22・07・04 洗足池の千束八幡

e0031605_22493448.jpg
洗足池・池月橋

 この地域の古い地名は千束であったが、1282年、身延山・久遠寺から常陸へ湯治に向かう途中の日蓮上人が池の畔で休息して足を洗ったという言い伝えがある。そのことから千束の一部が洗足となった。
 1282年というと蒙古軍再襲来(弘安ノ役)があった翌年のことで、日蓮はこの年、近くの池上にて入滅された。享年60。

e0031605_22511233.jpg
千束八幡神社

 千束が洗足に変わっても、千束八幡神社は洗足池の西の畔に鎮座している。1180年、平家打倒のため挙兵した源頼朝が安房から鎌倉へ向かう途中この地に宿営したところ、池に映る月のような逞しい野生馬が現れたという。
 これが 「 池月の 蹄の音か 撥(ばち)の冴え 」 と詠われた「池月」(いけづき)で、境内には名馬・池月の像がある。
[PR]

by chibi-papa | 2010-07-18 23:00 | チビのお出かけ  

<< 平成22年 残暑見舞 22・06・27 盛り上がるW... >>