善養寺の松と菊(211) 21・10・18 

e0031605_3243536.jpg
横綱山から見た影向ノ松(ようごうのまつ)

 JR総武線(下国と蔵国を結んでいる)・小岩駅に降り立つと3本の商店街。南へフラワーロード商店街、東にサンロード商店街、その間の昭和通り商店街を行く。柴又街道(金町~柴又~南篠崎)、千葉街道(東小松川交差点~市川橋~千葉広小路)を跨(また)いだ東小岩2丁目に善養寺(ぜんようじ)がある。江戸川に接している。

 そこの松が凄いのなんのって凄い。高さ8メートル、枝ぶりが何と東西30メートル、南北28メートル。これ1本の松、凄いニャ~!樹齢600年(室町中期から)のこの巨大にして美しい松、松の横綱(元横綱・栃錦が日本名松番付の横綱を推挙)を「影向ノ松」(都指定天然記念物)という。影向(ようごう)とは仏教用語で、仏や菩薩が衆生済度(しゅじょうさいど、衆生を迷いの中から救済して悟りを得させること)のためこの世に現われる姿のことで、松が枝を広げる様が、母親が両手を広げて子供を迎えるように慈悲に溢れる姿に見えるところから名づけられたという。

 そうか、仏菩薩さまが松の姿になって眼の前に現れたんだニャ~!それにしても、ここ横綱山の山上からの眺めは一段と素晴らしい。この横綱山は地元出身の横綱・栃錦関(第44代横綱、栃・若時代を築いた、故春日野理事長)を記念して造られた。そういえばJR小岩駅内に栃錦関の銅像があったニャ。

 ボクにとっては、パパが影向の松なのかニャ~?
 菊笑い 飼い主の恩 松で知る (チビ)

e0031605_325154.jpg
菊祭りは明日から

 明日から始まる影向菊花大会(10月19日~11月23日)の準備におおわらわ。作業を耳を裏返して聞いている。猫の手も借りたけりゃ声をかけてニャ。
 見ごろは10日後ぐらいからであろうか。ちょっと来るのが早かったニャ。


 山門の右手前に浅間噴火犠牲者供養碑がある。今から2百年以上むかしの1783年(第10代将軍・徳川家治が治世のころ)に浅間山が噴火し(天明3年の大噴火)、関東一帯に火山灰が降った。
 噴火で大規模な土石流(どせきりゅう)が発生、それが吾妻川(あがつまがわ)に流れ込み川を堰き止めた。こうしてできた天然のダムは忽ち(たちまち)決壊し、泥流(でいりゅう)となって吾妻川沿いの村々を飲み込んだ。多くの遺体が本流の利根川や支流の江戸川の中州に打ち上げられた。
 下小岩村の村人は手厚く埋葬した。そして12年後の1795年、十三回忌を営み供養塔を建てその霊を弔った。


4ヶ月前にも千島列島の松輪島の芙蓉山で噴火があり、付近の航空路が閉鎖された。

最近の噴火
・雲仙岳の普賢岳(1990~1995年)火砕流が発生、43名が犠牲。
・北海道の有珠山( 2000年 )噴火を事前に予知し、住民を避難させることに成功。
・三宅島の雄山(2000~2002年)全島民が島外へ避難。
噴火警戒レベルが1~5まである。火山に登る場合は、レベル1(火山活動は静穏)であることを確認したい。

活火山、休火山、死火山
死火山と考えられていた北海道の雌阿寒岳が1955年(昭和30年)以降、噴火を繰り返したことから、火山噴火予知連絡会は2003年(平成15年)、活火山を『概ね1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山』と新しく定義し、それによる活火山の数を108とした。休火山・死火山の用語は廃止となった。

噴火を繰り返す可能性が高いカルデラは、九州の阿蘇、姶良、阿多、鬼界、 北海道の支笏、屈斜路、洞爺など。巨大カルデラ噴火は1万年に1回の頻度で起きてきた。

 改めて知る、火山帯の上の日本。
[PR]

by chibi-papa | 2009-10-18 23:00 | チビのお出かけ  

<< (212) 21・12・19 ... 京王沿線 Walking12 ... >>