


佐久間勝之(1568~1634)は、佐久間盛次の四男で、織田信長→柴田勝家→佐々成政→後北条氏→蒲生氏郷→豊臣秀吉→徳川家康に仕え、大坂夏ノ陣での戦功により長沼藩1万8千石の藩祖となった。1634年、第3代将軍・徳川家光より駿府城番を命ぜられたが、同年66歳で死去した。父・盛次の従弟に佐久間信盛がいる。

日本三大燈篭 : 上野東照宮(東京)、南禅寺(京都)、熱田神宮(名古屋)。この三つとも佐久間勝之が寄進した燈篭。



(チビの日記!!チビのお出かけ 27)
[PR]

by chibi-papa | 2005-10-10 15:45 | チビのお出かけ  

<< 江ノ島(28)17・10・30  お台場は何区?(26)17・1... >>