京王沿線Walking 16 (225) 22・5・15

e0031605_2101446.jpg
牟礼下本宿児童遊園

 「玉川上水と蘆花恒春園の新緑を楽しむ」として井ノ頭線・高井戸駅から第六天神社→御嶽神社→牟礼(むれ)下本宿児童遊園→中川(三鷹用水)遊歩道→水無川→粕谷村地蔵尊→都立蘆花恒春園→京王線・桜上水駅までの11、5kmを歩いた。

 牟礼下本宿児童遊園に咲く菖蒲。この先にある三鷹台団地南口の信号機の所から中川遊歩道に入る。南下して中央自動車道路をくぐると三鷹市から世田谷区に変わる。すると続きは水無川の遊歩道になる。

 水無川の由来は現:北烏山8丁目や現:三鷹市北野の湧水と雨水を水源としていたので、雨季以外は流れが細り、いつしか「水の無い川」→水無川と呼ばれるようになったという。その水無川沿いに帯状に広がっていた水田は水無田圃(みずなしたんぼ)と呼ばれ、第4代将軍・徳川家綱の時代の検地帳にも書かれている。
 その百年後の1774年、第10代将軍・徳川家治の時代になると、玉川上水・牟礼分水(取水口は現:下連雀1丁目の蛍橋付近)が開設されると稲作期のみ通水され、牟礼地区の水田を潤したあと、水無川に流れ落ちるようになったという。

 昭和50年代以降は下水道整備が進み水無川も暗渠(あんきょ)となり、川が存在していたことが忘れかけられた。

 京王線・烏山駅付近の線路を越え、上祖師谷1丁目のバス停(南水無)に水無川の記憶が残っている。粕谷図書館で水無川と別れ、粕谷村地蔵尊(この辺りで品川用水は水無川を築樋で越えていた)、やっと蘆花恒春園正門に辿り着いた。

水無川は希望丘公園で烏山川に合流し、さらに池尻3丁目で北沢川と合流して目黒川となり、品川で東京湾に注いでいる。

e0031605_2105221.jpg
蘆花恒春園(ろか こうしゅんえん)

 蘆花恒春園正門の右手に竹林がある。筍がこんなに大きくなっている。蘆花記念館を見学、徳富蘆花(小説家 明治元年~昭和2年 享年58)の旧宅を覗いたりして園内を散策。お昼も食べたし・・・ウトウトzzz・・・
 エッ!ゴールはまだ2キロも先だって!

[PR]

by chibi-papa | 2010-05-15 02:07 | チビのお出かけ  

<< 22・6・19 京王沿線ウォー... 全生庵 (224) 22・05... >>