(215) 21・01・04 心は太平洋ぜよ!

e0031605_10391092.jpg
日在浦海岸南端(右は大原漁港)

チ ビ ; 棕櫚(しゅろ)の木だ!ワァ~!宮崎だ~!

パ パ ; ここは宮崎・日南海岸じゃないの。房総半島の日在浦海岸(ひありうら かいがん)だよ。

e0031605_16163685.jpg
日在浦海岸

チ ビ ; 龍馬はここから未来が見えたんだニャ。

パ パ ; ここは日向(ひゅうが)の宮崎でもないし、南国土佐でもないちゅうの。ここは千葉の外房と言ったでしょ。

チ ビ ; 小さい小さい。心は太平洋ぜよ! 

e0031605_16181098.jpg
漁船もお正月の大原漁港

 外房のちょうど中間点に位置するいすみ市大原の大原漁港はイセエビの水揚げ高日本一。意外だニャ~。伊勢というから三重県が日本一だと思ったけど、千葉県の次なんだって。イセエビは千葉だったのか~。 

いよいよNHK大河ドラマ 『 龍馬伝 』 がスタートした。坂本龍馬33年(満年齢31)の生涯を三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の視点から描くという。第一回目は 『 上士(じょうし)と下士(かし)(正しくは上士と郷士)

龍馬の読みは昭和40年頃までは、一般的に 『りゅうま』 と読んでいたと思う。テレビの影響なんでしょうか、いつの間にか 『りょうま』 が主流になっている。

坂本龍馬は明治改元の9ヶ月前に暗殺されたが、もし生き延びていたら財閥を創業したのは龍馬だったかも。

 土佐藩には厳しい階級制度があり、同じ土佐藩士といっても位の低い郷士(ごうし)は上士から屈辱的な差別を受け対立関係にあった。その懐柔策として、郷士でも功績によっては上士扱いとする制度(白札、しろふだ)が設けられていた。しかし、幕末には郷士の多くが尊王攘夷運動に身を投じていった。坂本龍馬もその一人であった。

 郷士 : 山内一豊が土佐入府時、それまで土佐を支配していた長宗我部(ちょうそかべ)の家臣を郷士として受入れ、もともとの山内家臣を上士とした。そして上士と郷士の間には差別を設けた(関ヶ原の戦いで山内一豊は東軍、長宗我部は西軍)
広い意味での郷士は白札、地下浪人を含む。

土佐藩の身分制度
  ・上 士・・・後藤象二郎、板垣退助
  ・下 士 ・白 札・・・武市半平太(たけち はんぺいた)
        ・郷 士・・・坂本龍馬
        ・徒 士(かち)
        ・足 軽
        ・庄 屋・・・中岡慎太郎
  ・地下浪人・・・岩崎弥太郎(後に郷士)

地下浪人(じげろうにん) : 失業した郷士(郷士の株を売って浪人になった場合)の呼称で、苗字帯刀は許されていた。

 昨年の大河ドラマ「天地人」は脚色のし過ぎで史実と違う箇所が散見されたが、今年の「龍馬伝」には期待したい。
[PR]

by chibi-papa | 2010-01-04 23:00 | チビのお出かけ  

<< (216) 21・01・05 ... 富士塚登拝(十条冨士)(214... >>