(24)17・09・25 鉄砲組百人隊

e0031605_1118575.jpg
百人町の皆中(カイチュウ)稲荷神社

 ここら一帯に居を構えていた鉄砲組百人隊は、江戸城大手三之門を警備していて、将軍が日光東照宮参詣をする際にも護衛をしていた。

参詣には日光街道の脇街道である日光御成道(にっこうおなりみち、岩槻街道ともいう)を利用した。

 突然、江戸時代にタイムスリップ(time+slip)。鉄砲隊に囲まれた!皆中稲荷の皆中は「みなあたる」の意味。肩に貝役と書いてあるのは法螺貝(ホラガイ)を吹く役割の武士。これは、かなりヤバイことになったぞ!見つかる前に逃げるとするか。


e0031605_11352788.jpg
奉納出陣式

 火縄銃を携(タズサ)えた鉄砲隊が古式に則(ノット)り、出陣の儀(新宿区無形民俗文化財に登録)がとり行なわれた。
 逃げる間もなく、バババァーン。閃光が走り、一面に白煙が・・・
 とっさにバッグの中に身を隠した。「皆中、みなあたる」はずの弾丸も、ボクの素早さには通用しなかった。


e0031605_11202375.jpg
街中に出て、連射

 今度は、鉄砲隊の後ろに廻ってバッグの中から覗(ノゾ)いた。
 一番隊の射撃が終わり、次に備えてすぐ装填(ソウテン)
 二番隊が射撃。やはりあたり一帯、白煙が・・・
 その後ろの三番隊は準備完了。
 バババァーン。台風17号(サオラー)を追い払うかのように、何度も何度も銃声が鳴り響いた。


台風の名前:気象庁では毎年、台風の発生順に番号をつけているが、平成12年から日本など14の国・地域が加盟している台風委員会で名前を付けることになった。そして、それぞれが10個ずつ名前を出して140個の名前を順番に用いていく(台風の年間発生数は27個位なので、概ね5年間で台風の名前が一巡することになる)
台風委員会のメンバーはカンボジア、中国、北朝鮮、香港、日本、ラオス、マカオ、マレーシア、ミクロネシア、フィリピン、韓国、タイ、アメリカ、ベトナムで、日本からは星座の中から天秤、山羊、兎、旗魚(カジキ)、冠、鯨、コップ、コンパス、蜥蜴(トカゲ)、鷲を選んだ。
サオラーはベトナムが命名した140番目(一巡目の最後)の名前で、最近見つかった動物の名前とのこと。
共通の名前にして、台風防災に少しでも役立てばいいニャ~。

(チビの日記!!チビのお出かけ 24)
[PR]

by chibi-papa | 2005-09-25 11:25 | チビのお出かけ  

<< グリーンギャラリーの花(25)... ♪9 村祭 17・09・18 >>